my gallery-2

magnifika2.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 02月 ( 12 )   > この月の画像一覧


2016年 02月 29日

阿寒湖畔の宿 At The Lake Side Hotel



f0268294_17190576.jpeg








f0268294_17174907.jpeg








f0268294_17263298.jpg








f0268294_17272479.jpg







f0268294_17135117.jpg







f0268294_17130851.jpg









f0268294_17100460.jpeg


摩周湖とは打って変わって阿寒湖は全面氷結。カラフルなワカサギ釣りのテントが並び、毎夜8時に氷上から花火が上がる。湖を真正面に見下ろす部屋の明かりを全部消してぬくぬくとした部屋からガラス越しの冬の花火を眺める。戸外は−10度以下の世界。

Lake Akan froze with many vacationers playing on it. Some were fishing under the colourful tents through a drilled hole, and others ice-skating or just taking a walk on the Lake. The outdoor temperature of the day was around -10 ℃ (14℉).

They give a display of fireworks on the Lake every night for tourists at 8 o'clock. It is something very fantastic to see fireworks on the frozen lake in the winter white.







[PR]

by magnifika-2 | 2016-02-29 19:48 | 国内 Domestic Trips | Comments(4)
2016年 02月 28日

摩周ブルー Clearest Mashu Lake



f0268294_16404851.jpg









f0268294_16451544.jpeg










f0268294_16423835.jpg







f0268294_17241520.jpg


弟子屈町に近づくにつれ、とある感慨が記憶の中から湧き出てきた。相撲好きだった亡父が、「大鵬という素晴らしい横綱は北海道の弟子屈という町の出身で、、、」と話していたことを思い出したのだ。知らない町が突如個人的に結びついた瞬間だった。摩周湖はその弟子屈町にある。この日は霧もなく、摩周ブルーが雪に抱かれてサファイアのように眼下に広がっていた。

    摩周湖は、北海道川上郡弟子屈町にある湖。日本でもっとも、世界ではバイカル湖についで2番目に透明度の高い湖である。2001年には北海道遺産に選定された。急激に深くなっていることとその透明度から青以外の光の反射が少なく、よく晴れた日の湖面の色は「摩周ブルー」と呼ばれている。 ウィキペディア
    面積: 19 km²
    水面標高: 351 m
    最大幅: 6 km
    平均水深: 138 m
    周囲長: 19.8 km

    'Lake Mashū is surrounded by steep crater walls 200 metres (660 ft) high. It has no significant inlets and no outlet. The lake is one of the clearest in the world and one of the deepest in Japan. On August 1, 1931 the transparency of the water was measured at 41.6 metres (136 ft). Lake Baikal was measured around the same time measured 40.5 metres (133 ft). This is the lake's claim to clearest in the world. Since the 1950s the transparency has tended to range between 20 and 30 metres (66 and 98 ft). The loss in transparency is probably due to the introduction of sockeye salmom and rainbow trout into the lake and landslides. At the same time, the clarity of Lake Baikal has not been measured.' quoted from Wikipedia





[PR]

by magnifika-2 | 2016-02-28 16:54 | 国内 Domestic Trips | Comments(2)
2016年 02月 27日

一本の古木の中から Out of One Old Tree



f0268294_15335202.jpeg



f0268294_20312427.jpg






f0268294_15373489.jpeg





f0268294_20324309.jpg






f0268294_20334965.jpg






f0268294_20353121.jpg







f0268294_15434682.jpeg




f0268294_20115113.jpg
JBL Paragonスピーカーの棚の上に居たフクロウ




f0268294_23041642.jpg
JBL Paragon


道東で二つの宿にお世話になったが、そこにディスプレイされていた美しい作品群に今まで持っていた北海道木彫のイメージが根底から覆され、自分の無知を恥じた。中でも瀧口政満氏の作品に魅かれた。人づてに阿寒湖アイヌコタン村の同氏の、「イチンゲの店」をたずねたりした。しかし瀧口氏はこのところ体調優れず、店は閉じていた。


瀧口政満 (1941年2月18日~)

『中国・瀋陽生まれ。1960年、東京教育大学教育学部(現・筑波大学)高等部卒業。1963年一人旅で北海道を訪れた際、阿寒湖畔の土産物店の店先でアイヌの青年が木彫りをしている光景を目にし、その活気と技術・迫力に感激し東京での仕事を辞めて北海道に渡ることを決意。1967年に阿寒湖畔へ移住し、木彫り彫刻家として活動を始める。以降、1987年釧路新聞社芸術賞、1989年北海道ろうあ連盟福祉大会文化賞、1991年厚生大臣賞、2000年北海道知事賞を受賞。

幼少時、肺炎による高熱で難聴となっているため、木の声に耳を傾けると評される。流木や埋もれ木を好んで彫刻材料として使用し、木本来の生命力・暖かみを活かした作風が特徴。北海道の大自然やアイヌの文化を取り入れた作品が多い。』ウィキペディア

Masamitsu Takiguchi (18 Feb. 1941~ ), wood sculptor, of Hokkaido, who had been attracted by the technique and vivid power of native Ainu people's wood carving, and moved to Hokkaido to learn from them. He soon gained fame as sculptor and won many prizes.







