my gallery-2

🇭🇺 リストの国から From the Land of Franz Liszt

f0268294_18472204.jpg
ウニクム UNICUM of Zwack Co.
ハンガリー名物の薬酒。
皇帝ヨーゼフ2世の胃弱治療のために医師Zwackが作った薬草種。
日本の「養命酒」的存在。



f0268294_19225366.jpg
ツワック社の他製品






f0268294_18590329.jpg
f0268294_19002804.jpg
f0268294_18595147.jpg
f0268294_18592716.jpg
ハンガリー名産物パプリカ
おしゃれなパプリカ缶と木製スプーン
赤は辛味、白は普通味




f0268294_19013856.jpg
f0268294_19020660.jpg
ヘレンドのカエルとボンボンニエール
Herend's frogs and bonbonniere




f0268294_19022694.jpg
ブダペストのヘレンド本店の並びにあるジョルナーイ店の花瓶
Zsolnay's vase: Zsolnay is another porcelain maker




[PR]
# by magnifika-2 | 2017-08-16 19:25 | 日常のあれこれ・Tidbits | Comments(0)

空蟬 Cicada's Shell

f0268294_17015541.jpg



f0268294_17030702.jpg



f0268294_17013337.jpg



f0268294_17033436.jpg



f0268294_17022170.jpg



f0268294_17005771.jpg

今年も庭の植物の葉裏などに蝉の抜け殻が取り付いている。ふと私の庭で何匹ほどの蝉が生まれているのかと、、、目に留まったものを1週間ほど集めてみた。

随分たくさんの蝉たちが私の足元の土中で10年前後を暮らしていたことに思いを巡らせると、この殻が愛おしい。團伊玖磨氏が「パイプのけむり」の中でこの殻にエビのミンチを詰めて揚げ物にしたくだりがあったことを思い出したが、、、私にはそうする勇気がない。



空蟬の身をかへてける木のもとになほ人がらのなつかしきかな
(源氏物語 第3帖)

奥ゆかしく控えめな女性に寄せる光源氏の気持ちを詠んでいる






[PR]
# by magnifika-2 | 2017-08-14 17:11 | 庭の贈り物・My Garden | Comments(0)

オマージュ・ア・バルバラ '17


オマージュ・ア・バルバラ '17
Hommage a' Barbara '17

今年の1番花は51個
勢いに欠ける開花

6月11日
f0268294_19051991.jpg




8月4日
2番花
f0268294_19075511.jpg



f0268294_19072600.jpg
今年は薔薇の元気がないのが気がかりです。









[PR]
# by magnifika-2 | 2017-08-04 19:18 | 庭の贈り物・My Garden | Comments(0)

とにかく涼しげに、、、All We Need Is "Cool"



暑中お見舞い申し上げます

Heat has been staying here in Japan.
We need cool colours even on the table.


f0268294_22181046.jpg






f0268294_22233276.jpg




[PR]
# by magnifika-2 | 2017-07-31 22:28 | 日常のあれこれ・Tidbits | Comments(0)

身近な美 日本橋三越 Familiar Beauty, Mitsukoshi Nihonbashi

f0268294_20442047.jpg





f0268294_20405733.jpg





f0268294_20413928.jpg





f0268294_20421683.jpg





f0268294_20430133.jpg







f0268294_20433939.jpg

1914年竣工当時は「スエズ以東最大の建築」と話題になったと聞く。最近では国の重要文化財に指定されたことで話題に。折にふれ馴染んできた場所が改めて脚光を浴び、こちらまで晴れがましい気持ちに浴する。改めて 、"美しい" !

When Mitsukoshi Department store was under construction from 1914, it became a popular media topic as the largest building to the east of the Suez Canal. It was recently designated as Japan's Important Cultural Property. The place that has been familiar all through my life is now shows itself afresh to our eyes.




[PR]
# by magnifika-2 | 2017-07-24 20:52 | 日常のあれこれ・Tidbits

2本目の欅 The Second Zelkova

欅-2 Zelkova tree-2


f0268294_11334406.jpg




f0268294_11340744.jpg




f0268294_11355306.jpg



f0268294_11471413.jpg


2本目の欅は家族のダイニングルームから窓の外に見えるよう、また夏場朝日の光を和らげる位置に植えてもらったのだが、、、年月が経ち、樹も手前の椿の垣根も伸びて今では2階の窓の日差しを防いでいる。

The second zelkova planted outside our family dining room has grown too tall to soften the strong morning sun beams during summer as first intended, giving a good shade to the rooms upstairs.




