<   2014年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2014年 05月 22日

28. タ・プローム Ta Prohm, the Temple Swallowed with Tree Roots

f0268294_18274994.jpg
f0268294_00484489.jpg
f0268294_00461857.jpg
f0268294_00453117.jpg
f0268294_00465021.jpg
f0268294_00473048.jpg
f0268294_00480611.jpg
f0268294_00492933.jpg
f0268294_00500625.jpg
f0268294_00511060.jpg
(スポアンにも敵あり。ガジュマルの一種にからめられ朽ちている。経年でスポアンが朽ちた後にキラー・ツリーの網目状の根がレースのように広がっている。/ Spung has an enemy, too. Wrapped with Banyan roots, this Spung is gone and there. The white lace-like roots of the Banyan remains in the shape of the victim.)

タ・プローム: 1186年、ジャヤバルマン7世建立。東西1km南北650mの敷地は外周壁に囲まれている。東塔門から入り西塔門へと進む経路の石の構造物は圧倒的なよう榕 樹(スポアン)の根に巻かれ、割られ、崩され、強力な締め付けの中で…飲み込まれて自然への回帰のプロセスを確実にたどっている。そのスケールに威圧感を覚えながらシャッターを押す

Ta Prohm is the temple built in 1186 under the reign of Jayavarman VII, measuring 1km east-west, 650m north-south, surrounded by enclosing walls. We entered from the East Tower Gate and followed the tourist passage to the West Tower Gate. We saw on the way the process of the stone-structures of Ta Prohm Temple wound, powerfully squeezed, broken and returning into just a mass of stones by the roots of tall aggressive Spung trees, killer trees.

f0268294_00525641.jpg
f0268294_00532015.jpg
(ところどころにレリーフが残り、かつてここが威光を放っていた地なのだとはっと気づく。それほど自然の力に圧倒される地がタ・プロームである。/ At the sight of reliefs on the stones, I come to myself and tell I am at the once the place of powerful glory and authority. Ta Prohm is that much overwhelmingly)





[PR]

by magnifika-2 | 2014-05-22 00:54 | クルーズ&船舶 Cruise&Ships | Comments(0)
2014年 05月 19日

27. ル・メリディアン・アンコール Le Meridien Angkor

f0268294_01131806.jpg
f0268294_01160554.jpg
f0268294_01132536.jpg
f0268294_01132983.jpg
f0268294_01133659.jpg
f0268294_01155456.jpg
アンコール遺跡群にアクセスのいいシェムリアップのホテル「ル・メリディアン」この時期は(2月)は乾季。色が鮮やかな花々がホテル敷地内にも咲いている

Le Meridien Angkor Hotel is within easy access to any of the Angkor Ruins. It was dry season when I visited and there bloomed colourful flowers and blossoms in the premises.


写真は「ムクナ・ベネッティー」早朝、ホテルの庭に緋色の絨毯のように落花があり、はじめてしげしげとこの花を手に取って眺める。英名では「オームの嘴」と言うそうな。玄関前のプルメリアとともにスケッチする。

The top photo above is Mucuna bennettii aka New Guinea creeper or Parrot’s beak. It was the first time for me to see it so closely.


「蓮」あちこちで蓮を見るにつけ魅かれる。帰国したら庭に蓮を植えようと思う。帰途シェムリアップの空港ショップでかわいいピンクと白の蓮の造花をそれぞれ10本ずつ求める。亡き上の姉に白を、急逝した2番目の姉にピンクを。

Cambodians grow lotus flowers wherever there is a pool of water. At the entrance of temples, they sell lotus flowers for offering. At the Siem Reap airport shop, I bought artificial lotuses, 10 white ones for my late eldest sister and 10 pink for the late second sister. They are now at our family altar.



