2016年 11月 06日

石蕗の花 Tsuwabuki


f0268294_16303968.jpg
F8号 油彩 Oil on canvas by magnifika


咲くべくもおもはであるを石蕗の花  蕪村

いつも濃緑の葉のみで、そう気にも止めていない石蕗が11月に入ると一斉に庭のあちこちを黄色い絵の具を塗りたくったように染める。それは一つの祭りのようである。そして迫っている私の加齢の節目を告げるベルを鳴らしているようにも思える。

The plant is unique to some places of Japan. So you might not identify 'which' even if I put its academic name here, but it is called as"tsuwabuki". It usually stays green at various corners on my garden all the year round. Once calender turned in November, it starts to spread yellow colour of the flowers here and there on my garden as if telling us that winter has begun, and ringing another bell for my birthday near at hand.

Today is the beginning of winter according to lunar calender.



f0268294_16382874.jpg



f0268294_16380897.jpg




f0268294_16371956.jpg




f0268294_16374657.jpg






[PR]

by magnifika-2 | 2016-11-06 19:30 | 庭の贈り物・My Garden | Comments(2)
Commented by itohnori2 at 2016-11-06 20:19
今晩は。
 ツワブキはmagnifikaさんが描かれたのでしょうか?
素晴らしいですね。
私は以前水彩画を習っていたのですが、野鳥撮影に嵌ってしまって、今は描き方を忘れてしまいました。
Commented by magnifika-2 at 2016-11-07 00:48
itohnoriさん
コメントありがとうございます!
恥を何処かにおいてきてしまった素人画家、 magnifikaが描きました(笑)
水彩画もいいですね。鳥たちを描くのに適していますが、お写真も素晴らしくいつもたのしみに拝見しています。


<< 🍎信州の林檎 ...      時には落語に、、、Invite... >>