[PR]
# by magnifika-2 | 2017-07-22 11:37 | 庭の贈り物・My Garden | Comments(0)

欅 JAPANESE ZELKOVA

3本の欅 Three zelkova trees-1


f0268294_06351558.jpg





f0268294_06354301.jpg





f0268294_06324113.jpg


私の庭には、3本のけやきがある。 それぞれが異なる物語や想い出を背負っている。一番長く私たちの生活を眺めてきたのはこの欅。鷹揚にもやさしい木陰を作って、夏の朝のコーヒースポットとなってくれる。

We have three zelkova trees in our garden. Each one of them has a story and history with us. This is the oldest one we have been sharing daily life with.
It gives me the most pleasant morning coffee site with gentle breeze and green shade.




[PR]
# by magnifika-2 | 2017-07-15 06:38 | 庭の贈り物・My Garden | Comments(3)

夏椿 🌳 SUMMER CAMERIA

f0268294_10340040.jpg




f0268294_13292643.jpg




f0268294_10360723.jpg



f0268294_10371288.jpg

夏椿も花期を終え、その木肌の面白さが目を引く。この木は植木屋さんにもらった。長くあった庭の伽羅木を枯らしてしまったお詫びにと、植えていった。楚々とした花が好ましく、実は伽羅木より気に入っている。

Our seasonal gardener accidentally killed our precious Agarwood, and he planted a summer cameria tree (alias Japanese stewartia) as replacement to express his apology. To tell the truth, I much prefer summer cameria to agarwood for its graceful blossoms plus the unique patterns on its trunk. The blossom seasonhas just over.





[PR]
# by magnifika-2 | 2017-07-14 10:38 | 庭の贈り物・My Garden | Comments(0)

楠 🌳 Camphor Laurel

f0268294_10070337.jpg

この木が植えられた日

この樹下に人が集った日

みな私の記憶の中で息づいている

病気になったりすると妙に感傷的になって、、、

木に頼ろうとする

そのどっしりとした姿に力をせびりたくなる








[PR]
# by magnifika-2 | 2017-07-09 10:07 | 日常のあれこれ・Tidbits | Comments(2)

こんな薔薇はいかが? How About This Kind of Roses?


f0268294_10490950.jpg



f0268294_10502012.jpg



f0268294_10495685.jpg




f0268294_10513239.jpg

入手は下記:

メサージュ・ド・ローズ
ホテルニューオータニ サンローゼ赤坂1F
松屋銀座店




[PR]
# by magnifika-2 | 2017-06-10 11:02 | 日常のあれこれ・Tidbits | Comments(0)

バラ色のバラの木のバラの花 Rosy Rose Flowers on Rose Trees


f0268294_21434260.jpg




f0268294_21443909.jpg




、、、見よ

どんなに薔薇が咲きこぼれ

ほぐれているかを ふるえる手さえ

それを散りこぼすことができないかのよう

薔薇にはほとんど自分が

支えきれないのだ その多くの花は

みちあふれ

内部の世界から

外部へとあふれでている

そして外部はますますみちみちて 圏を閉じ

ついに夏ぜんたいが 一つの部屋に

夢のなかの一つ部屋になるのだ

🌹 彌生書房 世界の詩 リルケ詩集より
富士川英郎訳「薔薇の内部」抜粋 🌹






[PR]
# by magnifika-2 | 2017-06-06 21:46 | 日常のあれこれ・Tidbits | Comments(0)

クレマチス Clematis

f0268294_22074108.jpg





f0268294_22080753.jpg





下は近くの美術館のクレマチス 2017-06-05
f0268294_22084773.jpg


わたしの白いクレマチスも今真っ盛り。ふと花言葉を調べてみると、「精神の美」「創意工夫」などに加えて「旅人の喜び」というのがあって何だろうと思う。ヨーロッパで旅人が快適な一夜を過ごせるようとの心遣いで宿の玄関にクレマチスを置く習慣があったことから発した花言葉らしい。

My clematis is now in full bloom.
What the language of flowers for clematis be, I wondered and checked to find out it has "traveller's joy" in addition to "mental beauty" and "ingenuity"
That I have never heard of. Maybe some European people may know that they used to put clematis at the entrance of inns and hotels wishing a good night sleep of travellers.





