my gallery-2

タグ:上高地 Kamikochi ( 11 ) タグの人気記事

再び6月の上高地 Back To June Kamikochi

f0268294_22063812.jpeg




f0268294_22124828.jpeg





f0268294_22081801.jpeg



f0268294_22091571.jpeg



嘉門次小屋のイワナ料理 Kamonjigoya's iwana lunch
f0268294_22145084.jpeg




f0268294_22160140.jpeg




f0268294_22170065.jpeg





明神池の穂高神社 Hotaka Shrine of Lake Myojin
f0268294_06292161.jpeg




明神池 Lake Myojin
f0268294_06075331.jpeg



有毒植物: レンゲツツジ
The entire plant of Japanese azalea is poisonous.

f0268294_22181481.jpeg




この時期の猿家族は子育てのことが多い。目をそらして素知らぬ顔でいること、またビニール袋の音に反応して襲うのでご用心。
f0268294_22191552.jpeg




f0268294_22200206.jpeg
6月の新緑に包まれた上高地は、どきりとするほど空気が清浄で水が清い。それに嘉門次小屋のイワナの塩焼きをまた味わいたい一心でやってきた。

河童橋から梓川左岸をトレッキングして明神橋を渡り嘉門次小屋に直行。幸いイワナも焼きあがったばかり。見かけは質素だが味は例えようのないほど美味。とにかくこのためだけに往復2時間余を歩行。前回はドイツの男性一人に出会っただけであったが、今回は中国の人、ヨーロッパ系の人、アメリカの人など海外からの訪問者が日本のトレッカーとほぼ同数になっていた。みなさん、日本のトレッカーのマナーに沿うてくれているように見受けた。

Kamikochi in June is very special in its fresh green and purified air. Abandunt water flows down from the high mountains called Japan Alps. There are several trecking courses.




[PR]
by magnifika-2 | 2016-06-13 22:47 | 国内 Domestic Trips | Comments(2)

上高地 植物メモ  Memorandum of Flora of Kamikochi

1)ウマノアシガタ: (Ranunculus japonicus)馬の足形、毛茛、有毒植物 日当たりの良い山野に生える
f0268294_20180345.jpg

2)エゾムラサキ: (Myosotis sylvatica) 花期 5月~7月 野生のワスレナグサ
f0268294_20240577.jpg

3)エンレイソウ: ミヤマエンレイソウ(深山延齢草、学名:Trillium tschonoskii )か?エンレイソウの仲間はいずれもその名のごとく20~50年の寿命 この時は花を終え一粒のみが3枚の葉の中心に鎮座していた
f0268294_20315517.jpg

4)オシダ: (Dryopteridaceae or Onoclea) 夏緑性のやや大型のシダ植物 樹木の下に群生するオシダのおかげで空気がより一層浄化されているかのように感じる。
f0268294_20412171.jpg
f0268294_20431768.jpg

5)キバナノヤマオダマキ: (Aquilegia flabellata var. pumilaIUCN Red List  深山苧環 花期は6~7月 明神付近 秋田県、宮城県、群馬県石川県ではレッドリストの絶滅危惧種 貴婦人を思わせる優雅な花
f0268294_20532886.jpg
f0268294_20535047.jpg


6)クルマムグラ: (Galium japonicum ) 花期5月~7月にかけ、茎先端に白い花。4つの花弁、6枚の葉の車輪のような葉。可憐。
f0268294_20545074.jpg
f0268294_20560915.jpg

7)サギスゲ: (Eriophorum gracile) 一つ一つは小さな穂だが、田代湿原の群落は穂高連峰の景色を一段と際立たせていた。
f0268294_20563844.jpg

8)シシウド: Angelica 花期 8-11月 根は薬として独活(ドッカツ)と呼ばれ、掘り起こした根を洗浄して陰干しし、煎じて頭痛薬や、薬酒、風呂に入れて用いる。アラスカのキーナイフィヨルドのトレッキング時に見たことがある。
f0268294_20574938.jpg
f0268294_20592607.jpg

9)シナノザサ=クマイザサ 通称ノムギ: Sasa senanensis.上高地でも岩が露出しているような急斜面を除き、各所の林内をびっしり覆っている。葉裏に毛が密生してざらつく。「ノムギ 」峠の由来がこの笹だったとは。
f0268294_21001160.jpg

