my gallery-2

magnifika2.exblog.jp
ブログトップ

タグ:バガン Bagan ( 11 ) タグの人気記事


2014年 08月 14日

49. バガン エーヤワディー川クルーズ Ayeyarwady River Cruise, Bagan 

川面からも見えるパゴダ群 / The view of Bagan with a lot of pagodas from the cruise boat

f0268294_00102888.jpg



エーヤワディー川のほとり / On the river bank of the Ayeyarwady River

f0268294_00105916.jpg


f0268294_00110301.jpg

並べられているのは家庭用水瓶。上水道の整備されていないこの地では多くの家庭が川からこの大甕に生活水を運んで使っている。水汲みは子供もする。

The black pots are used at each home to keep water for living. Most homes do not have running water service. Even children carry water out of the River.

f0268294_00115417.jpg
f0268294_00121481.jpg

エーヤワディー川は生活の川。ミャンマーを北から南に縦断しこの国の人々の人生に深くかかわってきた川。

The Ayeyarwady River runs the length of Myanmar from the north down to the south and deeply involve the people’s life.

056.gifmagnifikaのブログ1巻へ
056.gifmagnifika's blog Vol. 1

056.gifmagnifika's wordpress blog





[PR]

by magnifika-2 | 2014-08-14 00:13 | クルーズ&船舶 Cruise&Ships | Comments(0)
2014年 08月 09日

48. オールド・バガンは馬車に乗って Touring Old Bagan by Horse Carriage

f0268294_00324105.jpg



f0268294_00330705.jpg



f0268294_00504182.jpg



f0268294_00472846.jpg


f0268294_00454160.jpg


f0268294_00482151.jpg



f0268294_00483866.jpg


f0268294_00374796.jpg


f0268294_00383975.jpg


f0268294_00392303.jpg


f0268294_00393897.jpg



f0268294_00403279.jpg


f0268294_00405132.jpg


f0268294_00411062.jpg


f0268294_00431373.jpg


f0268294_00435465.jpg


f0268294_00444892.jpg


f0268294_00515808.jpg


f0268294_00521934.jpg
ミャンマーの一般交通手段にはまだまだ昔からのものが残っている。馬車もその一つ。また乗り合いバスのように使われるトラックの荷台。時折バスを見かけると、日本から来た中古のものらしく「~温泉~荘」とか「乗降中」とか、日本語のロゴをそのままにして走っている。


写真を撮るとそこには必ずパゴダが映りこんでくるオールド・バガン。タイムスリップしたような埃のたつ田舎の道をゆくには馬車がふさわしい。言葉のほとんど通じない御者とありったけの語彙をあちこちからかき集めてコミュニケーションをとる。御者は自分の村を通るとき、出会う村人と一言二言交わしながら進み、やがて馬を止めると、あれが自分の家と指さす。そこには決して贅沢ではないがつつましやかな温かい生活の空気が流れている。失われた懐かしい空気の中に迷い込んでしまった感がある。


General transportation in Myanmar for personal use varies from that of ours. Horse carriage is like a taxi, and a load-carrying platform of a truck is used as bus. Second-handed imported buses run with logos of Japanese resort hotels or local governments. Sometimes destination plates in our letters are placed upside-down.

In the Old Bagan where it is impossible to take a single photo without pagodas, horse-carriages are just right transportation to tour around the rural villages through a dusty unpaved road. Our driver and I tried to communicate with few common vocabularies on both sides. When he passed through his village, he exchanged greetings and some words with walking villagers. Everybody knew everybody there. Suddenly he pulled the reins and stopped the horse, and said that that was his house pointing at a house surrounded by bamboo-made fences. It was just a simple tropical house, but I felt the peaceful air of his daily life. It looked as though I had strayed into the lost nostalgic air.

