<   2014年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧


2014年 04月 30日

21. アンコール・トム 南門「乳海撹拌」 The South Causeway of Angkor Thom

南大門 / South Gate

f0268294_23441344.jpg

f0268294_23352949.jpg

f0268294_23355135.jpg

f0268294_23353619.jpg
f0268294_23362082.jpg
f0268294_23362588.jpg
f0268294_23361441.jpg


アンコール・ワット寺院同様、ここアンコール・トムも幅100メートほどの環濠に囲まれているため石橋を渡って南大門に入る。橋の欄干は「乳海撹拌」の巨像たちが長大なナーガ(蛇神)を綱引きのように抱える意匠になっている。門に向かって左は善の神々、右側は阿修羅たちと聞く。

*乳海撹拌=「天地創造」

A causeway spans the 100-meter-wide moat. It has a row of huge statues holding a naga on each side in the way of a tug-of war. That is the design of the “Churning of the Sea of Milk, the Creation, in Hinduism, found everywhere in Angkor. The statues of the left row symbolizes deities of goodness, and of the right power-seeking.


[PR]

by magnifika-2 | 2014-04-30 23:40 | クルーズ&船舶 Cruise&Ships | Comments(0)
2014年 04月 30日

20. アンコール・トム南大門界隈 The Area Before Angkor Thom Grand South Gate

f0268294_18274994.jpg
f0268294_00332232.jpg


f0268294_00340165.jpg
f0268294_01462273.jpg
f0268294_00412712.jpg
f0268294_00440811.jpg
f0268294_00423697.jpg

この地の気温は過酷なまでに上がる。昼日中には、店先では売子さんたちが, 木陰ではトゥクトゥクのドライバーさんたちが器用に車内に吊ったハンモックの中で午睡をしている。私たちもいったんホテルに帰り午後遅くなってからアンコール・トムを訪れる。


The temperature goes unsparingly high there in the middle of the day. Taking a siesta is a daily practice of local people during those hours. A salesperson just sits on a chair in front of his shop folding arms and “zzz’s” ( Is there such a word…?), Tuktuk drivers stop their small vehicle in the shade of trees slinging their hammock in it in a handy manner, and take a nap. We went back to our hotel and had an afternoon rest and went out to Angkor Thom late afternoon.

[PR]

by magnifika-2 | 2014-04-30 00:45 | クルーズ&船舶 Cruise&Ships | Comments(0)
2014年 04月 28日

19. アンコールワット東門 The East Gate of Angkor Wat

f0268294_18274994.jpg
f0268294_00240559.jpg
f0268294_00261412.jpg
f0268294_00282382.jpg
f0268294_00271168.jpg
f0268294_00294840.jpg
f0268294_00301970.jpg
「お口のまわりクリームだらけよ!」Why don’t you wipe your mouth?



f0268294_00484192.png
アンコールワットがデザインされた美しいカンボジアの国旗/ The national flag of Cambodia with a depiction of Angkor Wat in the center



一通り見物を終えて東門より退出する。アンコールワットの東門は裏門にあたり、人もまばらで観光客を待機するトゥクトゥクや絵葉書売りもいない。見物客でごった返している西門とは別世界である。原生林の大木の茂る中に建物に向かう道が一本あるばかり。門そのものは、あまり手が入っておらず、周壁が崩れ落ちたままになっている。 激しい戦闘の続く中,野生動物も他国に移動したというが、サルたちだけは逞しく観光客のおこぼれにあずかり数を増やしているらしい。



The East Gate of Angkor Wat is a rear gate. There are much less people than around the West Gate, a main entrance gate. There is no auto rickshaw called tuktuku nor postcard peddler. The place is totally a different world from the West Gate with people surging in and out. There is only one roughly paved road stretching straight from the building to the East Gate in the natural forest of tall trees. The gate wall partly remains collapsed, showing its long history nakedly. During the long-lasting repeated turmoil in Cambodia, even wild life fled to neighbouring countries. But monkeys seem hardy enough to survive on visitors’ handout.
[PR]

by magnifika-2 | 2014-04-28 00:53 | クルーズ&船舶 Cruise&Ships | Comments(0)
2014年 04月 26日