10)シラカンバ: (Betula platyphylla) 東山魁夷画伯の絵画の白馬のように山の景色の中に立ち現れる美人樹木。美智子皇后陛下のお印でもある樹木で気高い気品を備えている。山で手持ちの水に事欠いたらシラカンバの樹液を呑め、と昔誰かが話していた。キシリトールの原料でもあるそうな。
f0268294_21004095.jpg

11)シロバナグンナイフウロ: Geranium eriostemon  花期は6-8月
f0268294_21030819.jpg
f0268294_21044849.jpg

12)ゼンテイカ(禅庭花)または ニッコウキスゲ: (Hemerocallis dumortieri):
あの立原道造のソネットの中で詠われた花。彼は科名「ワスレグサ」でこの花を登場させている。実は我が家にも園芸種がある。
f0268294_21054876.jpg
f0268294_21060701.jpg

13)タガソデソウ: ( Cerastium pauciflorum var. amurense) 古今集の歌「色よりも香こそあはれと思ほゆれ 誰袖ふれし宿の梅ぞも」にちなむ、とガイドのY氏から教えていただく。RDB(絶滅危惧II類)VU指定。日本では長野、山梨の山地にのみ自生すると聞く。楚々とした可憐な花である。
*VU=Vulnerable 「絶滅危惧II類(VU)絶滅の危険が増大している種」
f0268294_21070449.jpg
f0268294_21072622.jpg
f0268294_21073996.jpg

14)ツマトリソウ: 花期は6-7月 先端の葉腋から花柄を伸ばし、白色の花を上向きにつける。花冠は7弁に分かれて咲き、和名の由来は、花弁の先端に淡い紅色の縁があり、その色の入り方が鎧の威色目の一つである褄取りに似ているためという。
*「威色目」(おどしいろめ)
アラスカ キーナイフィヨルドでも写真に収めたことがある。アラスカと上高地が私の中で植物の種で結びついた面白い瞬間だった。
f0268294_21081539.jpg
f0268294_21084117.jpg

15)テキリスゲ: (Carex kiotensis) 山間部に生育 開けた場所に多く、特に撹乱をうけた場所や、湧き水のところに出るというが、林道わきの水の出る場所に大株が多数見られた。
f0268294_21091580.jpg

16)ドロヤナギ:(Populus suaveolens)上高地の梓川沿いには健やかに伸びたドロヤナギが多いが木質が柔らかいので用途は限られているという。
f0268294_21095767.jpg

17)ニセカンバ=ダケカンバ 森林が何らかの理由で破壊されたあとに真っ先に明るい場所に生えて成長が早い樹木。樹皮がシラカンバに比べ赤茶色がかっている。シラカンバの葉には光沢がないが、ニセカンバの葉には光沢がある。これはその2種が隣り合っているフォト
f0268294_21104406.jpg

18)ベニバナイチヤクソウ: (pyrola) 花期は6-8月上旬 薬草---利尿、脚気 栽培は難しい(寄生植物)アラスカ・キーナイフィヨルドへの山道沿いにも群生。
f0268294_21123597.jpg
f0268294_22410489.jpg

19)マイヅルソウ: (Maianthemum dilatatum, snakeberry, two-leaved Solomon's seal or false lily of the valley)

2枚のハート形の葉をつける。花期は5-7月 雲霧環境好みの植物なので上高地はさぞ住み心地がよかろう。根と葉は薬品に、実は時に食される。日陰や湿気に強いのでガーデニングのグランドカバーとして人気が出ているという。

f0268294_21134450.jpg


20)ミヤマカラマツ: (T.filamentosum Maxim) 花期: 5~8月 標高の高い亜高山にまで見られるのが「深山唐松(みやまからまつ)」

f0268294_21144069.jpg

21)ラショウモンカズラ: (Meehania urticifolia) 山地の林内の湿った場所や渓流沿いに自生。ガイドのY氏によると「源頼光の家来であった渡辺綱が羅生門に棲み着く鬼退治の折切り落とした鬼女の腕に花を見立てて命名した」とのこと。私には紫色の金魚のように見えて、おどろおどろしさは感じられなかったが・・・
f0268294_21153397.jpg
f0268294_21155039.jpg

22)レンゲツツジ: (Japanese azalea) 全木にジテルペンのグラヤノトキシン(grayanotoxin), ロドジャポニン(rhodjaponine)などの痙攣毒を含み、呼吸停止を引き起こすこともある。花の蜜を子供がたわむれに吸ったりすると危険なので覚えておきたい。
f0268294_21162234.jpg
f0268294_23420480.jpg
f0268294_21165545.jpg
072.gif 植物名と写真の一致の信頼性は100%ではないと感じながら、私的メモとしてまとめました。誤りにお気づきの向きはご指摘いただければ嬉しく存じます。

072.gif 上高地ガイドのY氏、そして細やかなアテンドをしてくださったH嬢に心からお礼申し上げます。素晴らしい一日をありがとうございました!







