2017年 03月 19日

檸檬鍋 とレモンピールチョコレート Pot Dish of Lemmons & Lemon Peel Chocolate


f0268294_15053251.jpg

「檸檬鍋」と聞いて聞き間違えかと思った。鍋料理の最後に皮を向いたレモンをスライスして載せるだけで良いのだという。早速豆乳鍋に載せてみる。とってもさっぱりした風味に。

Pot dish of lemmons? If there is one as such, why not try? So I did.
You just put peeled and sliced lemmons on any traditional Japanese pot dish at the last cooking stage. They add refreshing taste and increase apetite.



f0268294_15061731.jpg




f0268294_15070195.jpg




f0268294_15064352.jpg

さて皮では、ピールチョコレート作成。

反省点: 1) 皮を細く切りすぎたこと。
2) アク抜きを2回しかしなかったためやや硬くなってしまったこと。

The lemon peel left after the pot dish turned into peel chocolate, although too thin.




[PR]

# by magnifika-2 | 2017-03-19 15:09 | 日常のあれこれ・Tidbits | Comments(2)
2017年 03月 17日

柑橘類の春 Spring Full of Citrus Fruits

f0268294_21075271.jpg




f0268294_21083037.jpg




f0268294_21092483.jpg



f0268294_21101691.jpg





f0268294_21110057.jpg



f0268294_21113378.jpg
私の喘息に良いからと山のように友人たちから恵送いただいた柑橘類。その色は喜び、希望、楽天的な気分をもたらす色という。

高知からは大きなみずみずしい文旦。瀬戸内の大崎下島を旅した友からは無農薬レモン。届いた箱からは洪水のように黄色い光が転がりだす。私の健康も気分も一度にリフトされる。

柑橘類はガン予防、風邪予防、疲労回復、動脈硬化予防などなどに効用があるのは知られている。しかし常時摂取となると市販のものは農薬、防腐剤、カビ防止剤、乾燥防止ワックスでがっしりと武装していて、果実のエッセンスを吸収する前に有害物質を摂りこむことになる。でもそれを気にしなくて良いのだ。夢中になって丸ごとレモンをスライスして蜂蜜レモンを作る。今年、春は柑橘類が連れてきました。

A flood of yellow colour of the organic lemons and other citrus fruit sent by my friends has brought spring to me this yeat after long winter of asthma. Organic lemons are rarely found on the market. Now amount of them are keeping me busy making preserves.






[PR]

# by magnifika-2 | 2017-03-17 21:12 | 日常のあれこれ・Tidbits | Comments(0)
2017年 03月 02日

伊豆のワイナリー Izu Winery

f0268294_15411407.jpg




f0268294_15422820.jpg






f0268294_15441961.jpg



f0268294_11410302.jpg



f0268294_15473066.jpg

伊豆にワイナリーがあると聞いていた。宿からの帰途、道路脇の立て看板が目に入ったので、ふと寄ってみようということに、、、まだ枯れ草色の畑わきの細い道を対向車に出会わないよう祈りつつ進む。

行けども行けどもそれらしきが視界に現れず引き返すことを考え始めた頃、サインボードがありそれに従うと、シャトー風の建物が丘陵のてっぺんに見えてくる。それを取り囲むぶどう畑には剪定されたままの裸木が茶の広がりを見せている。

ワイナリーの見学もできるとのことだがまずはシャトービルディングの4階のレストラン「ナパ・バレー」へ

豊富なワインのセレクションに合った料理も供され、レストランの窓からは富士山の秀麗な姿が、、、休養の終わりを惜しみつつゆっくりとワインを含む。

ぶどうの木々が緑に葉を広げる頃にもう一度来てみたいと思う。





[PR]

# by magnifika-2 | 2017-03-02 15:56 | 国内 Domestic Trips | Comments(2)
2017年 02月 27日

河津七滝ループ橋 Kawazu Nanadaru Circular Bridge


f0268294_00465345.jpg



f0268294_00460130.jpg
国道414号のこの橋以前には山間を九十九折りに上り下りしなければならなかったという。全長1キロメートル余のループ橋はこのあたりを通過するときにちょっとスリリングでドライブに興を添える。


The Kawazu Loop Brodge is something thrilling connecting the road at the bottom of a gorge and the one high up in the mountain.