[PR]
# by magnifika-2 | 2017-06-05 22:12 | 庭の贈り物・My Garden | Comments(0)

Rose D'Amour

f0268294_13585875.jpg



f0268294_13594347.jpg


f0268294_14000477.jpg




f0268294_14003336.jpg




f0268294_14105956.jpg



f0268294_16030513.jpg


f0268294_16034241.jpg



f0268294_16044680.jpg

Rose D'Amour - Poem by Mathilde Blind

Oh haste while roses bloom below,
Oh haste while pale and bright above
The sun and moon alternate glow,
To pluck the rose of love.

Yea, give the morning to the lark,
The nightingale its glimmering grove,
Give moonlight to the hungry dark,
But to man's heart give love!

Then haste while still the roses blow,
And pale and bright in heaven above
The sun and moon alternate glow,
Pluck, pluck the rose of love.






[PR]
# by magnifika-2 | 2017-05-29 14:20 | 日常のあれこれ・Tidbits | Comments(0)

白馬の尾 The Tail Hair of White Horses



f0268294_23040625.jpg

音を求めて増えるばかりの弓
f0268294_22581769.jpg


まだ独り者の頃、私の乗馬好きを知って、「きっと白い馬を飼おう」と釣り竿を投げた人物がいた。まんまと餌に食いついたわたし(笑) しかしいまだに自馬の姿はない。

「昔の約束はひょっとして、、、反故になったのかしら」と持ち出すと、我らが白馬はバイオリンの弓に化けたのさ、と逃げられた。

スーホの白い馬ではないけれど、ビオラ、チェロも同様バイオリンの弓の毛は白馬の尻尾の毛でできている。楽器をなさる方はご存知と思うがモンゴル、カナダ、シベリア、スペイン、イタリアなどが主な供給地域となっている。弓本体はファイバー製など優れたものも出てきているが、それでも楽器の弦と接する部分は馬毛以外ない。演奏時間の長短にもよるが2~~~6ケ月に一度専門家の手で「毛替」をしてもらう。

そんなわけで、パートナーの言うこともあながち大きく本筋を離れてはいないのだ。どうかモンゴルやカナダの白馬さんたち、美味しい人参をいっぱい食べて新しい尻尾の毛をふさふさと生やしてくださいね。くれぐれも尻尾のない切ない姿にならないように。



[PR]
# by magnifika-2 | 2017-05-23 23:04 | 音楽 Music | Comments(0)

花の季節 Flower Season


近くの美術館の庭園はいつも手入れが行き届いている。週末以外は入園者もほとんどないため、まるで自分の庭のようにお花を見せてもらにしげく足を運んでいる。
5月は束の間の夢のような時。

The garden of the art museum at a 3-minute walking distance
from my place is always well manicured.
Especially this May I visit it very frequently
as I could not care much of my own garden
since last autumn due to my ailment of asthma.
The result of no care is obvious, alas!
These are the photos of their garden.


白い花々 White flowers
f0268294_21350225.jpg
f0268294_21363001.jpg

f0268294_21375161.jpg

f0268294_21370120.jpg


ピンクの花々 Pink flowers
f0268294_21382327.jpg

f0268294_21390169.jpg

紫色の花々 Purple flowers
f0268294_21341567.jpg

f0268294_21335391.jpg

f0268294_21450120.jpg




[PR]
# by magnifika-2 | 2017-05-22 21:48 | 日常のあれこれ・Tidbits | Comments(0)

草間彌生作品 Sunflower of Kusama Yayoi

明後日22日を最終日に、国立新美術館の「わが永遠の魂」草間彌生展が閉幕する。
2月から今日行こうか、明日行こうかと健康状態と相談しているうちに、入場まで相当並ばねばならない状態になっていた。並ばなくてはならないものはなんでも回避して生きてきたのでこの展覧会も行きそびれてしまった。人混みと並ぶのを避けたが故にどれだけたくさんのものやことを失ってきただろう、、、これが怠け者のわたしの生き方、、、

仕方ない。近場で間に合わせよう。

Kusama Yayoi Exhibition at the National Art Center Tokyo is closing the day after tomorrow. I have missed it from my natural habit to avoid crowded places and long lines. So there is no other way to satisfy my hunger for Ms Kusama's art than seeing her art pieces nearby.

