<   2015年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2015年 07月 30日

QE-21 PNG ラバウル RABAUL

いよいよガセル半島に囲まれたシンプソン湾へ
Into Simpson Bay surrounded by Gazelle Peninsura
f0268294_17131257.jpg






f0268294_17133825.jpg





f0268294_17144373.jpg







地元産品のラバウルマーケット Rabaul Market full of local products

f0268294_17312975.jpg







f0268294_17320265.jpg





ビンロウのお店がいっぱい。その昔聞いた「ヤシの木」は実はほとんど檳榔樹だったのではなかろうか Stalls of betel nuts
f0268294_17341395.jpg







子供たちは皆にこにこしている Children here smile beautifully.
f0268294_17492398.jpg








港を囲む道際に並ぶ手作り品の出店 Handmade accessory street vendors
f0268294_17494357.jpg







上の写真の通りでラバウルの夫人たちの手になるミサンガ購入 下の写真は20本購入したうち現在手元に残っている6本 
Six leftover Friendship bracelets made by ladies of Rabaul out of the 20 I bought from a vendor on the street in the above photo Hope the other 14 make my friends happy.
f0268294_20162171.jpg





1994年9月、このタブルブル火山と湾を隔てた対岸のヴァルカン火山とのダブル噴火で州都ラバウルは降灰に覆われ遷都を余儀なくされた。昨年夏にも噴火があり今でも常に噴煙が昇っている。
Rabaul had been a provincial capital until September 1994 when Mt. Tavurvur and Mt. Vulcan of the opposite side of the Bay erupted simultaneously. Tavurvur erupted last year, too.

f0268294_00080713.jpg





f0268294_00075917.jpg

日本に着く前の最後の寄港地ラバウル、、、幼い頃、父の関係者で、戦争中海軍でラバウルの基地にいたという人がやってきては酒肴の膳を前に延々と父に戦争中の話をしていた。「ラバウル」という地名が私の中に初めて入ってきたのはその人からだった。その人は酔いが回るといつも「さらば、ラバウルよ」で始まる歌を歌った。「ラバウルにはたくさんのヤシの木があってね・・・」と私にも話してくれた。幼いころの想像が今現実に目の前に。

Arriving at the last port of call before Japan, Rabaul Papua New Guinea, I recalled when I first heard the name of the place, Rabul. It was from one of my father's acquaintances who often came and visited our place for drinks and dining. The person was stationed in Rabaul serving Air Force during WWII. He sang a song starting with "Good-bye, Rabaul" once he was a little drunk, and even told me that Rbaul was full of palm trees. It was the day that my childlike imagination of the land of palm trees is now in front of me as a real thing.







[PR]

by magnifika-2 | 2015-07-30 21:18 | クルーズ&船舶 Cruise&Ships | Comments(0)
2015年 07月 16日

QE-20 キュランダ観光鉄道 Kuranda Scenic Railway

長いお休みを致しました。いろいろご心配いただいてありがとうございました。ぎこちないながら普段の生活が戻ってきております。また拙いブログをキュランダの町から続けて参りたいと思います。よろしくお願いいたします。
It has been a long time since my injury. Now I have almost recovered as far as posting in my blog. I now start from the town of Kuranda.





キュランダのかわいい街で昼食をとった後キュランダ駅に向かう。キュランダ観光鉄道はキュランダとケアンズ間37㎞をおよそ2時間かけて景観豊かなバロン渓谷沿いの路線を走る。
オーストラリアで採用されているレールゲージ幅3種のうち最も狭いゲージの鉄道。

The Kuranda Railway covers 37 kilometers between Kuranda and Carirns in about 2 hours on the narrowest gauge track among the three used in Australia



 
f0268294_12293910.jpg





かわいらしいキュランダ駅は1915年完成当時のまま遺産登録されている
Cute little Kuranda Station was built in 1915 and designated as World Heritage.
f0268294_12443025.jpg





バロン川沿いに伝わるこの地の創造主のニシキヘビ「ブダ・ジ」の描かれた列車はバロン滝でしばらく停車。
The train stops for a while at the Barron Falls Station to show passengers a beautiful scenery of the falls.
f0268294_22323295.jpg

f0268294_22320662.jpg





トンネルを抜けるとケアンズの町とサンゴ礁の海が視界に・・・

ケアンズと美しいサンゴ礁の海が垣間見える地点がある。手前の町は住宅地のレークプラシッド。
After a tunnel, there is a point to have a glimpse of the town of Carirns and the coral sea down below. The town closer to us is the residential area of Lake Placid.
f0268294_22521754.jpg


f0268294_22523928.jpg





陸橋を渡るときストーニークリーク滝のすぐそばを走行
We see Stoney Creek Fall close by when we run on the bridge.
f0268294_22532087.jpg







もうすぐケアンズ Carirns soon
f0268294_22381154.jpg


 


[PR]

by magnifika-2 | 2015-07-16 23:41 | クルーズ&船舶 Cruise&Ships