my gallery-2

magnifika2.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2015年 02月 02日

90. ただいま~~~ ‼︎ Arriving at Yokohama

f0268294_22541718.jpg
今くぐったベイブリッジを船の後方から望む The Bay Bridge from the rear deck of the ship


f0268294_22550999.jpg


f0268294_22552913.jpg
今まさにベイブリッジの真下 Right under the Bay Bridge


f0268294_22560587.jpg
ベイブリッジをくぐって港に入ると ターミナルからも船が見えるはず。They may be seeing our ship from the top of the passenger terminal once we pass under the Bay Bridge.

横浜港はASUKAIIの母港。港に近づくと私たちだけでなく船まで心なしかほっと一息ついているように感じる。

カモメ舞う海の青と晴れ渡った天空の青に挟まれて船は晴々と港に入っていく。クルーズライフを楽しく愉快で快適にしてくださったすべての友人、知人、スタッフ、クルーの皆さまに感謝します。有難うございました。


ブログのご友人のみなさま、滞りがちだったアジアグランドクルーズのブログご報告はみなさまの「イイネ」や「コメント」に励まされてようやく横浜までたどり着きました。ご購読くださいましてありがとうございました。


Yokohama is the mother port of ASUKA II. Not only we passengers but also the ship itself seems to be feeling relieved as it proceeds toward the passenger terminal between the blue of the sea dotted with white of seagulls and the serene blue of the sky.

I thank my cruise friends, acquaintances, staff, and crew members for the kind support, agreeableness of life, cheerful daily life and laughter of all things.

My dear blog friends, thank you for leading me to the destination. Your "like's" and comments have encouraged me to keep on my report of the ASIA GRAND CRUISE to the end. 058.gif



[PR]

by magnifika-2 | 2015-02-02 23:26 | クルーズ&船舶 Cruise&Ships | Comments(0)
2015年 02月 01日

89. 崇高なお出迎え A Sublime Welcome Salute




f0268294_21251840.jpg


帰港の日、横浜に向け駿河湾沖を航海中、海原のむこうに富士山の威容が、、、


Mt. Fuji in an exquisite hue giving us a silent awesome salute of welcome back viewed from the Bay of Suruga




[PR]

by magnifika-2 | 2015-02-01 21:29 | クルーズ&船舶 Cruise&Ships | Comments(0)
2015年 02月 01日

88. 北上家路航海 Northward Home

f0268294_00250609.jpg
上: 西表島 Iriomote Island


f0268294_00263559.jpg
f0268294_00270738.jpg

f0268294_00280733.jpg
f0268294_00281909.jpg

クルー・ショー Crew Show


f0268294_00291783.jpg

二人のキャビンスチュワーデス Two sweet cabin stewardesses of ours


f0268294_00322272.jpg
台湾出港後、船はただひたすらに神戸まで3日間、横浜まで4日間のクルーズ最終区間を航海している。海を眺めながら楽しかった30余日に思いを馳せていると、イルカたちが弾丸のように水面を跳ねたり、クルーたちがお別れのクルーショーを開催してくれたり、島々が現れたりと、最後まで楽しみは尽きない。クルーズの友人たちとの別れもますますお名残惜しさがつのる。クルーズはまるで劇場の舞台のよう。始まりの幕が開き、そして閉幕時がきっぱりとやってくる。舞台の演目は各人異なる。しかし船内で制約のない自分の時間を持ち、多くの人の人生を知り、その方たちと経験や笑いを日々シェアーし、思い出を共有する、という点では大差はないのではなかろうか。時の経過とともにその思い出たちは光を増し心の中を明るく照らしてくれる。

「なぜそんなにクルーズに出るのが好きか」と問われる。いろいろ理由があるので一言では表現しきれないものの、「出航とともに日常が捨てられること、そして帰港とともに日常に戻れること、この二つの喜びのために大海原を目指すのよ」などと答えてしまうが・・・ちょっときざであろうか・・・


During the final cruising section northward from Keelung to Kobe and Yokohama, dolphins spread their show on the ocean, several islands appeared and went out of the view, and our crew gave a big farewell crew show. Our cabin stewardess and the ex-stewardess of the 2012-around-the-world happened to dance side by side. Their fresh beauty impressed me very much. We only see them working hard in uniform. They were shining on the stage in color.

Soon the time to leave the ship will come. A cruise is like one stage. The curtain opens at the moment you get on board, and it closes when you step out of the ship at the final port. Each individual can create whatever act (life) you lead between the two curtain movements. My stage this time was really filled with good memories of nice people, wonderful lands, laughter, good food, and a lot of free time to myself.

People around me often ask why I like a cruise. It is difficult to answer in a word or two. I have plural reasons. But I find me simply answering that I like it for two pleasures; one---it enables me to leave everything of my daily life behind, and the other---to return to my daily life once it is over.





[PR]

by magnifika-2 | 2015-02-01 00:38 | クルーズ&船舶 Cruise&Ships | Comments(0)