<   2015年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2015年 05月 20日

QE-19 ワライカワセミが樹上に! Laughing Kookaburra

f0268294_22481807.jpg






キュランダ村に着いて間もなく大きなバニアンツリーの下を通りかかり、見上げるとそこにはなんとワライカワセミが!! 初めて見るワライカワセミ。きっと近くのバロン川の魚を得て暮らしているのだろう。オーストラリアにのみ生息する鳥である。コアラもカンガルーもみな”K"で始まる名前なのは偶然なのだろうか、、、

中学生のころ皆で歌ったA)あの歌や、B)童謡になっているあの歌を思い出して私も"笑い旅人"に。

When walking toward the Kuranda Village from the Skyrail station, there was a laughing kookaburra on a very big banyan tree. It must live on fish from the Barron River flowing nearby. It is a species living only in Australia as well as kangaroos and koala bears. Why do all of their names start with K, I wonder.

Although I had known through songs that there is such a funny bird, it was the first time I saw a real one so closely. I recalled a comical Japanese song about a laughing kookaburra and became a laughing tourist.


A) 
Kookaburra sits in the old gum tree,
Merry, merry, king of the bush is he,
Laugh kookaburra, laugh kookaburra,
Gay your life must be
.



掛川花鳥園のYouTubeワライカワセミの声
"Kookaburra laughs!" YouTube of Kakegawa Flower and Bird Park
 







[PR]

by magnifika-2 | 2015-05-20 23:36 | クルーズ&船舶 Cruise&Ships | Comments(0)
2015年 05月 19日

QE-18 雨林に囲まれた穏やかな村キュランダ Kuranda, a Peaceful Village Surrounded by the Rain Forest

f0268294_00493319.jpg



f0268294_00495110.jpg





f0268294_00500896.jpg





f0268294_00510356.jpg



f0268294_00511791.jpg





f0268294_00513048.jpg
カラフルな色使いのディジリドゥー

Colorful didgeridoos of a souvenir shop


その昔、アボリジニの静かな暮らしがあったキュランダ村、入植者により変化がもたらされ、避暑地や芸術村と変遷してきた。現在はケアンズ近郊の観光地として、又ハネムーナーのハイダウエイとして自然豊かな村は21世紀の日々を刻んでいる。

The village of Kuranda used to be a peaceful living place of aborigines since the ancient times up until they had immigrants. They brought about changes in the village. It once turned to be a summer resort, and an artist village at other times. And now it attracts many tourists as well as Cairns, and honeymooners as an ideal hideaway.


[PR]

by magnifika-2 | 2015-05-19 01:47 | クルーズ&船舶 Cruise&Ships | Comments(0)
2015年 05月 16日

QE-17 ヨーキースノブからキュランダへ From Yorkeys Knob to Kuranda

f0268294_14363364.jpg








ヨーキースノブでは船は錨泊。乗客は桟橋まで土地の小型船や主船のテンダーボートで上陸する。自分が乗船してしまっているとなかなか海に浮かぶ本船全体を眺める折はないので、この時とばかり桟橋へ向かう地元の船の中から美しいクイーン・エリザベスを存分に眺める。

At Yorkeys Knob, our ship anchored off the shore. We use local small boats or the ship's own tender boats to land. The above photo and movie were taken while we were in one of those boats to the Yorkeys Knob pier.



f0268294_23324044.jpg






f0268294_23143773.jpg
スカイレールから見る原生林 / The tropical rain forest viewed from Skyrail








f0268294_23145911.jpg














f0268294_23152638.jpg
スカイレールからのバロン滝 / Barron Falls viewed from Skyrail







f0268294_23190252.jpg
前方の赤い駅がキュランダ / The red station ahead is Kuranda.



私がそうだったようにヨーキースノブは知らなくても「ケアンズ」と言うとうなずかれる方も多いことと思う。ケアンズの北隣の町で港湾都市でもある。近くにスミスフィールド保護公園(Smith Field Conservation Park)がある。1億2000万年以上人の手が入っていない世界最古の熱帯雨林は世界自然遺産に指定されている。スミスフィールドでスカイレールに乗り、この原生林を眺め、キュランダの町に降り立つ。

Yorkeys Knob is located north of Cairns. There is a untouched tropical rain forest. We chose the easiest way to see it from a cable car called Skyrail from the Smith Field Station to Kuranda, a charming small town.








