my gallery-2

カテゴリ:美術 Art( 6 )

狂言. Kyoden Comedy

公演のパンフレットから
f0268294_22264864.jpeg


f0268294_22273137.jpeg

「笑い」には種類や質があると思う。刹那の表層的な笑いも必要だけれど、人に合わせて笑わねばならない無理な状況が多すぎて辛いこともある。

過日、野村万作・野村萬斎両氏の舞台を観る折があって、すがすがしい笑いを経験した。名優たちの朗々たる声音の中に笑いの「妙」があって救われた。

それにしても、萬斎さん、ドキッとするほど魅力的でした!

Laughter has kinds and qualities in my opinion, ranging from momental one to superficial one just to show your friendliness in the situation.

I happened to see the Kyoden Comedy stage of Mansaku Nomura and Mansai Nomura, who are father and son. Kyogen is one of our classic stage arts. Its essence is laughter. Even if you do not understand Japanese, you will be drawn into a good laugh and it will come back in you whenever you recall the stage.






[PR]
by magnifika-2 | 2017-12-04 22:53 | 美術 Art | Comments(0)

草間彌生作品 Love Forever


水玉への永遠の愛 Love for polka dots forever by Kusama Yayoi
Ginza Six


f0268294_02470575.jpg



f0268294_02462576.jpg




[PR]
by magnifika-2 | 2017-09-23 02:49 | 美術 Art | Comments(0)

草間彌生作品 Sunflower of Kusama Yayoi

明後日22日を最終日に、国立新美術館の「わが永遠の魂」草間彌生展が閉幕する。
2月から今日行こうか、明日行こうかと健康状態と相談しているうちに、入場まで相当並ばねばならない状態になっていた。並ばなくてはならないものはなんでも回避して生きてきたのでこの展覧会も行きそびれてしまった。人混みと並ぶのを避けたが故にどれだけたくさんのものやことを失ってきただろう、、、これが怠け者のわたしの生き方、、、

仕方ない。近場で間に合わせよう。

Kusama Yayoi Exhibition at the National Art Center Tokyo is closing the day after tomorrow. I have missed it from my natural habit to avoid crowded places and long lines. So there is no other way to satisfy my hunger for Ms Kusama's art than seeing her art pieces nearby.

近くの美術館のオブジェ
The object of the art museum at a walking distance from my place

f0268294_20030074.jpg



我が家の唯一の草間作品 Ms Kusama's silk pumpkin I own

f0268294_20021640.jpg






[PR]
by magnifika-2 | 2017-05-20 20:04 | 美術 Art | Comments(0)

鈴木其一展 SUZUKI KIITSU EXHIBITION

「鈴木其一 江戸琳派の旗手」展
サントリー美術館 SUNTORY MUSEUM
2016/9/10---10/30

f0268294_11215077.jpg




以下図録撮影フォト
Photos below photographed by magnifika from
my own pictorial record book of the Exhibition

f0268294_11192647.jpg
「藤花図」 "Wisteria"





f0268294_11194234.jpg
「白椿に楽茶碗図」
"White Camellia and Raku Tea Bowl"
楽茶碗の黒と白椿の白の対比が粋で、右上余白の加減が絶妙でとても惹かれた小品





f0268294_11200010.jpg
「群鶴図屏風図」
A pair of screens "A Flock of Cranes"




f0268294_11222355.jpg
群青と緑青が絵柄の彩色のすべてであるのに、押し寄せてくる圧倒感はスクリーン が折って立てられて初めて生まれてくるものであることに気づく。それによって生まれた陰影、描かれていない朝顔のまるで支柱のように見えてくる屏風のたたみ線、それらが図に生命を注ぎ込んでいた。NYのメトロポリタン美術館では気づかなかったこと。名画は何度見ても新たな発見をもたらすのがおもしろい。



f0268294_11224527.jpg
「朝顔図屏風」A pair of screens「Morning Glory Screen」




f0268294_12005881.jpg
「風神雷神図」襖
"Wind God and Thunder God" Fusuma, paper sliding doors

俵屋宗達、尾形光琳はじめ多くの画家がモチーフにしているが多くは屏風図。鈴木其一のこの作品は襖絵である。
上の朝顔図と異なり、これが平面の襖であることにより、風神雷神の間の空間が2者の対峙するスケール感を生みだしているように感じた。もう入れ替えはないので最終日まで公開と思う。








[PR]
by magnifika-2 | 2016-10-18 12:57 | 美術 Art | Comments(2)

大塚国際美術館 Otsuka Museum of Art

f0268294_23073559.jpg

f0268294_23110134.jpg

f0268294_23103075.jpg

f0268294_23065369.jpg

f0268294_23095149.jpg

f0268294_23091011.jpg

f0268294_23081163.jpg

f0268294_23061148.jpg

f0268294_23053403.jpg

f0268294_23034929.jpg

f0268294_23043231.jpg

f0268294_23032194.jpg

f0268294_23040858.jpg

f0268294_23025459.jpg

f0268294_22533156.jpg

f0268294_22471580.jpg

信じ難いかもしれませんが、総てセラミック作品です‼︎Believe it or not, they are all ceramic masterpieces!

徳島県鳴門市の大塚国際美術館を訪れている。総て焼物(陶器)で世界の100数十カ国の名画を実寸大で作成した作品が広大な展示場を埋め尽くしていて、圧巻を通り越して人を興奮の渦に引き込みむ。2000年の歳月に耐えうるという作品群は撮影も、触れることも禁止されていない。今日はもう一つの世界旅行をした心地の一日。

I am now at Otsuka Museum of Art in the City of Naruto, Tokushima Prefecture. A big pharmaceutical company made world famous masterpieces as La Gioconda into ceramic reproduction in the same colors and sizes, and made a huge museum. They are confident in saying the ceramic masterpieces can last for 2000 years. From the special feature of ceramic, photographing and touching is not prohibited in the museum. While seeing them, I started feeling as if I were visiting many museums in the world at a time. Today was like another world travel for me.


[PR]
by magnifika-2 | 2014-11-24 23:27 | 美術 Art | Comments(0)

美術・Art



[PR]
by magnifika-2 | 2007-01-01 00:01 | 美術 Art | Comments(0)