056.gifmagnifikaのブログ1巻へ
056.gifmagnifika's blog Vol. 1

056.gifmagnifika's wordpress blog



[PR]

by magnifika-2 | 2014-08-09 01:02 | クルーズ&船舶 Cruise&Ships | Comments(0)
2014年 08月 01日

46. バガンのアーナンダ寺院  Ananda Temple of Bagan

私的メモから/ From my memorandums on Ananda Temple


アーナンダ寺院: 
バガン遺跡最大の美しい寺院。本堂の一辺53m x 53m また67m x 67mともいわれ, 高さ50m 1105年チャンスィッター王建立。東西南北の入り口が設けられそれぞれの方向の入り口の正面に黄金の仏陀の立像が祀られている。

Ananda Temple, a Buddhist temple, is the biggest and said to be the most beautiful temple in Bagan built in 1105 AD during the reign of King Kyazittah. The size is 53m x 53m and 50m tall. The temple houses four golden standing Buddhas, each one facing the direction of East, North, West and South.

f0268294_00361205.jpg
f0268294_00393751.jpg

托鉢僧: 北門からのお詣りが正式とのことで北門より入る。入ってすぐ托鉢の帰りらしい僧と出会う。カメラを見て静かに立ち尽くしていて下さるので慌ててカメラを構える。女性は僧にあまり近づいてはならないと事前になんぞのガイドブックで読んでいたのでご遠慮していたのだが、ありがたいことであった。

A Priest: A formal visit should be through the North Gate. So I did as I was told. At the entrance, a priest approached me in a very friendly manner and posed looking at my camera. I was in a flurry and had the honor of taking photos of him. Before the Myanmar trip I read some guide book which said women must avoid going too close or talking to priests. His natural way of showing kindness made me happy.

f0268294_00391514.jpg

ミャンマーの仏教/信仰: 上座部仏教または小乗仏教 (2つの大きな仏教の流れのひとつ。個人の努力を通して救済を得るという教義に重きを置く)

Main Religion of the Myanmar: More than 90% of them have faith in Theravada (Hinayana) Buddhism, one of two great schools of Buddhist doctrine emphasizing personal salvation through your own efforts and good deeds.

アーナンダ寺院の巨大仏陀立像 フォトは次の投稿で/ Four Standing Buddhas of Ananda Temple whose photos’ coming in the next post :

北の仏陀:倶留孫(くるそん)Kakusandha of the north

東の仏陀:倶那含牟尼(くなごんむに)Konagamana of the east

南の仏陀: 迦葉(かしょう)Kassapa of the south

西の仏陀: 釈迦牟尼(しゃかむに)Gotama of the west

写真家バガン・マウン・マウン Bagan Maung Maung, photographer

f0268294_00404192.jpg



f0268294_00421187.jpg
アーナンダ寺院の北入り口通路わきは民芸品や、土産物屋がたくさん商いをしている。その通路の一角にマウン・マウンのギャラリーがある。写真集を買って帰る。たくさん撮ってきた自分の写真を何枚眺めるより、マウン・マウンの写真集を見れば涙が出そうに美しいミャンマーの心と空気まで自宅で味わえる。


Bagan Maung Maung, photographer:

Along the long north aisle toward the standing Buddha, Kakusandha, many souvenir vendors sell postcards, craftwork, sandals, and what not. Among them, there is Maung Maung’s gallery. His works impressed me so much. I bought his photograph collection book. His several photos tell far more about the heart and even air of beautiful Myanmar than the many photos I took there. They bring Bagan back in to my living room.



タマリンド/Tamarind:

f0268294_00425307.jpg

f0268294_00432911.jpg
北入り口の出店で土地のタマリンドのスナックを買ってみた。キャンディほどの乾燥タマリンドのひねり包みを開けて口に入れるとわずかな酸味の自然の甘味が口の中に広がる。大袋に10個の包みが入っている。その一包みには10コのおひねりが入っている。美味しかったので数袋ホテルのショップで購入してお土産にした。でもホテルでは全く同じものの価格が2倍になるので、タマリンドをお求めの際は町中か寺院前の屋台がよろしいようです。

Tamarind: I bought local dried tamarind snack from a vendor at the North Entrance. It has an unaffected sweet taste with a slight sourness There are 10 packets of 10 twists in a bag. We liked it very much and bought extra bags at the hotel shop for souvenir. But there the price is double of that of vendor’s for the same package. I recommend you to get one from vendors or at a downtown small shop if you are interested.