[PR]

by magnifika-2 | 2015-05-16 23:27 | クルーズ&船舶 Cruise&Ships | Comments(0)
2015年 05月 09日

QE- 16 スケールモデル Scale Models

Queen Victoria のスケールモデル

f0268294_13013282.jpg




Queen Mary IIのスケールモデル 
f0268294_13243555.jpg



QEの中には多くのスケールモデルがあちこちに飾られているが、コモドア・クラブの入り口両脇に置かれた上のふたつのモデルは群を抜いて美しい。

These two scale models are placed on the both sides of the Commodore Club.



最近になって自分は乗り物が好きなのだと気づき驚いている。実は認識していなかったのだけれども・・・

馬、セスナ機、自転車、乗用車は自身で乗るし、新幹線は生活の一部、遠くに出かけるには飛行機に乗せてもらい、しばらくすると波の音を聞きながら船旅をしたくなる・・・というわけで、随分と乗り物にはお世話になっている。


なぜこんなに乗り物に魅かれるのだろう、と立ち止まって考えてみると、自転車も馬も素敵な風の中に私を誘い込んでくれる。小型飛行機は一旦操縦席に座れば、ジェット機では味わうことのできないズーム自由な俯瞰図の世界を独占だ。乗せてもらう新幹線や飛行機内には食事飲物付でたっぷりとした読書時間や睡眠時間が用意されている。クルーズ船にはあらゆる贅沢な生活機能が備わっていて、それらを選択する自由と、何もしなくてもよい自由がある。


そして、すべての乗物に共通するのは、乗ると日常にない世界にいざなってくれること、またそれぞれの乗物が独自の「美しさ」をそなえていること。人智を尽くして作られた神々しいまでの美しさを乗物たちは秘めている。ゆえに身近に置けない大型の乗物のスケール・モデルを愛でる人の気持ちがよくわかる。モーリシャスの帆船モデル、きれいだったな、、、


QEの中にも多くのスケールモデルがあちこちに飾られているが、これはその中でも群を抜いて美しく細密なコモドア・クラブの入り口両脇に置かれたスケールモデル


I recently realized that I am a vehicle lover from horse to ship. Between the two are bicycle, car, light airplane, bullet train passenger jet liner for each reason. So I understand those who get enthusiastic about scale models of vehicles.








[PR]

by magnifika-2 | 2015-05-09 13:38 | クルーズ&船舶 Cruise&Ships | Comments(0)
2015年 05月 04日

QE-15 マイ・キャビン Our Cabin

少々、私物が散乱していますが・・・
居間 Living room
f0268294_19540835.jpg





入口側から見た部屋 The room viewed from the entrance
突き当りの引き戸の向こうがバルコニー 
Balcony sliding doors at the bright end
f0268294_19584052.jpg





ベランダ側から入口方向   右はホームバー 
A view from the balcony side   A home bar counter on the right
f0268294_19580620.jpg

f0268294_20134338.jpg





ライティング・デスク (机上にはレターヘッドに私たちの名前が印刷されたQEのロゴ入りのステーショナリーも用意されていました)
On the desk was stationery with our names printed on.
f0268294_20201302.jpg




居間の向かいがカーテン仕切りされた寝室 (いつも誰かさんが寝転んでぐしゃぐしゃにしていたものですから、お見せできるようなフォトは取れませんでした。悪しからず。曰く、誰かさんにとっては最高の贅沢なのだとか)

Next to the living room is a bed room. Sorry there is no photo of it worth publicizing. (My partner kept occupying his bed almost all day long saying that it was his way of luxury.)



そこで・・・ベッドルームのパウダー・デスク A powder desk of the bedroom
f0268294_20445541.jpg




鏡にベッドルームからの海の眺めと誰かさんのぐしゃぐしゃベッドが映ってしまっています。
Oh, someone's rumpled bed is in the mirror with the sea from the bed room window.
f0268294_20480707.jpg





バルコニー Balcony
f0268294_21053042.jpg

f0268294_21054574.jpg


バスルーム:動線に配慮の行き届いた設計 シャワーブースとたっぷりとしたジャグジーバスタブ

収納:ウォークイン・クローゼット内はワンピース/ロングドレス用、ジャケットなど用のバーとたくさんのハンガーが用意されています。一つの壁面に天井まで作り付けのシューズ棚があるのがうれしいことでした。設計が優れていて大型スーツケースもすんなりベッド下に消えます。フライ&クルーズの乗客にはこれはありがたい配慮です。そのほかここにもここにもと次々に収納場所が現れて部屋はあっという間に居心地良く整いました。