近くの美術館のオブジェ
The object of the art museum at a walking distance from my place

f0268294_20030074.jpg



我が家の唯一の草間作品 Ms Kusama's silk pumpkin I own

f0268294_20021640.jpg






[PR]
# by magnifika-2 | 2017-05-20 20:04 | 美術 Art | Comments(0)

庭がようやく緑に Now Green Season Is Here In My Garden!

昨秋から悩まされた喘息が遠のくとともに、手も入れてやれなかった庭を生き生きとした緑が囲み出した。このまま元気になってゆく予感。緑にはいつも救われる。

My long winter with asthma is now over at the arrival of green colours in my garden.

f0268294_21384397.jpg




f0268294_21390401.jpg




f0268294_21395455.jpg




f0268294_21403743.jpg




f0268294_12001754.jpg




f0268294_21503027.jpg




f0268294_21421604.jpg




f0268294_21424289.jpg




f0268294_21434223.jpg




f0268294_21442244.jpg





f0268294_21451377.jpg





f0268294_21462080.jpg




f0268294_21470318.jpg



f0268294_21475013.jpg





f0268294_21485447.jpg




f0268294_21494916.jpg



f0268294_21570083.jpg



🍅&🍆 茄子とトマトを植えてみた。うまくいくかしら、、、
f0268294_21561896.jpg




f0268294_21555793.jpg




[PR]
# by magnifika-2 | 2017-05-16 22:00 | 庭の贈り物・My Garden | Comments(0)

用の美 The Beauty of Use

楽器はどれも美しい。金管楽器、木管楽器、絃楽器、打楽器、、、それに伴う用具の数々も、用の美を秘めている。

身近なものほど当たり前になり振り返ることが少ないが、毎日家族との時間以上に長時間付き合ってもらっているのが、バイオリン。今日はちょっと光を当ててやろう、と思い、、、

There is the beauty of use in the instruments or tools around us in the daily life. That we miss because they stay too close, and are too familiar. In my case, the violins are so close I spend much longer time with them than my family.
It may not be bad to put them under the spotlight once in a while.

f0268294_11403264.jpg
左から2番目は、クルーズなどに持って行く電子バイオリン



f0268294_11405748.jpg




f0268294_11413621.jpg
クレモナの老舗専門メーカー制作のケース
中のファブリックがとてもイタリア的




f0268294_11432931.jpg




f0268294_11435480.jpg
クレモナの名工制作なのだけれど、私の技量でごめんなさい、と
語りかけながら付き合ってもらっている





f0268294_11443562.jpg
庵月工房さん制作の美しくも使い易い譜面台




f0268294_11473123.jpg











[PR]
# by magnifika-2 | 2017-05-09 12:12 | 音楽 Music | Comments(0)

私のGWフォトスケッチ-日本橋界隈 Photo Sketch of My Holidays-Nihonbashi

f0268294_01344651.jpg





f0268294_01353254.jpg




f0268294_01382168.jpg


f0268294_01361535.jpg


f0268294_01405997.jpg



GINZA SIX
f0268294_01513435.jpg

いつしか遊び場所が日本橋に移って久しい。
銀座が遠くなったのは松坂屋が閉じて以来。
その敷地跡にGINZA SIXがオープンして急に賑わいが帰ってきた。
オープン3日目に美しい緑のヒールを購入したら、
また銀座との距離が縮まったような、、、



日本橋は今、室町一丁目祭り、神田祭りに向けて用意が着々とすすんでいて空気の盛り上がりが感じられます。



[PR]
# by magnifika-2 | 2017-05-07 17:20 | 日常のあれこれ・Tidbits | Comments(0)