[PR]

by magnifika-2 | 2016-02-27 20:38 | 国内 Domestic Trips | Comments(2)
2016年 02月 26日

雪あそび Playing In The Snow

f0268294_19320161.jpeg




f0268294_19330603.jpeg





f0268294_19341877.jpeg
幼い頃の冬のあそびの原型がここにはある。馬車にも乗れたし、子の日に返ってはしゃいだ時間。でも、また骨折しないように気を付けないと、、、

Here in Hokkaido, I found myself back to the days of a child in the winter time. Other than the above photos, I enjoyed a horse-carriage ride on the snow.









[PR]

by magnifika-2 | 2016-02-26 21:16 | 国内 Domestic Trips | Comments(0)
2016年 02月 22日

キタキツネ Ezo Red Fox

個体No.1

f0268294_18472617.jpeg




f0268294_18465212.jpeg




個体No.2
f0268294_18502830.jpeg







個体No.3
f0268294_20164615.jpg








f0268294_20153833.jpg





広い北海道の雪原をトコトコと歩くキタキツネを車上から何度も目にした。慌ててカメラを構えても後の祭り。これはたまたまおさめることができたラッキーなショット。野生の生物を見るだけで、なぜか心がさわぎ、旅が豊かになった気がするのは私だけではないと思う。

Several times, we happened to see an Ezo red fox walking alone on a vast snow-covered land of Hokkaido from the running car. Whenever I picked up the camera hurriedly, it was too late.
These are, therefore, of the very lucky moments for me.



キタキツネ(Wikipediaより引用要約)

日本では北海道・樺太および周辺島嶼に生息する。本州・四国・九州に生息するホンドギツネよりも全体的にやや大きく、耳の裏と四肢の足首の部分が黒い。 大陸系のアカギツネと相似点が多い。

北海道の平地から高山帯まで、広く生息している。ネズミエゾユキウサギ鳥類昆虫などを主に食べる。秋には果実や木の実も食べる。土手などに穴を掘り、巣穴とする。春先に子どもを産み、秋にかけて雌が育てる。雄は単独で行動し、子育てはしない。 近年、青森県でもたびたび目撃されるようになり、青函トンネル内の監視カメラなどに映っていることから、55km以上もあるトンネル(内部は通年気温20℃、湿度95%)を通ってやってきていると考えられている。青森県で見られるようになったのも、青函トンネルが完成してから。同様にエキノコックス(寄生虫)も青森県で確認されている。


編集


[PR]

by magnifika-2 | 2016-02-22 20:22 | 国内 Domestic Trips | Comments(0)
2016年 02月 20日

「網走」と言ったら、、、Can't Talk About Abashiri wit1hout ,,,

f0268294_13044194.jpeg
赤煉瓦の奥の施設が刑務所 The Prison behind the brick walls





f0268294_13110088.jpeg
網走川にかかる赤塗りの橋 The only one bridge to the other side




f0268294_13533014.jpeg
右側の山裾全体が刑務所 The prison at the foot of the mountains on the right side.


網走番外地というと法務省矯正局網走矯正管区網走刑務所。この町の名を最も印象付けている施設ではないだろうか。

網走湖から流れ出る網走川が網走港に注ぐおよそ5kmの間、川向こうは山を背にした刑務所以外の建物はない。ひところは極悪犯が収監される施設として名を馳せていたが、現在は軽微な犯罪者も多く一般のイメージとは異なるという。木材の豊富な土地ゆえ収監者たちに木工技術を指導し、できた製品を安価で一般に販売するという策によって、出所後の就職に繋げているという。

しかし再犯を繰り返してもこの施設に戻ってきたい犯罪者も多いそうだ。というのも作業に従事するとわずかながら日当がもらえ、それは出所時まで積立てられて出所時現金で渡されるという。3食賄ってもらえる上に、洗濯は自分でする必要はなく、何より冬のフル暖房が魅力なのだという。日本ひろしといえども暖房完備されている刑務所はここだけですから、と刑務所で囚人たちに小学校低学年の基礎教育を指導している方から、以上の話と合わせて直接伺った。

この町では刑務所を舞台に映画出演した高倉健さんに会ったり交友したりした人たちに会うことも少なくない。どの人もその人となりを嬉しそうに話してくれる。


Most Japanese people know what "Abashiri unnumbered quarter" is. It is a prison that used to be the institution of the most hideous criminals. Some Japanese movie starring late Ken Takakura had made its name very popular.