[PR]

by magnifika-2 | 2014-05-19 01:19 | クルーズ&船舶 Cruise&Ships
2014年 05月 14日

26. 宮廷舞踏「アプサラ・ダンス」 Traditional Court Dance, Apsara

f0268294_00172150.jpg



3D filmed ( Can be viewed in 3D with an according playback device such as SONY BRAVIA)

3D撮影映像(再生装置があれば3Dでご覧いただけます。Ref. Sony Bravia)


アンコール・ワット&アンコール・トムとその周辺を見て歩いた長い一日の終わりは宿泊先のル・アンコール・メリディアンの広い芝生庭園「パーム・ガーデン」でカンボジア民族舞踏「アプサラ・ダンス」を見ながらの夕食が待っている。女性のしなやかな手の動きに魅了されながらふと空を見上げると・・・

At the end of a long day of Angkor Wat and Angkor Thom, we dined at the “Palm Garden” of our hotel, Le Meridien Angkor, seeing the stage of Apsara Dance. Enchanted with the lithe movement of dancers’ hands and fingers, I looked up the night sky and saw…

f0268294_00203366.jpg


[PR]

by magnifika-2 | 2014-05-14 00:24 | クルーズ&船舶 Cruise&Ships | Comments(0)
2014年 05月 14日

25. 癩王のテラス&タ・ケウなど  Leper King Terrace etc.

f0268294_18274994.jpg
f0268294_00101309.jpg

三島由紀夫の最後の戯曲『癩王のテラス』は、アンコール・トムを訪れて着想を得た、と言われている。カンボジア王・ジャヤーヴァルマン7世が病魔に冒されながらも、アンコール・トムを造営しバイヨン寺院を建設してゆく雄大な物語。王の肉体が癩病に侵され崩れ去っていくのと対照的に、威容な観世音菩薩が完成していく過程が三島由紀夫の独特の肉体礼賛美学で3幕の戯曲にまとめられている。ぜひ見たいと思っていた遺跡。

” Leper King Terrace” is the last play Yukio Mishima wrote consisting of three acts. He visited here in the 1960′s and gained a capital idea for the play. It goes like while King of Khmer, Jayavarman VII (1125–1218) suffered from deteriorating leprosy, the Angkor Thom and Bayon Temple construction was making steady progress for completion. The King’s physical decline and the appearance of imposing Goddesses of Mercy on the stone towers are ironical. Bodily aesthetics unique to Mishima flows underneath the play. Now at the sight of the Terrace, my imagination took wings.

f0268294_00112644.jpg

『象のテラス』は、高さ3メートル、長さは300メートル以上あるテラスの呼び名だ。
側壁にはびっしりと象のレリーフが彫られている。
Terrace of the Elephants


f0268294_00125265.jpg
タ・ケウ(碧玉の塔の意)
落雷のため建設中止となったとか、途中で王が亡くなったため建設を放棄したともいわれている『タ・ケウ』遺跡。装飾がほどこされる前の状態で骨格の基部が残されたため鋭角的印象がある。
Ta Keo




[PR]

by magnifika-2 | 2014-05-14 00:14 | クルーズ&船舶 Cruise&Ships | Comments(0)
2014年 05月 08日

24. バイヨン寺院観世音菩薩 The Goddesses of Mercy of Bayon Temple

f0268294_18274994.jpg
f0268294_22183207.jpg


f0268294_22190072.jpg
f0268294_22192226.jpg
f0268294_22202190.jpg
f0268294_22204823.jpg
f0268294_22214177.jpg
f0268294_22225651.jpg
f0268294_22261740.jpg
f0268294_22272712.jpg
f0268294_22280522.jpg
f0268294_22282577.jpg
f0268294_22285578.jpg
f0268294_22291661.jpg
アンコール・ワット寺院の北にあるアンコール・トムはアンコール遺跡群のひとつの都市で一辺3キロメートルの周壁で囲まれている。バイヨン寺院はその中の一建造物で「クメールの微笑」と称えられる人面像をはじめ100以上の巨大な観世音菩薩のお顔が刻まれている塔で良く知られている。


12世紀後半ジャヤーヴァルマン7世が建立。中央塔の高さは40メートルを超えるそうだが建造物全体は複雑な形状と崩壊のため何とも表現のしようがない。


巨大な尊顔を間近で拝す幸せに浸りながら塔の上へ上へと歩んでいると、ふとアンドレ・マルロー著「王道」を思い浮かべた。この寺院ではないが、彼には女神像を剥ぎ取り本国に持ち去ろうとして逮捕された事実があり、この経験をもとに書かれた小説である。山師的心根からであったのか、美しい像の魅力に自制心を失ってしまったのか・・・私は後者ゆえと思いたいのだが・・・


Angkor Thom lies in the north of the Angkor Wat. It is a walled city built by King Jayavarman VII in the late 12th century, one side of which is 3 kilometers long. In the city is the Bayon Temple notable for the massive stone faces. More than 100 faces carved on stones are of the Goddesses of Mercy.
While looking at exquisite “Kmer Smile”, I recalled André Malraux.