私のGWフォトスケッチ-天使の歌声 Photo Sketch of My Holidays Angels' Voices

ウイーン少年合唱団 於東京芸術劇場
WIENER SANGERKNABEN
at Tokyo Metropolotan Theatre Concert Hall

f0268294_02154597.jpg



f0268294_09531915.jpg



f0268294_09542377.jpg



f0268294_09594180.jpg


f0268294_10270250.jpg




グランドロビーの天井画
絹谷幸二
Ceiling Paintings by Koji Kinutani
f0268294_10035460.jpg

f0268294_10042520.jpg

f0268294_10044352.jpg

皇太子ご一家が開演時間をやや回って来場

少女時代胸ときめかせたこの合唱団の声がいよいよ聴ける
一気にあの懐かしい日々に ワープできる歌という魔力

素晴らしかったのは指揮者でカペルマイスターのルイス・ディ・ゴドイ氏のピアノ伴奏
それに彼、とてもハンサムでした(笑)






[PR]
# by magnifika-2 | 2017-05-07 10:19 | 音楽 Music

私のGWフォトスケッチ-椿山荘 Photo Sketch of My Holidays-Chinzanso



昼食に椿山荘へ

久々に訪れた庭園には伊藤若冲の下絵になる五百羅漢の数体が。
f0268294_23461397.jpg


f0268294_23472302.jpg

f0268294_23475233.jpg

f0268294_23465091.jpg


f0268294_23454049.jpg


f0268294_23451183.jpg


f0268294_23531498.jpg


f0268294_21005643.jpg





[PR]
# by magnifika-2 | 2017-05-06 23:58 | 日常のあれこれ・Tidbits | Comments(0)

私のGWフォトスケッチ-スカイツリー Photo Sketch of My Holidays- Tokyo Skytree Tower



人々が郊外に出て 東京が空っぽなら、東京スカイツリーは比較的空いているのでは、、、との魂胆で初めて足を運んでみる。日本のかたは少なかったものの海外の訪問者が多勢を占めていた。空気のきれいな輝く夜景を見られてラッキーでした!

The first week of May, what we call here, Golden Week, takes Tokyoites out suburbs for leisure-seeking. It is when people like me to visit the spots that are usually too crowded or jammed to reach even the ticket counter.

So the thought had me decide to go see the Tokyo Skytree Tower for the first time. Bingo! I could even take photos.


タワーと月 The Tower and the moon
f0268294_18514451.jpg



f0268294_19472848.jpg




f0268294_18530958.jpg




f0268294_18533741.jpg




エレベーター内部の装飾 Inside the elevators
f0268294_19004699.jpg

f0268294_18564949.jpg


f0268294_18581753.jpg


f0268294_18550250.jpg


f0268294_19013975.jpg


f0268294_18585365.jpg

フロアガラスを通して高さを実感
f0268294_18573034.jpg








[PR]
# by magnifika-2 | 2017-05-06 19:34 | Comments(0)

私のGWフォトスケッチ- 街 Photo Sketch of My Holidays-City Streets

街中
The Center area of Tokyo during more the week-long holidays

f0268294_12493870.jpg

「そして誰もいなくなった」‼︎
東京駅グランルーフ Tokyo Station Grand Roof


f0268294_12501199.jpg
バスもほぼ遠方にではらって、、、Most buses are also out of Tokyo



f0268294_12513560.jpg
みんなどこへ行ってしまったのだろう、、、きょろきょろ
Where have all the people gone?




f0268294_12530086.jpg
月も私物感あり Occupying the today's moon to myself



f0268294_13002940.jpg






[PR]
# by magnifika-2 | 2017-05-06 13:14 | 日常のあれこれ・Tidbits | Comments(0)

私のGWフォトスケッチ-庭 Photo Sketch of My Holidays-My garden


私の庭 My Garden

f0268294_12080975.jpg

f0268294_12093626.jpg


f0268294_12101449.jpg


f0268294_12133867.jpg


f0268294_12131385.jpg


f0268294_12125335.jpg


f0268294_12140497.jpg


f0268294_12155041.jpg


f0268294_12145977.jpg
この身近な楽しみを残し、なぜ出かける誘惑に勝てないのだろう。




[PR]
# by magnifika-2 | 2017-05-06 12:23 | 日常のあれこれ・Tidbits | Comments(2)

2人の若い演奏家 Two Young Virtuosi


f0268294_18454150.jpg



f0268294_18500006.jpg




f0268294_18471179.jpg




f0268294_18484497.jpg

今日午後、開演前、驟雨と雷であたりは夕刻のように暗くなり、道行く人は背を丸めて走っていた。ホールに落ち着くとそこは別世界。眩しいほどの若い才能が伸びやかに繊細に熟達した音楽でホールを埋めた人々を鷲掴みにとらえて行く。