[PR]

# by magnifika-2 | 2017-02-27 23:00 | 国内 Domestic Trips | Comments(2)
2017年 02月 22日

浄蓮の滝 Joren Fall sanpo


f0268294_19063945.jpg



滝上は青空
f0268294_19165631.jpg




f0268294_19123364.jpg





f0268294_19160573.jpg




f0268294_19114731.jpg




f0268294_19131212.jpg




f0268294_19134621.jpg

伊豆は何かと懐かしい地。昔愛読期があった井上靖の「しろばんば」「夏草冬濤」などの世界に久々に足を踏み入れてみるとすっかり様子が変わっている。浄蓮の滝も変わらないのは滝と清らかな水流で、滝に下る坂もきれいに石段が整備され、中国の観光客の方々が賑やかに歩いてる。駐車場脇には小説「踊り子」の像なども建てられていて小説のイメージは私の想いからどんどん離れて行く。

でも、全く初めての観光地にきたと思えば、美しいわさび田、美味しい鮎の塩焼き、売店のわさびアイスクリームなどなど心惹かれるものがたくさんあって昼食前にお腹がいっぱい。十分な数の駐車場はどこも無料。立ち寄りやすくなっていました。

Joren Fall I visited after many years is in the mountain of Izu Peninsula, about 2-hour train ride from Tokyo. The place appears in the plural novels by famous authors as Kawabata Yasunari, a Nobel laureate.

Water is as pure as it can be there and the fall surrounded with full of pure and some serene air. The chacoal grilled sweetfish at the vendor's near the Fall is worth trying.





[PR]

# by magnifika-2 | 2017-02-22 19:20 | 国内 Domestic Trips | Comments(0)
2017年 02月 15日

バレンタインデーの河津桜 Early Blossoming of Kawazu Sakura

f0268294_23181767.jpg






f0268294_18590659.jpg





f0268294_23212051.jpg




f0268294_23235944.jpg




f0268294_23215715.jpg




f0268294_23243657.jpg



f0268294_23265220.jpg




f0268294_23261831.jpg

毎年、河津桜の花だよりがあるたびに、一度見たいと思いながら混雑の噂など聞くと、ひいてしまい、時期を逃し年月ばかりが経ってしまっていた。長びいた喘息の勢いが下火になったので伊豆湯治がてら足を伸ばして見ようということになり初めて河津を訪れる。

河津川を挟む両岸に、まるでここだけ春たけなわででもあるかのように柔らかい紅桜色がとこまでも続いている。花持ちの良い品種で1ヶ月も見頃が続くという。花の道をそぞろ歩くと、優しい心地になりこれからやってくる春へと気持ちを誘ってくれる。黒澤明監督の映画「夢」の桃畑の場面を思い出した。

Kawazu cherry blossoms are noted for its early and long lasting blossoming. The colour of the blossoms is deeper pink than Someiyoshino, the most popularcherry blossoms seen all over Japan. My photos above were taken on the St. Valentines Day. Thousands of Kawazu cherry trees planted on the both banks of the Kawazu River. The view draws you into the world of Kurosawa's film, "Dreams", although the blossoms in the film are of peach ones.




[PR]

# by magnifika-2 | 2017-02-15 23:28 | 国内 Domestic Trips | Comments(2)
2017年 01月 31日

ベルリンフィルのスーパーな8人 Philharmonic Octet Berlin

f0268294_22141451.jpg
2017年 プログラムより


f0268294_22170874.jpg



f0268294_22180449.jpg

ベルリン・フィル8重奏団の2017年ツアーは新潟を皮切りに9カ所の公演スケジュールを今夕の東京オペラシティコンサートホールを最後に終了した。

それぞれの楽器の音色が調和の中に微細の極限まで聞こえる。聴衆はそれに引き込まれて行く。最前列中央の席からは第1バイオリンの樫本大進氏の演奏の一部始終がその呼吸とともに至近で伺い知れる。いずれの演奏家の方々も幼少の頃から才覚を表し長年その才能を磨き上げてこられ、今日その音を私たちに届けてもらっている。音だから形は残らない、が厚みのある至福感が心の奥に浸透して生命を解放してくれる。ありがとう、オクテット!