[PR]

by magnifika-2 | 2014-08-01 00:47 | クルーズ&船舶 Cruise&Ships | Comments(0)
2014年 07月 26日

43. バガン ティリピセヤ・サンクチュアリー・リゾート 夕陽 Sunset at Thiripyitsaya Sancuary Resort, Bagan

f0268294_22440384.jpg

f0268294_22444316.jpg
f0268294_22453308.jpg
f0268294_22460283.jpg
f0268294_22464629.jpg
f0268294_22471642.jpg
f0268294_22473623.jpg
f0268294_22480983.jpg
f0268294_22495489.jpg
ティリピセヤ・リゾートはエーヤワディー川の東のほとりに立地する。つまり川を挟んで西向きなため夕陽の美しさは名状しがたい。恵まれたことに2日続いてドラマチックな日没を眺めることができた。

We saw indescribably beautiful sunset for two consecutive evenings on the other side of the Ayeyarwady River, ex-Irrawaddy River as the Resort faces west on the east side of the river.

056.gifmagnifikaのブログ1巻へ
056.gifmagnifika's blog Vol. 1

056.gifmagnifika's wordpress blog


[PR]

by magnifika-2 | 2014-07-26 22:51 | クルーズ&船舶 Cruise&Ships | Comments(2)
2014年 07月 26日

42. バガン ティリピセヤ・サンクチュアリー・リゾート午後 Afternoon at Thiripyitsaya Sancuary Resort, Bagan

f0268294_21372308.jpg


f0268294_21375034.jpg


f0268294_21380208.jpg


f0268294_21411322.jpg

f0268294_21413717.jpg

バガンではエーヤワディー川に向かって自然の中に佇んでいる「ティリピセヤ・サンクチュアリー・リゾート」に宿泊。広大な敷地に30年前にVIPを迎えるための政府の迎賓館として建設されたこのリゾートは、私たちが宿泊するちょうど1か月前にASEAN外相会議の面々のランチ、ディナーの会場になったと聞く。熱帯の植物の中にコテージの客室が散在。小鳥やリスも住み着いて花々咲き乱れるハイダウェイ。レジャー面では後発国のミャンマーとは思えない。1996年から日本の資本の経営。


早々に観光を切り上げて、プールサイドで無為の午後を楽しむ。無為・・・かな?ジン&トニックを呑んだような・・・


We stayed at Thiripyitsaya Sancuary Resort, Bagan. Here is an excerpt from the Resort site on how attractive it is:


“Bagan Thiripyistaya Sanctuary Resort is situated on the banks of the Irrawaddy, Myanmar’s river of history and legend. The Resort sprawls over 24 acres of landscaped gardens, which is home to mature tropical trees and flowering plants, as well as native birds and a number of small tame animals. Every morning our gorgeous peacocks, Myanmar’s national bird, go for a walk in our garden. Oriented towards the west, the Resort revels in panoramic river views, glorious sunsets and silver moonglow, and a pervading atmosphere of profound peace, warmth and comfort. “


It was literally as wonderful a hideaway as was mentioned. We cut our sightseeing short and spent an idle afternoon on the pool side.

magnifikaのブログ1巻へ
magnifika's blog Vol. 1


[PR]

by magnifika-2 | 2014-07-26 21:46 | クルーズ&船舶 Cruise&Ships | Comments(0)
2014年 07月 25日

41. バガンの漆器工房 Bagan’s Lacquer Ware Workshop

f0268294_23313038.jpg

王宮が栄えたことのある土地には必ずといっていいほど素晴らしい漆器技術と織物技術が残っている。バガンでもいにしえからの伝統技術が今日に繋がり、人々の生活の基盤となっている。