ステージが終わって外に出ると、雨も雲もどこかへ行ってしまい5月の陽が木々の緑に注いでいる。晴れ晴れとして帰路につく。



[PR]
# by magnifika-2 | 2017-05-01 18:55 | 音楽 Music | Comments(0)

糸魚川大火災跡 Itoigawa Great Fire Site


糸魚川駅の東京方面新幹線のホームから、昨年暮れの、こちらまでうろたえるような「糸魚川市駅北大火」の現場が嫌でも見渡せる。

右手の赤い屋根の住宅が話題になった金沢さんの家屋に違いない。耐火煉瓦を使用したり、外壁はステンレス製のトタン板、ガラス戸はワイヤー入りの二重ガラスが使用され、災害に強い家を旨とした建築になっていたという。そして焼土の中にぽつりと残った。

その家屋近くに一軒だけ新たな家が建ち始めていて、 そこだけが希望のように輝いて見えた。

個人にできる復興の後押し、、、ふるさと納税くらいしかできないかもしれないが
見てしまった以上、、、

すると「はくたか」がホームに滑り込んできた。

f0268294_00254937.jpg




f0268294_00281654.jpg




f0268294_00262544.jpg












[PR]
# by magnifika-2 | 2017-04-28 00:28 | 国内 Domestic Trips | Comments(0)

「雪月花」という名の列車に乗って Leisure Train "SETSUGEKKA"

f0268294_22440315.jpg
上越妙高駅に入ってくる雪月花



f0268294_22323501.jpg
二本木駅の雪月花





f0268294_22325858.jpg




f0268294_22373045.jpg
妙高の山々が真正面に



f0268294_22512445.jpg




二本木駅のスイッチバック専用線
f0268294_22333349.jpg
雪を防ぐため木製の屋根覆いがかけられていて
”マディソン郡の橋”を思わせる情緒のある建造物。
小説か映画のワンシーンの中に迷い込んでしまったような気分




f0268294_22433650.jpg





f0268294_22341508.jpg






f0268294_22400015.jpg
f0268294_22393669.jpg

f0268294_00023539.jpg





直江津駅
f0268294_22503059.jpg




日本の鉄道駅で最後の駅弁屋さん(直江津駅)
f0268294_22514940.jpg





直江津を過ぎると日本海が広がる
f0268294_23272092.jpg




途中全長11kmに及ぶ頚城トンネルの中の筒石駅に止まる。駅ホームから地上の駅舎まで高低差が40m、階段290段を徒歩で上がるのだそうだ。鉄道ファンにとっては垂涎の場所らしい。私も時間があれば、、、しかし列車はすぐ出発。
f0268294_22521697.jpg




f0268294_22525641.jpg



やがて県内唯一の活火山焼山が視界に入ってくると
目的地糸魚川が近づいてくる

f0268294_23431233.jpg



綺麗な銀朱色のボディのリゾート列車に乗る。その名は「雪月花」上越妙高駅を出て一旦妙高高原方面に向かい二本木駅でスイッチバックをして直江津に向かう。この路線は「妙高はねうまライン」と言われ窓外には美しい妙高の山々のパノラマが広がる。沿線では列車を見かけると誰もが手を振ってくれる。

Note: はねうまラインとは、雪解けが進み妙高山の山肌に跳ね馬型の残雪が現れてくると、農作業の開始時期となることに由来

直江津/糸魚川間は日本海ひすいラインと呼ばれ海原の景観が広がる。全3時間10分の間には、昼食のサービスがあり素朴な北国の女性たちが初々しい接客をしてくれる。

あっという間に糸魚川に着いて心楽しいひとときの後は新幹線はくたかで帰宅の途に。
休暇にはいつも終わりがやってくる。家に帰ったら金魚ちゃんに餌をやったり、庭の手入れでもしながら旅の濃密な時間を反芻することにしよう。

新潟の皆さまやさしくしていただいて有難うございました!