第1バイオリン: 樫本大進氏 1st Violin: Daishin Kashimoto
第2バイオリン: ロマーノ・トマシーニ氏 2nd Violin: Romano Tommasini
ビオラ: アミハイ・グロス氏 Viola: Amihai Grosz
チェロ: クリストフ・イゲルブリンク氏 Cello: Christoph Igelbrink
コントラバス: エスコ・ライネ氏 Contrabass: Esko Laine
クラリネット: ヴェンツェル・フックス氏 Clarinet: Wenzel Fuchs
ファゴット: モル・ビロン氏 Fagott: Mor Biron
シュテファン・ドール氏のホルンの響きの心地よいこと、、、 Horn: Stefan Dohr

それにしても、、、私のバイオリン、、、いつになったら人の心をつかむようになるのかしら、、、🎻







[PR]

# by magnifika-2 | 2017-01-31 22:20 | 音楽 Music | Comments(0)
2017年 01月 18日

昨日の富士山 Yesterday's Mt. Fuji

f0268294_09512632.jpg
静岡県裾野市 Susono City, Shizuoka Pref.



[PR]

# by magnifika-2 | 2017-01-18 09:53 | 富士山 Mt. Fuji | Comments(0)
2017年 01月 08日

身の回りの鳥たち Bird Objects in My Life



酉年ということで、ぐるりと身の回りを眺めると意外にたくさんの鳥たちに囲まれていたことに改めて気づく。鳥は音で動詞にすると、取る、撮る、採る、獲る、録る、執る、摂る、捕る…など自分に他者や他物を引き寄せる行為にまつわるものが多いことに気づく。みなさまも多くを「とる」お年になりますように。

その姿は可愛いものから猛々しいものまで人を惹きつけるフォルムをしていて、飛翔能力を持つものも多いため、人が持つ空を自由に飛びたいという夢を、半分満たしてくれる。そのためかどうか私も思い出深い鳥のグッズに囲まれている。

At the beginning of the Year of the Bird or Cock, I look over around me at home and
notice living surrounded by quite a few items in the form of bird. "Bird" pronounced as "tori" in Japanese leads us to remind the similar sound verbs, all of which mean "taking or drawing something to oneself". Hope you invite luck and prosperity toward you in the new year.

The form of birds ranges from pretty to fierce one. But all in all, it attracts us. I may be unconsciously attracted for one that it fulfills my dream of freely flying high up in the sky. Here are a part of my dream-fulfillers. lol



大倉陶園のミニイヤープレート
Mini year plate of Okuratouen

前年、そこそこの買い物をすると翌年の干支のミニプレートがもらえるのでそのために散財した甲斐あって、12支が揃っている。派手ではないけれどどれも小さいながら気品がある。毎年取り出すのが楽しみな物のひとつ。

f0268294_19402867.jpg






コロンビアの伝統工芸品「モパモパ」の鳥 
A bird of Mopa Mopa, Colombian traditional art

日本の漆技法と金箔細工を合わせたような手の込んだ工程で作成される高級伝統工芸品
モパモパという木の蕾と葉、天然の色素のみで彩色
2012年オランダ領アルーバにて購入
f0268294_15432589.jpg







インド航空の鶏
Cocks of Air India 1st class giveaway more than 30 years ago, not opened yet! Theyvtake me back to those good old days of India.

30年以上前のことになる。インドと日本の往復を重ねていた頃、インド航空のファーストクラスのギブアウェイで供されていたコニャック入りの鶏。いまだに未開封なのが笑える。ボトルはどこで作成されていたのだろう。出来のいい美しいボトルでなかったらとうの昔に中身もボトルも残ることはなかったろう。それにこのペアが芋づる式にもたらす思い出の数々は年代物のコニャックに勝るものがある。


f0268294_16035102.jpg







鶴 Red-crested crane

オーロラを見に行くはずが喘息の悪化でドクターストップ。そこで今年のお正月は”簡略”テーマのしつらえに。料理は長年コレクションしてきた豆皿に写真のように盛って供した。お重に盛り付けると手を出しにくい栗きんとんなども食べやすいと好評だった。この中に丹頂鶴が潜んでいるのですが・・・

New year home dish preparation is really something enjoyable for homemakers of Japan as far as they are in good health. But alas, my asthma woke from a sleep to suffer me since September. My doctor even stopped me to go for the planned travel to Iceland to see aurora. So my new year dish this year was as simple as possible. I put an individual portion on the mini plates and bowls collected in the past 20 years, and arranged them on several big urushi lacquered plates. They, both family and visitors, found the style fresh and more relaxing than taking food ordinarilly from nest of boxes. Can you find mini chinaware in the shape of red-crested crane?


