2016年 11月 15日

ミセバヤ Siebold's stonecrop



f0268294_15542857.jpg


数々の古の和歌に読まれているという「ミセバヤ」
日本固有の植物で、野生種は極限られた県(群馬、岐阜、奈良など)に分布するのみで、目に触れるのは園芸種が大方らしい。別名「玉の緒」--- 魂をつなぎとめる紐

生家に大きなミセバヤの群があって、父が存命の時それを分けてもたせてくれた。貰った鉢はだんだん群が小さくなってしまったが、毎年咲く時期は記憶していてくれる。花後には葉が耳たぶが染まるように紅葉する。宿根草。

父を懐かしく思わせる花です。

"Siebold's stonecrop" , "Misebaya" in Japanese, is indigenous to Japan. My pot of it came from my parent's garden. My late father shoveled out a part of the big crowd and gave it tome. Funny that I clearly remember his hands and the back of his neck when he was digging out the plant for me.

Now is the annual time again for it to draw my attention to its flowers. "Misebaya" means "Would like to show me to you"





[PR]

by magnifika-2 | 2016-11-15 15:56 | 庭の贈り物・My Garden | Comments(0)


<< ヤマガラも私が撮ると、、、Ho...      今日は再び巡ってきたこんな日 ... >>