The prison is situated on the other bank of the Abashiri River with high mountains behind, connected to this side with only one red painted bridge. Prisoners can cross it only twice, once when they go in, and go out for the second time after finishing the term.

The prison now plays a role of reformatory by giving them essential education of primary school, training them for making wooden furniture and other products which sell to the public once a year at the open house day. Hokkaido is a land of wood and timbers.



[PR]

by magnifika-2 | 2016-02-20 13:14 | 国内 Domestic Trips | Comments(0)
2016年 02月 19日

青いビール & 赤いビール Blue Beer & Red Beer

f0268294_15295145.jpeg



f0268294_15303244.jpeg



f0268294_15310531.jpeg

網走で飲んだ「流氷ドラフト」という名の季節限定ビール。網走ビール製造。
初めて見るサファイア色のビール。オホーツク海の流氷を使用しているという。キリッとして飲みやすい。でも上顎の奥に残る従来のビールにないかすかな香り?一体何かしら、、、後にこれは着色のために使用したクチナシと知る。

そして結局1ダース買い込んだのは、「ハマナスドラフト」と銘打った赤いビール。ルビーレッドはハマナスの実、つまり「ローズヒップ」の色素とのこと。またチケットのデザインに何時もころっと参るたちの私は綺麗さに魅かれてしまった。味はきりりとした中にもほのかにやさしい媚がありバカラのグラスにもよく似合う。

Beer named "Drift Ice Draft" limited to the winter time is the product of Abashiri Brewery Co. is saphire blue. It is made from Okhotsk drift ice. The colour comes from gardenia they used.

Another beer of the same brewery is ruby red. They used Ramanas rose hips.
Its ticket is so colouful and attractive I bought a dozen. It tastes elegant and goes nicely with Baccarat glasses.











[PR]

by magnifika-2 | 2016-02-19 15:32 | 国内 Domestic Trips | Comments(3)
2016年 02月 18日

流氷の天使 The Angel of Drift Ice sanpo

f0268294_14533709.jpeg





f0268294_15020073.jpeg






f0268294_15033087.jpeg

冬の海でしかお目にかかれないクリオネ。凍てつく海に入らずともみせてもらえるのは紋別港近くの「オホーツクタワー」や 網走天都山の「オホーツク流氷館」。1センチにも満たない花びらのような天使を水槽内に見ることができる。

The creatures named Clione float only under the ice-cold sea water during winter only. They are tiny little angels ( tinier than 1 cm). You do not have to scuba dive under thick ice. They keep ones in glass tanks at the Okhotsk Tower near Monbetsu Harbour and the Okhotsk Ryu-hyo Museum in Abashiri.



[PR]

by magnifika-2 | 2016-02-18 15:05 | 国内 Domestic Trips | Comments(0)
2016年 02月 18日

網走港の幸運 A Luck of Abashiri Cruising

f0268294_00175302.jpeg



f0268294_01070898.jpeg




f0268294_01084923.jpeg



f0268294_01110313.jpeg



f0268294_01121252.jpeg

2日目、今日も流氷はないとの情報で、半ば諦めながら網走港のオーロラ号で海に出る。すると白い帯状の流れが遠くからやってきてやがて船の周囲を埋め尽くす。この辺りの人はこの程度の流氷を「蓮の葉流氷」と呼び「流氷」の内に入れていないようだが、私は美しく陽の光を反射して光る氷の流れに狂喜する。流氷たち、遠いアムール川からようこそ!

On the second day of my drift ice watching trip, my partner and I took an "Aurora" cruise from Abashiri Harbour with little possible hope to see drift ice. But after cruising some 40 minutes, we saw a white long stream approaching toward the ship and soon we found us sailing in it. It was not as gorgeous and gigantic as the local people call "drift ice", but I was very happy with the beauty of the drift. They call this kind "lotus-leaf drift ice" here. Welcome all the way from the Amur River.









[PR]

by magnifika-2 | 2016-02-18 01:12 | 国内 Domestic Trips | Comments(0)
2016年 02月 15日

北の国から A Post From The North




f0268294_22013923.jpeg
紋別港の海面







f0268294_22093256.jpeg




f0268294_22114679.jpeg




f0268294_22183533.jpeg
サロマ湖




f0268294_22211240.jpeg
網走湖


流氷を見たくて今朝羽田を発ち紋別へ。先日まで紋別網走界隈まで流氷がくだってきていたが、気象の変化と共に再び北に戻ってしまい、紋別港のガリンコ号に乗って海に出ても沖合にその姿は見えない。

でも雪に覆われた大地の景色も空気も清冽で、心がどんどん清しくなってゆく感覚がこたえられない。今日は網走泊り。




[PR]

by magnifika-2 | 2016-02-15 22:23 | 国内 Domestic Trips | Comments(0)