It was not this place but at the other temple that André Malraux, France’s first Minister of Cultural Affairs, was arrested on a charge of cutting out one of the bas-reliefs and trying to carry it away to France. Later he wrote a book titled “La Voie Royale” based on his own experience. Was he aiming only for a worldly fortune or so deeply enchanted with “Khmer Smile”that he could not resist? Personally I wish it had been the latter.


[PR]

by magnifika-2 | 2014-05-08 22:30 | クルーズ&船舶 Cruise&Ships | Comments(0)
2014年 05月 04日

23. アンコール・トム バイヨン寺院壁画 Bas-Relief of Bayon Temple, Angkor Thom

f0268294_01261773.jpg


f0268294_01441337.jpg


闘鶏 / Cockfighting

f0268294_01290744.jpg

f0268294_01281843.jpg


闘犬 / Bull-fighting

f0268294_01301005.jpg


豚のバーベキュー / Barbecuing a pig

f0268294_01312025.jpg
f0268294_01335222.jpg


トンレサップの水上戦 / The ship battle of the Tonlé

f0268294_01391399.jpg
f0268294_01410581.jpg

バイヨン寺院の外回廊のレリーフはアンコール・ワットと異なり人々の暮らしの姿が刻まれている。崩壊して天井もないため風雨や日差しにさらされて黒ずみ独特な風合いを醸している。ここにはほんの一部をご紹介しました。


I introduce just a few parts of the motifs of bas-relief of Bayon Temple. They are of the people’s daily life. The long walls of the relief cloister is exposed to the open air without any ceiling due to collapse. The walls are accordingly unique black colour, and yet give us colourful idea over the people’s life then.


[PR]

by magnifika-2 | 2014-05-04 01:44 | クルーズ&船舶 Cruise&Ships | Comments(0)
2014年 05月 02日

22. アンコール・トム バイヨン寺院  Bayon Temple of Angkor Thom

f0268294_18274994.jpg
f0268294_00002325.jpg



f0268294_00015501.jpg


f0268294_00024658.jpg


f0268294_00051203.jpg

南大門をくぐると大木の密林の中の一本の道を進む。幼い子供たちが観光客に絵葉書を執拗に売り歩いている。瞳の美しい少女から2セット買う。10枚1セットでUS1ドル。写真の質も決して悪くない。アジアではいつもこういう幼い絵葉書売りから求めた絵葉書で縁の人たちに旅の便りをする。「あなたの手から渡された絵葉書には羽があって世界中へ飛んでいくのよ」と言って一緒に笑う。


進んでゆくと川に橋が架かっていて、下方からはえている大木の葉が触れそうなまでに迫っている。そしてやがて森が開け遠方に黒々と聳える巨大な構造物が青い空を背景に現れる。一瞬立ち止まる。バイヨン寺院である。

Passing through South Gate, one straight road among the forest leads us. There are several young postcard peddlers. A set of 10 postcards costs you only US 1 dollar. The quality of the paper and picture is not bad at all. I tell them each postcard of theirs has wings, and flies to many places on the earth where my family and friends are.


We went forward. Then there flows a river. Foliage of tall trees growing from the river banks gives us the shade from both sides of the bridge. In a short walk from the bridge, a broad view opened out before us. Something huge and majestic appeared far ahead with a blue sky behind. We stopped, and stopped our breath, too. IT was Bayon Temple of Angkor Thom.



[PR]

by magnifika-2 | 2014-05-02 00:07 | クルーズ&船舶 Cruise&Ships | Comments(0)