下地:1.バガンの漆器の素地はほとんど竹。節の間が長くしなやかな熱帯の竹は刃物で薄く加工されると様々な自在の形状にしやすくなる。

DSC_2729



2.バイオリンの弓や高級ハンドバッグに使われる馬の尻尾の毛も木型に合わせて編むことで下地の材料となる。この高価な下地の漆器は軽量かつ柔軟性を持つ。

DSC_2730




3. 1,2, で作成した型に刷毛で下塗り用漆を塗り固める。
固まったら刃物で表面を削って滑らかに整える

DSC_1134



4. 表面をなめらかにするための下地塗り

DSC_1135



上塗りと乾燥

下地塗り後、最終の上塗りを丁寧にされた器を工場の階下にある地下室で1週間ほど乾燥。バガンの高い湿度と高温の室は漆を乾燥させるのに最適。

DSC_2733


DSC_1133


箔絵・絵付:

箔絵漆器の絵付は興味深いものであった。黒漆の地を残したい部分にマスキング液を塗っておき、細密かつ複雑な模様を描く。乾燥をして漆を摺り、まだ乾きが完全でないタイミングで金箔を貼る。

DSC_1139



一日ほど置き、完全に乾かない段階でマスキング剤を水洗いしておとす。洗い流した水が黄色いのはマスキング液がこの色をしているからである。洗いで漆黒が現れると金の模様が鮮やかに浮き上がる。模様を線彫りする手法もある。

DSC_2737


DSC_2732-1



きれいなプレートを購入 Pretty plates I bought:

DSC_5081


DSC_5086-1


DSC_5089




Wonderful lacquer ware and textile manufacturing remain in the places where kingdoms once flourished. Bagan is no exception. I had a chance to visit one of the lacquer ware workshops. They practiced the traditional ways that seem to have been handed down generation to generation. The photos above is their own process to make products.

magnifikaのブログ1巻へ
magnifika's blog Vol. 1


[PR]

by magnifika-2 | 2014-07-25 23:31 | クルーズ&船舶 Cruise&Ships | Comments(0)
2014年 07月 19日

40. 砂絵 ティローミインロー寺院にて Sandpaintings at Htilominlo Temple, Bagan

f0268294_00095795.jpg

f0268294_00102565.jpg


ミャンマーの土産品のひとつに砂絵がある。巧拙はあるものの幸福を招く縁起の良い図柄が好まれる。あちこちで販売されているが、私はティローミンロー寺院の前で地面に並べて売られていた砂絵に心ひかれたので2枚購入した。1つは2頭の象をぐるりと囲んで12支が配された色彩豊かなもの、もう一つは仏足裏で単色に近いもの。中央の千輻輪文を取り巻く副紋も丁寧に描かれていて縁起がいい。頭をつけて礼拝すれば悟りの心が得られ、福徳を招くという、、、ほんとうかしら、などといわず素直に受け入れる心の柔らかさをもらうとしよう。合掌


Sandpainting on a cloth is one of the main Myanmar souvenirs that you find any tourist places. Some are not very good, a few on the level of masterpiece. The designs to invite good luck are preferred. I found the merchandise spread directly on the ground by a vendor in front of the Htilominlo Temple beautiful and my taste, and bought two pieces, the colourful one with two elephants circled with the 12 signs of the Myanmarese zodiac and the other of the Buddha’s footprints in rather monotonous colour. Somebody told me that worshiping Buddha’s footprints by putting your forehead touching them would lead you to enlightment and a peace of mind. True? Just stop questioning, magnifika, and be a good girl to accept what is said good! lol

magnifikaのブログ1巻へ
magnifika's blog Vol. 1



[PR]

by magnifika-2 | 2014-07-19 00:11 | クルーズ&船舶 Cruise&Ships | Comments(0)
2014年 07月 17日