f0268294_16140913.jpg




f0268294_11590450.jpg



カワセミの醤油差し Soy sauce bottle of kingfisher

松本市のお蕎麦屋さんではこれを使っているところが多い。上高地の帝国ホテルのショップで見かけて購入。他色のものもあったがこの色が気に入った。使用後差し口の醤油が垂れないように工夫されているのが良い。
f0268294_16244038.jpg








ノリタケの「アメリカの鳥」イヤープレート Noritake Plates of "Birds of America"

楽しみに集めていたが、いつの間にか市場に出なくなってしまった。色の美しいプレートたちは年末から年始にかけて陽の目をみている。

f0268294_16355611.jpg



f0268294_16393902.jpg



f0268294_16400679.jpg



f0268294_16403539.jpg







塩・コショウ入れ Salt & pepper containers
f0268294_18350974.jpg





f0268294_18360582.jpg







大倉陶苑「野鳥シリーズ」ケーキプレート&ティーカップ/ソーサー
Cake plates and cups and saucers of Wild Bird Series of Okuratouen co.

そのデリケートな縁の厚さは日本茶に使っても美味しく、日常的に使用している。シジュウカラ、メジロ、キクイタダキ、キビタキ、セキレイ、エナガと6客にそれぞれの鳥が描かれている。ケーキ皿の絵柄も同様。いとおしみながら楽しんでいる。

f0268294_19133371.jpg



f0268294_19142140.jpg




f0268294_19145450.jpg





f0268294_19220708.jpg








バカラのインコ Parakeet of Bacarrat

なんとなく威張って家に居ついている感があるインコです

f0268294_19311737.jpg



f0268294_19433970.jpg




f0268294_19435872.jpg




f0268294_19442915.jpg



f0268294_19450537.jpg






f0268294_19482941.jpg





f0268294_19485294.jpg

emoticon-0168-drink.gifまだまだ大勢の鳥たちが住んでいるのですが、また追い追いご紹介いたしますemoticon-0168-drink.gif




[PR]

# by magnifika-2 | 2017-01-08 19:52 | 日常のあれこれ・Tidbits | Comments(0)
2017年 01月 05日

鳥の年 The Year Of The Bird




f0268294_19242064.jpg



🐓 遅ればせながら、新しい年のお祝詞を申し上げます
皆様の"撮る年"を共に楽しませて頂きます。

Happy New Year to You All !
May the year of the cock or the bird bring you
a lot of happiness and luck ! 🐓










[PR]

# by magnifika-2 | 2017-01-05 19:30 | 日常のあれこれ・Tidbits | Comments(4)
2016年 12月 15日

散り納め Almost All Leaves Gone

1週間前 A week ago
f0268294_22433810.jpg



昨日 Yesterday
f0268294_22444436.jpg



f0268294_22462471.jpg





f0268294_22454056.jpg




f0268294_22460669.jpg

落葉樹の多い私の庭の木々の祝祭もほぼ終わった。桜の葉がまず舞い始め、欅、楓、櫟と後に従い、仕上げがこの小楢。

芝を覆う枯葉の絨毯は間も無く人手で集められ庭の北角にある2mx2mx1.5mDの穴にボカシとともに積まれ腐葉土になる。そして来年の植物を育てる一助となる。自然の循環には舌を巻く。ご時世で焼き芋の焚き火ができないのが何とも残念ではあるが、、、

A fiesta of colored leaves of my garden is over. All the big trees of my garden are deciduous. So the carpet of fallen leaves is soon raked and put in a large hole at the north corner of the garden to turn into leaf mold, which will help grow my plants next year.



[PR]

# by magnifika-2 | 2016-12-15 22:49 | 庭の贈り物・My Garden | Comments(0)
2016年 12月 13日

季節の花 Season's Flowers

f0268294_17110472.jpg





f0268294_17121259.jpg





f0268294_17123579.jpg





f0268294_17130836.jpg






[PR]

# by magnifika-2 | 2016-12-13 17:14 | 日常のあれこれ・Tidbits | Comments(0)
2016年 12月 13日

今日の富士山 Today,s Mt. Fuji


f0268294_23485615.jpg

先ほどまで雲に隠れていたのに、あっという間に全貌が現れて、、、
The mountain was wrapped with clouds five minutes before.
But all of a sudden they dispersed.