18. アンコール・ワット第一回廊壁画 Angkor Wat’s Relief of Epics

f0268294_18274994.jpg

クルクシェートラの戦いの延々と繰り広げられる兵士の行列と戦い/The Battle of Kurukshetra

f0268294_01222240.jpg



f0268294_01225717.jpg



200メートルも続く壁画回廊 / The 200-m stretch of the bas-relief

f0268294_01264620.jpg





回廊の天井彫刻 / The relief on the ceiling of the cloister

f0268294_01300234.jpg





よく知られた「乳海撹拌」The well-known bas-relief, the “Churning of the Sea of Milk”

f0268294_01313867.jpg



f0268294_01394885.jpg



DSC_2267



DSC_2261



第一回廊の壁面にびっしりとしかも200メートルほど延々と刻まれたレリーフはインドの古典叙事詩マハバーラタとラーマーヤーナの説話がテーマとなっている。ストーリーは反時計回りに展開されている。何をどう読み解いたらよいのか惑うほどの圧巻の中に放り出される。


The inner walls of the first-level cloister have overwhelmingly extensive bas-relief friezes. The story goes anti-clockwise , mainly depicting the episodes from the Hindu epics the Mahabharata and the Ramayana.


[PR]

by magnifika-2 | 2014-04-26 01:42 | クルーズ&船舶 Cruise&Ships | Comments(0)
2014年 04月 24日

17. アンコールワット 第二回廊 The Second-Level Cloister of Angkor Wat

f0268294_18274994.jpg
f0268294_20312943.jpg




f0268294_20290010.jpg

第二回廊から見る第三回廊と尖塔。建造物の四隅にある尖塔の一つ。中央塔は先端のみ小さな三角帽子のように見えている。巨大すぎて近づくと目の前の建造物しか目に入ってこない。 / One of the four corner towers with a little triangular tip of the centre tower The architecture is too huge we can never see the structure at a sight. All we see from a short distance is just a small part of it.



f0268294_20362339.jpg




f0268294_20322151.jpg

第三回廊への階段 / The stairs leading to the third-cloister


f0268294_20332014.jpg

閉じられた従来の階段 / The closed ancient stone stairs


f0268294_20341536.jpg




f0268294_20342625.jpg
どの壁にも細密なデヴァターや人の像や模様が刻まれている / All the sandstones hold engraved devatas and other figures.


第2回廊は、圧倒的な第3回廊を仰ぎ見るための場所といってもよい。第2回廊から第3回廊へはシャープな傾斜の階段がある。60度ほどもあるだろうか。旧石段は転落事故が多く死者やけが人が絶えなかったため現在は手摺の備わった金属製の階段に変わっている。この階段は人気で世界中からの観光客が蟻の行列のように連なって昇り降りしている。折からの日曜日、大変な混雑のため第3回廊はまた折りがあったらということで、残念ながら行列を眺めるだけとなった。
The second-level cloister is an open air space surrounded by stone walls. Its aim seems to have intended to show the overwhelming main tower rising above the third-level cloister. The only way up to the third level is stairway, one for up and the other down. You will gasp at the first glance of the stairway climbing upward into the sky of an inclination of about 60 degrees. The old stone stairway is closed due to many accidents of death and injury. The day of my visit was Sunday and the stairs held too many people. Their line looked like that of ants. I declined to climb it, saying that I didn’t want to be one of ants, just to hide my fear.


[PR]

by magnifika-2 | 2014-04-24 20:38 | クルーズ&船舶 Cruise&Ships | Comments(0)
2014年 04月 21日

16. Asia Grand Cruise アンコールワット 十字回廊「プリア・ポアン」 “Preah Pean, of Angkor Wat

f0268294_18274994.jpg
f0268294_21093205.jpg
魚眼レンズでとらえたプリア・ポアン/ Preah Pean photographed through a fish-eye lens


f0268294_21102656.jpg

プリア・ポアンの4つの聖池の一つ/ One of the sacred ponds of Preah Pean

材料の石材すべてに細密なレリーフが刻まれている / Even the pond stones hold delicate emgravomgs.


f0268294_21172970.jpg
f0268294_21175683.jpg

プリア・ポアン回廊の天井/ The ceiling of the cloisters


f0268294_21184659.jpg

途中にはこんな痛々しい像があり、カンボジアが乗り越えてきた歴史に改めて思いを馳せる。/ The statues like these on the way bring our thought back over the harsh history of Cambodia.