39. バガンのティローミインロー寺院 Htilominlo Temple, Bagan


f0268294_20185709.jpg



f0268294_20191553.jpg



f0268294_20195533.jpg


f0268294_20203304.jpg



f0268294_20205127.jpg



f0268294_20211341.jpg


f0268294_20213011.jpg



f0268294_20223525.jpg



f0268294_20225138.jpg



f0268294_20231318.jpg



f0268294_20232857.jpg



f0268294_20241040.jpg


f0268294_20242652.jpg


f0268294_20245245.jpg


f0268294_20251364.jpg
寺院を一歩出ると周囲は・・・オールド・バガン独特の風景


ティローミインロー寺院:

正確にはオールド・バガンとニャンウ―の間にある寺院。高さ47m、赤みを帯びたレンガ造り。シュエジゴーン・パゴダと趣を異にしている。ちなみにパゴダは「仏塔」であり、寺院は参拝できるお寺さん、僧院は「修業僧」が常住している建物をいう。ティロ-ミインロー寺院は僧院も兼ねている。バガン王朝の8代目王ナンダウンミャー王が継承記念に1215年に建立。先王が5人の王子の中から継承者を選ぶ際、白い傘が倒れた方向の王子を選んだためナンダウンミャー王は「ティロ-ミインロー」すなわち「傘の王」と呼ばれる。東西南北四方向にそれぞれ巨大な仏像が傘に守られて衆人を見下ろしなさっておられる。


Htilominlo Temple:

Strictly speaking, Htilominlo Temple is located between Old Bagan and Nyaung U. It rises up as high as 47 meters and is built with red bricks. It has a monastery upstairs. There are four huge Buddhas facing each direction with umbrellas on both sides.

The temple was constructed by King Nandaungmya in 1215 commemorating that he became the 8th king of Bagan Dynasty. When his father king chose a successor out of his five sons, he used an umbrella so that it would fall and point at a next king to be. It fell and pointed at Nandaungmya. That is why he is still called King Htilominlo which means "King Umbrella"


[PR]

by magnifika-2 | 2014-07-17 20:34 | クルーズ&船舶 Cruise&Ships | Comments(0)
2014年 07月 14日

37. ミャンマー: オールド・バガン Old Bagan, Myanmar

f0268294_21002600.jpg


f0268294_20573592.jpg

f0268294_21013645.jpg

f0268294_20583544.jpg

f0268294_21100978.jpg

エーヤワディー川(旧称イラワジ川) Ayeyarwady River

f0268294_21123538.jpg


バガン (旧名 パガン)は9世紀から13世紀までパガン王国の都であった。最盛期にはイラワジ川東岸のパガン平野だけでも10,000もの寺院、パゴダ、僧院が建てられていたという。今でもその数3000弱ほどが残存しほとんどが朽ちるままにバガン平野の原野に放置されている。しかしその風景がまた旅人には何とも素晴らしく網膜を通し脳の貴重品倉庫に保管されることになる。


現在、オールド・バガンと呼ばれるようになったこの地域は世界3大仏教聖地(アンコールワットボロブドールと共に)の一つに挙げられている。ところが、上記二大遺跡が世界遺産に指定されているのに対し、考古学的にも貴重な遺跡群でありながら、バガン遺跡は指定に至っていない。その理由が寺院やパゴダを歩くうち、見えてくる。観光客を呼び込もうと軍政時代におこなわれた修復が、新素材のコンクリートで行われていたり、平野のど真ん中にアスファルト道路を造ったり、バガンタワーと称する醜い展望タワーを築いたりと、専門家でなくともギクッとするような数多くの問題点がネックとなっているらしい。


しかし世界遺産であろうとなかろと私は頓着しない。はるばるここまで来ることで亡き姉たちの不在を自分に納得させたい気持にかられて訪れた地である。ここでバガン平野やヒマラヤの南に端を発するエーヤワディー川(旧称イラワジ川)の流れを眺めているだけで久遠の時の流れの中に帰って行った魂たちをようやく穏やかに彼の地に返そうという気持ちになったから不思議である。8月には一番上の姉が逝って一年になる。


Bagan was the capital of the Kingdom of Bagan between the 9 th and 13 th century. They constructed over 10,000 religious monumentts as stupas, temples and monasteries in the Bagan plains on the east bank of the Irrawaddy River during the flourishing days. A little fewer than 3000 have survived. Their views come into our precious drawer in the brain through retinas.