[PR]

# by magnifika-2 | 2016-12-13 00:04 | 富士山 Mt. Fuji | Comments(0)
2016年 12月 06日

季節の飾り Season's Decoations

飾ってみれば心華やいでくる季節の飾り、、、 小物は追々飾ってまいりましょう
Season's decoations give a sparkle to one's heart after all. Small items
shall come out little by little...

f0268294_09231297.jpg







f0268294_09242832.jpg









f0268294_09235982.jpg








f0268294_09292987.jpg








f0268294_09252328.jpg









[PR]

# by magnifika-2 | 2016-12-06 09:36 | 日常のあれこれ・Tidbits | Comments(2)
2016年 12月 02日

🍁 庭のもみじ Tinted Maple of My Garden

f0268294_07180337.jpg




f0268294_07181956.jpg




f0268294_15180432.jpg






f0268294_17280415.jpg




f0268294_07192133.jpg


ヤマモミジ、イロハモミジ、オオモミジは微妙な差異があるというが、私の庭のモミジも一見ではどの種類なのか見分けるのが難しい。3種揃って見比べる機会があればわかるかもしれない。図鑑など見る限りオオモミジか・・・と思う。

ブログの友人がたの豪華な錦をたくさん拝見した後では、少し見劣りしますが、私の紅葉も色づきました・・・




[PR]

# by magnifika-2 | 2016-12-02 17:38 | 庭の贈り物・My Garden | Comments(0)
2016年 11月 22日

いつも音楽と Life With Music

f0268294_21033791.jpg






f0268294_19211990.jpg







f0268294_19215026.jpg








f0268294_19220906.jpg








f0268294_19232521.jpg
スピーカーJBL



10月初め東京インターナショナル・オーディオ・ショーで見て、すぐ注文したマッキントッシュの真空管の左右モノラルアンプ、そのプリアンプ 、パワーコントローラー、そして11月15日発売のフォノアンプが漸くアメリカから届き据付完了。空けておくよう言われていたスペースは見事に埋まった。

柔らかくふくみを持った音が流れ出す、、、物語のような音、おいしいワインの余韻のような音、、、

パートナーのマニアックな趣味に多少迷惑顔をして付き合ってきた私ですが、今日は感動的な音に感謝。それにこれからはあれを移動したりこれを位置変えしたりしなくて良さそうなのでしばらくたっぷり音楽を楽しむことにいたしましょう🎵

My partner's audio system finally completed today by equipping it with McIntosh tube amplifiers. The sound of soft atmospheric tone started flowing out, like a gentle storyteller,s voice or like an aftertaste of good wine.











[PR]

# by magnifika-2 | 2016-11-22 19:57 | 音楽 Music | Comments(0)
2016年 11月 20日

秋色の日 A Day Of Autumn Colours

生活の中の秋色
Autumn colours around me

f0268294_20012125.jpg




f0268294_20022516.jpg





f0268294_20030221.jpg





f0268294_22233003.jpg





f0268294_20040634.jpg




f0268294_20043540.jpg




f0268294_20034874.jpg





f0268294_20055447.jpg

私の家沿いの街路樹

Street gingko trees beside my house






[PR]

# by magnifika-2 | 2016-11-20 20:12 | 日常のあれこれ・Tidbits | Comments(0)
2016年 11月 18日

ヤマガラも私が撮ると、、、How can other people take birds so well?


f0268294_12472073.jpg





f0268294_12491357.jpg

ここしばらくiPad頼りで、重いカメラ類は防湿庫で眠っている。葉をほぼ落とした夏椿にヤマガラがやってきたので、急いでCOOLPIXP900を取り出し久々のショット。

改めてブログのお仲間の腕前に感服‼︎







[PR]

# by magnifika-2 | 2016-11-18 12:48 | 日常のあれこれ・Tidbits | Comments(0)
2016年 11月 15日

ミセバヤ Siebold's stonecrop



f0268294_15542857.jpg


数々の古の和歌に読まれているという「ミセバヤ」
日本固有の植物で、野生種は極限られた県(群馬、岐阜、奈良など)に分布するのみで、目に触れるのは園芸種が大方らしい。別名「玉の緒」--- 魂をつなぎとめる紐

生家に大きなミセバヤの群があって、父が存命の時それを分けてもたせてくれた。貰った鉢はだんだん群が小さくなってしまったが、毎年咲く時期は記憶していてくれる。花後には葉が耳たぶが染まるように紅葉する。宿根草。

父を懐かしく思わせる花です。

"Siebold's stonecrop" , "Misebaya" in Japanese, is indigenous to Japan. My pot of it came from my parent's garden. My late father shoveled out a part of the big crowd and gave it tome. Funny that I clearly remember his hands and the back of his neck when he was digging out the plant for me.