シャツ類などがたくさん入るキャビネット・ドローワー 
f0268294_21470900.jpg


[PR]

by magnifika-2 | 2015-05-04 22:02 | クルーズ&船舶 Cruise&Ships | Comments(0)
2015年 05月 02日

QE-14 島影からクィーン・メリーが…! Queen Mary From Behind the Islands

Congratulations on the birth of Royal Princess!
プリンセスのお誕生おめでとうございます!

f0268294_20043266.jpg
08:43 08-March-2015 グレートバリアーリーフ沖 クィーン・メリーII
Queen Mary II off the Great Barrier Reef




f0268294_20342695.jpg
この航海図よりやや北上した地点で出合いました。
We saw QM a little north from this cruising map





f0268294_20384414.jpg
近くにこんな景色が見え始め・・・
We started seeing the view like this・・・




f0268294_20194132.jpg
QM登場の少し前ここで朝食中でした。窓際はロンドンのケント夫妻のテーブル。手前がアデレードのハンコック夫妻、そして映っていませんがその手前が私たちのテーブル。食事ごとに、楽しい話がおいしいお料理の上を飛び交ったものです。

We were having breakfast here before coming to see QM. The window side table is of Mr.& Mrs. Kent, the front one of Mr.& Mrs. Hancock, and not in the photo but the table where taking the photo is ours. We six enjoyed good food and pleasant conversation and jokes each time.






ブリスベンからヨーキースノブに向かって航海中の3月8日8時半頃、キャプテンのアナウンスがあったので、カメラを手に急いで12階のデッキに行くと、島影からクィーンメリーが現れる。遠目にも赤いファンネルの美しい船体がゆっくりと私達の向かう方角と反対方向に船首を向けて航海している。




キュナード社の三隻の客船は---クィーンエリザベス号と、クィーンメリー号は1月10日に、クィーンヴィクトリア号は1月20日に---3ヶ月を超すワールドクルーズにイギリスの母港サザンプトンを出港。

QEはサザンプトンから西回りで世界一周航海の途についた。一方、QMはボルトガル沖から地中海に入りスエズ運河を南航して東回りでオセアニア海域を回り西にU-ターンし喜望峰経由で大西洋を北上するスケジュール。QVは西回りでカリブ海--->パナマ運河--->南太平洋の各地を巡り再びアメリカ橋側からパナマ運河を通峡して大西洋からサザンプトンに帰るルート。

この日私たちはキュナード社の三隻の船たちの交差海域にいたのだった。

明日5月3日(日)午前、この3隻は同時にサザンプトンの母港に入港して長期クルーズに錨を降ろす。キュナードのこの3隻が港の向こうから揃って姿を現わす、、、最小のヴィクトリアを中心にしQEとQMが両脇を固める横一線で入港するのだろうか、それともサイズ順にQV, QE, QM と縦に並んで次々に入港するのだろうか、、、想像するだけで心踊る。これはキュナード社創立175周年記念行事の一環でこんな船体パレードはそうそうあるものではないのだ。サザンプトンにフライトで行けばよかったと日を追うごとに後悔。

We were on the way to Yorkeys Knob after Brisbane on March 8. We grabbed our cameras and hurriedly went up to the 12th fl. deck after Captain's announcement that the Queen Mary would soon be in our sight from behind the island.

The QM started the over-3-month world cruise from Southampton on January 10, the same day as QE, sailed down along Portugal into the Mediterranean and through the Suez Canal southward, and in the Oceania then, heading for Sydney.

The Queen Victoria left Southampton on January 20. It also was in the Oceania area via the Caribbean Sea and the Panama Canal. The QV and QM scheduled to arrive Sydney on the same day. The QV turned around after that and pass the Panama Canal again from Bridge of Americas side.

We were in the sea area all the three vessels crisscrossed that day.

Tomorrow, 03 May 2015 British date, all the Cunard Queen ships will return and parade into their mother port Southampton. It will be fascinating to see them appearing out of the far end of the sea and coming closer and closer. Just imagining that makes me thrill. That is one of the events of the celebrations of the Cunard's 175th Anniversary

I had expected a stork would come flying over the Cunard's Queen ships carrying a royal baby. But she safely came one day earlier. Will her name be one of beautiful ships of Cunard's some day whatever the name be?

P.S. 英国時間今朝の「DAILY ECHO」ニュース映像
The photo of the three Queens released by the "DAILY ECHO" news May 3 JST










[PR]

by magnifika-2 | 2015-05-02 21:35 | クルーズ&船舶 Cruise&Ships | Comments(0)