第一回廊と第二回廊間には高低差があるがそれを繋ぐ不思議な空間の十字回廊がプリア・ポアン。日本語の「田」の字に回廊が交差していて各回廊に囲まれた4つの桝は水のない聖池である。カンボジア人のガイドが必ず説明してくれるのが、17世紀に仏像を奉納するためにここを訪れた日本人の落書きがあるのもこの回廊である。

プリア・ポアンはすべて灰色の砂岩でできているが回廊の天井などには彩色の名残がある。よく見るとどこもかも細密な彫刻が施してある。数百年という歳月、どれだけの人々のさざめきや風雨の音がこの回廊を通っていったのだろう・・・


Preah Pean is the crossing of Angkor Wat where four cloisters meet in the shape of a Japanese letter “田” . The four squares are waterless sacred ponds surrounded with grey sandstone walls, but we can see some remains of colours on the ceilings. They hold elaborate reliefs. Standing there, I impossibly tried to imagine how much the walls heard worshipers’ voice drifting, the sound of wind blowing through and rain showering for almost a thousand years. I felt myself just as a particle of dust to pass by in the time stream of eternity.


世界遺産UNESCO World Heritage Site


[PR]

by magnifika-2 | 2014-04-21 21:22 | クルーズ&船舶 Cruise&Ships | Comments(0)
2014年 04月 19日

デヴァター Devata

f0268294_18274994.jpg
f0268294_01585852.jpg
第三回廊外壁のデヴァター=女神像 Devatas on the 3 rd. level



f0268294_01593473.jpg
西門のデヴァター Devata of the West Gate



f0268294_02020260.jpg
西門のデヴァター Devata of the West Gate



f0268294_02052313.jpg
第二回廊のデヴァター Devatas of the 2 nd. level

12世紀に30年をかけてスールヤヴァルマン2世王によって建立されたというアンコールワットは当初ヒンズー寺院であり、王の孫王の時代に仏教寺院になったと伝えられる。その歴史から建物の柱や壁に、巧拙はあるものの明らかにヒンズー文化の影響を色濃く感じさせる女神像のレリーフが多く刻まれている。この女神たちは「デヴァター」と呼ばれ、その精緻さと美しくなまめかしい肢体は旅行者を釘付けにする。

The temple was built by the Khmer King Suryavarman II in the 12th century. It took 30 years to built the complex first as a Hindu, and later a Buddhist in the reign of King Suryavarman II’s grandson. The historical influence stays on the numerous reliefs of goddesses on the walls and pillars. Goddesses are called “devata” there, and they its reliefs show delicate workmanship. Tourists cannot help standing still with their eyes fastened on the bewitching figures.



[PR]

by magnifika-2 | 2014-04-19 02:06 | クルーズ&船舶 Cruise&Ships | Comments(0)
2014年 04月 18日

14. Asia Grand Cruise 聖池のアンコールワット Angkor Wat on the Holy Pond sanpo

f0268294_18274994.jpg
f0268294_23582013.jpg
聖池は参道を挟んで両サイドにあるが、これは中央に向かって左側の聖池にに映りこむアンコールワット   
The reflection of Angkor Wat on the holy pond of the left side of the centre gateway


f0268294_00081368.jpg

西楼門のゴプラと呼ばれる塔 The west tower gate called Gopura


f0268294_00090923.jpg


f0268294_00093605.jpg
通路の交差中心点に立つ像 The statue standing at the crossing of corridors in the Gopura


f0268294_00103310.jpg
アンコールワット建築にに特徴的な丸みを帯びた造形の連子窓 The decorative round latticework unique to the architecture of Angkor Wat


f0268294_00110523.jpg
参道を挟んで両脇にシンメトリックに配されている経蔵 One of the two libraries symmetrically built on the both sides of the gateway

中央塔を仰ぎながら長い参道を歩んでゆくと、不思議な錯覚に捕らわれる。どこまで歩いてもたどり着けない蜃気楼に自分は向かっているのではなかろうか・・・という焦燥感、そして人生の「旅人感」のようなものが押し寄せてくる。それほど参道は長くアンコールワットの規模は大きい。

The long-stretched straight gateway to the main building gave me a strange feeling of endlessness like chasing a mirage in a desert, and solitude of a traveler. That long was the gateway. So was the site itself.