Now is the annual time again for it to draw my attention to its flowers. "Misebaya" means "Would like to show me to you"





[PR]

# by magnifika-2 | 2016-11-15 15:56 | 庭の贈り物・My Garden | Comments(0)
2016年 11月 11日

今日は再び巡ってきたこんな日 The Day That Comes Around

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]

# by magnifika-2 | 2016-11-11 20:15 | 日常のあれこれ・Tidbits
2016年 11月 09日

🍎信州の林檎 🍏Apples of Shinshu, Nagano


シナノスィート
f0268294_20273951.jpg






f0268294_20323539.jpg






f0268294_20294776.jpg





王林
f0268294_20264409.jpg





f0268294_20344635.jpg





日本アルプスを一望するリンゴ園
f0268294_20285524.jpg

少し前のこと、南信州の林檎園を訪れた。
初めてリンゴを摘んでみてそのみずみずしい艶や、
美しい色合いにぞくっとするほど感動。
木にたわわになっている様子も初めて。
知らないことがなんとたくさんあること!

以来、マーケットに行くたび「シナノスィート」を
目で求める自分がいる。でもあの日の味のする林檎には出会っていない。


Some weeks ago, I happened to visit an apple orchard in Nagano, first time in my life to see so many apples riping on trees. They have exquisite hues and are much juicier than those bought at city markets.

Plus the orchard commands the grand view of the Japan Alps.








[PR]

# by magnifika-2 | 2016-11-09 21:06 | 国内 Domestic Trips | Comments(0)
2016年 11月 06日

石蕗の花 Tsuwabuki


f0268294_16303968.jpg
F8号 油彩 Oil on canvas by magnifika


咲くべくもおもはであるを石蕗の花  蕪村

いつも濃緑の葉のみで、そう気にも止めていない石蕗が11月に入ると一斉に庭のあちこちを黄色い絵の具を塗りたくったように染める。それは一つの祭りのようである。そして迫っている私の加齢の節目を告げるベルを鳴らしているようにも思える。

The plant is unique to some places of Japan. So you might not identify 'which' even if I put its academic name here, but it is called as"tsuwabuki". It usually stays green at various corners on my garden all the year round. Once calender turned in November, it starts to spread yellow colour of the flowers here and there on my garden as if telling us that winter has begun, and ringing another bell for my birthday near at hand.

Today is the beginning of winter according to lunar calender.



f0268294_16382874.jpg



f0268294_16380897.jpg




f0268294_16371956.jpg




f0268294_16374657.jpg






[PR]

# by magnifika-2 | 2016-11-06 19:30 | 庭の贈り物・My Garden | Comments(2)
2016年 11月 04日

時には落語に、、、Invited to Rakugo, Traditional Storytelling


f0268294_22515895.jpg







f0268294_22291658.jpg






f0268294_22300247.jpg


長くご厚誼いただいている落語の金原亭馬の助師匠の第41回「馬の助の會」へ。何度も伺っているのにいつもタクシー頼りのせいか、とんと国立演芸場への地理が頭に入っていない。時には永久に到着できない悪夢を見ている気がする。

国立劇場の子供のように国立演芸場は同地に立地しているのだが入口がとてもわかりにくい。今回は大手のタクシー会社の車にお世話になって出かけたのだが、こともあろうになんと最高裁判所の正面に乗りつけてしまい警備の警察官、守衛たち5,6人にダダダッと取り囲まれるという新たなエピソードが加わってしまった。プロさえこんなだから私のような素人にはお手上げの演芸場。

しかし辿り着いてみれば、劇場内は笑いでいっぱい。ああたどり着いてよかった、、、

One of the masters of Japanese traditional comic storytelling invited us to his annual grand show. The National Entertainment Hall is next to NationalTheatre,and they have the entrance hall of their own.

I never remember how to reach straight to the Entertainment Hall as I use taxi each time to avoid losing my way. This time even our taxi driver mistakenly took us to the gate of the Supreme Court next to the theatre, being immediately surrounded by guards and police officers. In case you go there, I advise you to check its location precisely beforehand.

Once you get in the hall, it is filled with good laughters, I must tell you.