The area is now called Old Bagan, and one of the three biggest Bhuddism sacred places together with Angkor Wat, Cambodia, and Borobudur, Indonesia. Both Ankor and Borobudur are designated as the UNESCO World Heritage Site, but Bagan failed. Specialists were aghast at the restoration conducted under the military ruling intending to invite more international tourists. They used modern materials, made a paved highway through the historic area and a high-rise watch tower. That resulted in the failure.


That is, however, not important to me. The view of Old Bagan and the Ayeyarwady River gave me a solution to accept my loss of the eldest sister. It followed my second elder sister's sudden death. I had sought for help to accept the losses. It is a wonder, though, that I felt I must return their souls to the flow of eternity while looking at the desolate fields and pagodas of Old Bagan, and the Ayeyarwady River that starts flowing from the Himalayas.


The first anniversary of my eldest sister's death comes in August.


[PR]

by magnifika-2 | 2014-07-14 21:17 | クルーズ&船舶 Cruise&Ships | Comments(0)
2014年 07月 13日

36. バガン・ニャンウーの市場 Nyaung U Market, Bagan

f0268294_01392197.jpg

f0268294_01395277.jpg

f0268294_01411692.jpg

f0268294_01412584.jpg

f0268294_01413655.jpg

f0268294_01414139.jpg


f0268294_01414515.jpg

(さて、そろそろ上高地から再びミャンマーの古都バガンに、話を戻すこととします。)


ヤンゴンから眠気の中ニャンウ―空港(バガン)到着。朝のニャンウーマーケットをまず訪れる。人々は男女とも民族服の腰布ロンジー(男性用パッソウー/女性用ダメン)をまとい、顔には日焼け止めの「タナカ」(フォト1.日本に多い姓と同じ発音)を塗っている。ロンジーは公立校では大学生まで制服に指定されているとのこと。

「タナカ」はミカン科の木でこれを粉末状にしたものを水で溶いて塗布する。日焼け止めだけでなく香りもよく、体の熱を取ってくれる上、ニキビなどにも効用があるのだそうだ。乾くとベビーパウダーのようにさらりとして心地よいと聞く。市場ではフォト1のように量り売りで販売していた。

(Now it is time for me to get back to my Myanmar trip, restarting from Bagan, once an ancient capital of the first Kingdom of Myanmar.)

Half sleeping through from Yangon, we arrived at Nyaung U Airport, Bagan, and visited the Nyaung U Market. The market is full of local food, craft works, and women’s energy. People of both sexes wear their traditional longyi not only here but all over the country. The government designate longyi as uniform of the students of public schools and universities. The hot and humid Myanmar climate all through the year has made the most appropriate costume developed. I purchased pretty longyi at the Market.

They also put natural cosmetic called “thanakha“(photo 1), white powder added with water to paste, on their face for sun protection. The ingredient from mandarin orange family is also effective in cooling your skin, and against pimples. In the Market, they sell powder by weight.

フォト 2.  市場には幼い子供をあやしながら商いをしている女性たちが目立つ。美しい親子。ネットに載せる許可を身振り手振りで依頼し了解を得る。

Photo 2.
It was prominent at the Market that many women kept shops holding a baby or taking care of their children at the Market. I stopped by at one beautiful mother and her child. She allowed me to take photos and I got a permission to put one of them on my blog after an effort of some gestures.

フォト 3
 Magのロンジー (左:晴れ着用 右:日常用) / Photo 3. Mag’s longyis (Left for special occasions, right for daily use)


[PR]

by magnifika-2 | 2014-07-13 01:53 | クルーズ&船舶 Cruise&Ships | Comments(0)