[PR]

by magnifika-2 | 2014-04-18 00:12 | クルーズ&船舶 Cruise&Ships | Comments(0)
2014年 04月 16日

13. アンコールワット西門付近 The West Gate Area of Angkor Wat


f0268294_18274994.jpg
f0268294_23371287.jpg
環濠にかかった石の橋たもとに、これからあちこちで見ることになるキングコブラの姿の神ナーガが/The statue of a king-cobra-shaped naga statue in front of the stone bridge stretching to the West Gate


f0268294_23374807.jpg

仏足石 Buddha footprint on the stone in the midst of the bridge


f0268294_23392533.jpg

幅200mの環濠には蓮の花も/The lotus flowers in the circular moat, 200 meters wide

f0268294_23402006.jpg

日の出をみてから一旦ホテルに戻りゆっくり朝食をすませ、再びアンコール・ワットへ。朝の最初の入場に際しては長い列を作って一人一人ゲートで顔写真を撮影され、その写真入りのID兼入場券を購入したが、料金は使用日数で異なる。私は3日間有効のパスでUS$40。(カンボジア通貨リエルに両替するまでもなく、USドルでほとんどこと足りる)こうにゅうしたパスはアンコール・トム、タ・プロームなどの他遺跡にも有効。パスのデザインは時折変わるとのことだが、今回はバイヨン寺院の写真の下に早朝の寝ぼけ眼の私の写真があり、有効期間の年月日とパスナンバーが記載されている。猛暑の中で首から下げるものがあるのは鬱陶しい限りであったが、帰国してみると旅の手帖に挟まれていて、一目見ただけでアンコールの日々のディテールが鮮やかによみがえるよすがとなっていることに気付く。

ちなみに、アンコールのこの日の気温35℃、湿度85%

After seeing the sunrise, we returned to the hotel and had nice and slow breakfast. And again to the Angkor Ruins of daytime.

In the morning we had to wait in a long queue to be photographed for the admission ID, of which fee differs depending on a period of visits. I bought a 3-day admission pass for US$40, which enabled me to visit any nearby ruins as Angkor Thom and Ta Prohm. The design of a pass seems to change from time to time. My pass kept between the pages of my notebook holds the design of Bayon with my photo of a sleepy look aside of the day of the visit. During sightseeing, I felt keeping the pass hanging from my neck all the time so uncomfortable under the heat and heavy humidity. But now I can recall each detail of the places by it in my travel notebook.

The temperature there that day was around 35 degrees C or 95 F, and humidity 85%.


[PR]

by magnifika-2 | 2014-04-16 23:41 | クルーズ&船舶 Cruise&Ships | Comments(0)
2014年 04月 13日

12. アンコール・ワットの日の出 The Sunrise of Angkor Wat

f0268294_18274994.jpg
f0268294_22330709.jpg

f0268294_00274199.jpg

f0268294_22332963.jpg

f0268294_22333456.jpg
2月9日(日) Sun. 9 Feb.

5:30 まだ暗い中ホテルを出る。懐中電灯で足元を照らしながら環濠を渡り西門からアンコール・ワット遺跡に入ると目の前に長い参道のはるか向こうの中央に浮かぶ紡錘形のシルエットにはっとする。この周壁の内部はなんと不思議な空間だろう。世界中からの大勢の旅行者が日の出を待って集まってきているのに、なぜかここには物理的でない静寂がある。すべての音が吸収されて、まるで私一人の空間にたたずんでいるかのような感覚である。森に囲まれているからだろうか…それともラテライトという石材の特質に付随してくる贈物なのだろうか…

日の出は今日は見られる幸運に恵まれるのだろうか…すると…やがて…
年2回、春分と秋分の日の出は中央塔の真上に上るという。しかし今日は中央建造物に向かって右方向から朝もやの中に日が上りだす。逆行なので写真は難しいが、その瞬間の印象と経験を自分の中に取り入れる。

We left the hotel at 5:30. To cross the long causeway to the West Gate of Angkor Watt surrounded by the moat, we still needed a flashlight.

We entering through the gate, the spindle-shaped silhouette against the early morning sky at the far end of the long stretched approach took our breath away.

What a strange space it was! There were many tourists in the place from over the world to see the sunrise there, yet I felt silence,but not physical one. All the noise and sound absorbed, I felt as if I had been alone myself there. "Is it because the place is in the forest, or of laterites, the construction material, I questioned myself. That is a gift anyway.

On the both equinox days, the sun rises from the top of the center tower of the Angkor Watt. We could luckily see it rise from the right side forest that morning, although the morning air was hazy, and the photos did not come out very good against the light. I took in the impression of the moment and atmosphere instead.


[PR]

by magnifika-2 | 2014-04-13 22:35 | クルーズ&船舶 Cruise&Ships | Comments(0)