[PR]

# by magnifika-2 | 2016-11-04 22:33 | 日常のあれこれ・Tidbits | Comments(0)
2016年 11月 03日

気持ちのいい宿 Comfortable Japanese Spring Resort

初めて訪れた赤沢温泉。宿の湯は海洋深層水。わずかに塩分を含んだ湯には浮力がある。よく手入れされた宿は騒音や煩わしいスタッフの出入りもなく静謐感がある。ふ〜っと体の力が抜けて、、、

They use sea deep water at Akazawa Hot Spring. It is a little salty and buoyant.
The spa resort is well-manicured and full of tranquility, that I needed during myhopping around.

f0268294_21130905.jpg




f0268294_21144318.jpg





f0268294_21155966.jpg






f0268294_21190465.jpg






チタン繊維の西陣織/Nishijin textile of titanium fiber
f0268294_21212611.jpg
f0268294_21282025.jpg
f0268294_21294319.jpg









[PR]

# by magnifika-2 | 2016-11-03 21:33 | 国内 Domestic Trips | Comments(0)
2016年 10月 29日

長良川鉄道「ながら」 "Nagara" of Nagaragawa Railway Co.

f0268294_18191618.jpg






f0268294_18125133.jpg






「もり」号と「あゆ」号の連結 / Jointing "Mori" car and "Ayu" car
f0268294_18132268.jpg






f0268294_18204020.jpg






f0268294_18291219.jpg






可愛い列車に乗ると童心に満たされます。Child in me awakens aboard
f0268294_19493670.jpg







f0268294_19514785.jpg





単線合流の駅「大矢」駅
Ohya Station, a meeting station of single-line railway
f0268294_19521571.jpg






f0268294_19515775.jpg





f0268294_19522969.jpg




  「長良天然ワイン醸造」の赤ワインが美味しゅうございましたemoticon-0168-drink.gif
f0268294_20171398.jpg

長良川鉄道は郡上八幡駅と美濃太田駅間をゆっくり2時間近くかけて走る観光列車。今年( 2016年) 4月運行開始したばかり。「もり」号と「あゆ」号の2両あり、この日私はコースランチ付き「あゆ」号に乗車。

長良川に沿ってのどかな田園を走る列車には細部に渡り土地の人の熱い情熱が感じられる。

Nagaragawa Scenic Train runs between Gujo Hachiman Station and Mino Ohta Station through the scenic countryside along the Nagara River.









[PR]

# by magnifika-2 | 2016-10-29 20:25 | 国内 Domestic Trips | Comments(0)
2016年 10月 26日

郡上八幡の産業など The Industry of Gujo Hachiman

ちょっと懐かしい郡上八幡町役場 A little old-fashoned Gujo Hachiman City Hall
f0268294_19104861.jpg





実に業界の9割のシェアを担うという八幡町の食品模型 (食品サンプル)
The town's unique industry keeps 90% share of food model production.




これはステーキではありません!添え物も全て模型です。
This is not steak! Relishes are also all models.
f0268294_19215604.jpg






This is not sweet potato!
f0268294_19232747.jpg





This is not hamburg steak!
f0268294_19334801.jpg







No mouth-watering!
f0268294_19354125.jpg






Non-edible Gozilla fry!!
f0268294_19393441.jpg





🍊購入したみかんのマグネット / Fridge magnet Mikan I bought
f0268294_19484976.jpg



肉桂玉の老舗「桜間見屋」(読み: おうまみや)
肉桂はシナモンと同一ではなく、シナモンはスリランカ産、肉桂は日本産。味にも差があるとのこと。郡上八幡名物のひとつ。
Japanese cinnamon candy maker and shop
f0268294_23583895.jpg

f0268294_00004752.jpg



良い水に恵まれた町のお豆腐屋さん酒屋さん
お豆腐屋さんの看板はきまってこれ。
f0268294_00034939.jpg





f0268294_00052385.jpg




古い町並みにこんな素敵な驚きも、、、
f0268294_00074397.jpg


鯉のぼり、幟旗産業/ Dyeing business of streamers and banners
f0268294_17163864.jpg






[PR]

# by magnifika-2 | 2016-10-26 19:51 | 国内 Domestic Trips | Comments(0)
2016年 10月 25日

豊かな水の町 郡上八幡 Gujo Hachiman, A Town of Clear Water



吉田川と小駄良川の交わる美しい水の町、郡上市八幡町

f0268294_16492232.jpg





f0268294_16502641.jpg




f0268294_17121861.jpg





f0268294_17112313.jpg





f0268294_16511046.jpg



生活の中にある水路 Waterway for daily life

各戸の軒下に下がるバケツは消火用/A bucket hanging from each eave for
extinguishing fire using abundant water
f0268294_22302611.jpg