過去の観光列車投稿






[PR]
# by magnifika-2 | 2017-04-26 00:08 | 国内 Domestic Trips | Comments(0)

真宗 浄興寺 Jokoji Temple

f0268294_00134885.jpg




f0268294_00144464.jpg




f0268294_00155179.jpg



f0268294_00290648.jpg




f0268294_00163980.jpg




f0268294_00172476.jpg

人づてに、親鸞聖人の頂骨を祀っている寺と聞き、雨の中お詣りする。人影のない境内には花の姿があり、ここには春が一足先にやってくるのかと思う。恵信尼さまのせいかしら、とふと思う。親鸞上人の妻とも言われる恵信尼さま。この地方の人々は上越出身の知識と教養のある優しい女性に親しみを覚えていると聞く。

時は流れても、人の品性は衆人の心に強く残って影響力を持ち続けるのかしら、、、
高橋孫左衛門商店のご当主が恵信尼さまをイメージした製品を「心」と命名している。





[PR]
# by magnifika-2 | 2017-04-22 00:25 | 国内 Domestic Trips | Comments(0)

創業1624年 髙橋孫左衛門商店 The Japan's Oldest Candy store since 1624

上越市の雁木の古い町並みの一角に、その飴屋さんはあった。昭和天皇も病の床でこの店の飴を所望なされたと聞く。

ご当主の案内で数々の歴史のお品々のある2階を拝見した。古いものを維持するのは現代風に建物を立て替えたり、大量生産方式を取り入れたりするより遥かに大変なことが伺われた。

しかしこの屋の戸をくぐると、其処には穏やかな空気と長い年月の厚みがふわっと流れていて、上品な雪国の飴や菓子が見目麗しく並んでいる。時を経てまた訪れた時もどうかこのままで、、、優しい大奥さまもどうかお達者で!


f0268294_10213918.jpg




f0268294_10221380.jpg





f0268294_10225468.jpg





f0268294_10245253.jpg




f0268294_10232964.jpg




f0268294_10235962.jpg




この店の伝統製品「翁飴」
飴といっても水飴に寒天を加えて製造され、柔らかいゼリーのような感触の味わい。

f0268294_10050916.jpg





f0268294_10055956.jpg



「心」(しん)
麩焼煎餅
店主「雪がとけ、春の訪れを嬉しく迎える頃に花をつける、こぶしの優しさと恵信尼さまのこころをあらわしたお菓子です。」

f0268294_10071224.jpg




f0268294_10085477.jpg




f0268294_10083658.jpg



f0268294_10114032.jpg



「桜花くびきの里」
水飴菓子
店主「水飴に桜葉の塩漬けを加え寒天で固め京種もなかではさみました。桜とぼんぼりを焼印したき季節限定の飴菓子です。」

f0268294_10163500.jpg





f0268294_10175621.jpg




f0268294_10185592.jpg





[PR]
# by magnifika-2 | 2017-04-21 10:19 | 国内 Domestic Trips | Comments(0)

部屋から見る雲海 The Sea of Clouds Viewed From Hotel Room


f0268294_14370261.jpg






f0268294_15321366.jpg





f0268294_14390466.jpg






f0268294_15164132.jpg






f0268294_14380136.jpg

テラスの前には妙高の水をたたえた広々としたデッキウォータースペースが設けられていて、シンガポールのマリーナベイサンズ を思い起こさせる。





f0268294_15415454.jpg
 雲海の中でも泳ぎたい(滑りたい)人も・・・





f0268294_17135389.jpg




f0268294_15215167.jpg
手前は客室の掛け流し露天風呂。 斑尾の山が真正面に。左の山頂が丸みを帯びている山が袴岳。




Sansai Books発行「死ぬまでに行きたい! 世界の絶景100選」ホテル編
という本があって、私が宿泊した世界のあちこちのホテルもいくつかこの本に載っている。ページを繰っていると、妙高で今回宿泊したホテルもこの本に掲載されているのを発見。


ここをよく知る友人から私の健康にもきっと良い、それにゴージャスな雲海は一見に値すると勧めがあって、やってきたのは昨年末完成した赤倉リゾート&スパのプレミアム棟。温泉露天風呂付きのテラスルームに一体となった山と空が広がる。

夜が明けると、、、日本海方面から雲はゆっくりと眼下の景色を飲み込みながら這い込んでくる。その様子は大スペクタクルの不思議世界。「死ぬまでにきっとまた来る妙高の絶景」であった。








[PR]
# by magnifika-2 | 2017-04-10 15:49 | 国内 Domestic Trips | Comments(0)