自然の冷蔵庫/Natural cooling system
f0268294_16531764.jpg




自在水量調整板/Water adjusting board
f0268294_16514697.jpg




水車/Water mill
f0268294_16540914.jpg





日本の名水百選の第一号となった宗祇水への坂道
The slope leading to the first selected water of
the 100 Exquisite and Well-Conserved Waters
f0268294_17134441.jpg




f0268294_18000701.jpg





f0268294_20210034.jpg




[PR]

# by magnifika-2 | 2016-10-25 18:01 | 国内 Domestic Trips | Comments(0)
2016年 10月 24日

忙しい朝 Monday Morning Rush


f0268294_21202030.jpg




f0268294_21414501.jpg




f0268294_21114308.jpg




模型の東京駅と動くモデル新幹線たち
Model Tokyo Station and moving bullet trains of Japan

f0268294_21154279.jpg




f0268294_21300859.jpg




f0268294_21310107.jpg



[PR]

# by magnifika-2 | 2016-10-24 21:36 | 日常のあれこれ・Tidbits | Comments(0)
2016年 10月 23日

三島スカイウォーク Skywalk Suspension Bridge of Mishima, Shizuoka

f0268294_00082337.jpg




f0268294_00123281.jpg




f0268294_00132693.jpg






f0268294_00145143.jpg




f0268294_00154530.jpg





f0268294_00163629.jpg




f0268294_23381600.jpg


昨年12月に完成して新しい観光スポットとなった静岡県三島市「スカイウォーク」

訪れた日は100万人目の入場者があったばかりとか、どおりで放送局が取材に入ったり、くす玉のリボンがなびいていたり、、、私はどうやら1,000,050人目くらいだったらしい。 100万人目の方のお相伴にあずかり記念撮影。

晴れた日には駿河湾、富士山のパノラマの景色が望める400メートルの歩行者専用の観光橋。


A newly completed 400-m suspension bridge has invited more than one million tourists in such a short period as 9 months. From the bridge you can command a grand panoramic view of Mt. Fuji, Suruga Bay, and the cities and towns far down. That is, of course, if the weather is kind on the day of visit.







[PR]

# by magnifika-2 | 2016-10-23 00:29 | 国内 Domestic Trips | Comments(0)
2016年 10月 18日

鈴木其一展 SUZUKI KIITSU EXHIBITION

「鈴木其一 江戸琳派の旗手」展
サントリー美術館 SUNTORY MUSEUM
2016/9/10---10/30

f0268294_11215077.jpg




以下図録撮影フォト
Photos below photographed by magnifika from
my own pictorial record book of the Exhibition

f0268294_11192647.jpg
「藤花図」 "Wisteria"





f0268294_11194234.jpg
「白椿に楽茶碗図」
"White Camellia and Raku Tea Bowl"
楽茶碗の黒と白椿の白の対比が粋で、右上余白の加減が絶妙でとても惹かれた小品





f0268294_11200010.jpg
「群鶴図屏風図」
A pair of screens "A Flock of Cranes"




f0268294_11222355.jpg
群青と緑青が絵柄の彩色のすべてであるのに、押し寄せてくる圧倒感はスクリーン が折って立てられて初めて生まれてくるものであることに気づく。それによって生まれた陰影、描かれていない朝顔のまるで支柱のように見えてくる屏風のたたみ線、それらが図に生命を注ぎ込んでいた。NYのメトロポリタン美術館では気づかなかったこと。名画は何度見ても新たな発見をもたらすのがおもしろい。



f0268294_11224527.jpg
「朝顔図屏風」A pair of screens「Morning Glory Screen」




f0268294_12005881.jpg
「風神雷神図」襖
"Wind God and Thunder God" Fusuma, paper sliding doors

俵屋宗達、尾形光琳はじめ多くの画家がモチーフにしているが多くは屏風図。鈴木其一のこの作品は襖絵である。
上の朝顔図と異なり、これが平面の襖であることにより、風神雷神の間の空間が2者の対峙するスケール感を生みだしているように感じた。もう入れ替えはないので最終日まで公開と思う。








[PR]

# by magnifika-2 | 2016-10-18 12:57 | 美術 Art | Comments(2)