[PR]
by magnifika-2 | 2014-07-08 21:45 | 国内 Domestic Trips | Comments(2)

上高地 明神池 Lake Myojin, Kamikochi

f0268294_20422343.jpg

一の池と明神岳 / The first lake of Myojin & Mt. Myojin


f0268294_20424780.jpg

f0268294_20423716.jpg

f0268294_20423391.jpg

二の池 / The second lake of Myojin


f0268294_20425601.jpg
梓川左岸 明神橋を渡る手前から撮影 / Mt. Myojin photographed on the left bank of the Azusa River before crossing Myojin Bridge

明神池は実は池畔の穂高神社の私有地内にある。鳥居をくぐり小さな入り口の窓口で御朱印などお願いし、いよいよトレッキングの目的地明神池にたどり着く。


非常に神秘的で人の精神を集中させる雰囲気を持った一帯である。「神降地」とも言われるそうで、池からきりりと立ち上がった明神岳からの伏流水が透明な水を満々とたたえている。大空とともに水面にまるでもう一つの明神岳があるかのようにその姿を映じている。一の池と二の池がある。後者はまるで人の手になる日本庭園のようだが、完全なる自然のなせるわざだという。


Lake Myojin is actually in a private estate owned by Hotaka Shrine. We went through under the torii gate to our today’s trekking destination.

Lake Myojin is at the strait foot of Mt. Myojin, and full of transparent underground water from Mt. Myojin all through the year. The lake reflects the sky and Mt. Myojin as if another Mt. Myojin is there. There are the first lake and the second lake.
The second lake is like a human-designed Japanese garden, but it is a complete creation of the nature. The area has a very mystic atmosphere to bring us to spiritual concentration.


[PR]
by magnifika-2 | 2014-07-05 20:49 | 国内 Domestic Trips | Comments(0)

上高地 明神池嘉門次小屋  Kamonji Mountain Hut of Lake Myojin, Kamikochi

f0268294_12202688.jpg
嘉門次小屋の大きな炉端、鉄瓶の大きさにびっくりする。/ Kamonji-goya's (Goya means hut.) Japanese traditional fireplace called Irori with a big heavy iron kettle and skewered Iwana fish being grilled around the fire


f0268294_12205596.jpg
嘉門次小屋: 有名な4代目御当主上條 輝夫氏 / Mr. Teruo Kamijo, the fourth master of the Kamonji Mountain Hut, a well-known figure

f0268294_12263543.jpg
f0268294_19070701.jpg

嘉門次小屋の岩魚 / Iwana fish of Kamonji-goya

f0268294_19084461.jpg
河童橋から梓川左岸に沿って徒歩一時間余で明神橋を渡り、しばらく行くと宮川とよばれる澄み切った流れがある。そのほとりに嘉門次小屋はあった。日本近代登山の父と言われるウエストンのガイドとして高名な上条嘉門次氏が1880年に建てた山小屋。現在の御当主は四代目上條 輝夫氏。嘉門次小屋 は国の登録有形文化財に指定されている。

今も宿泊や食事のできる明神池ちかくの名所であるが、私にとってはおいしい魚のランキングを大きく書き換えた食事処。こちらのイワナの炉端焼きをいただいたらギッド・ルージュなんぞ褪せてくる。


A little over one-hour walk from Kappa Bridge took us to Myojin Bridge occupied by monkeys. Soon we saw an old mountain hut on the bank of a small river with an abundant flow of clear water, the Miyagawa River. You will not recognize, if not told, that it is a registered tangible cultural property of Japan. The hut, Kamonji Goya, was built by Mr. Kamonji Kamijo, a famous Kamikochi mountainguide, in 1880. Many mountaineers believe with respect that he and Mr. Walter Weston, an English clergyman and a missionary, established Japan’s sport mountaineering.

Now Mr. Kamonji’s great-grand son, Mr. Teruo Kamijo, succeeds and maintains the hut as a lodge and restaurant of local river fish. After having simple lunch of Iwana fish here, the “Guide Rouge” faded away in me. It was super indeed.




[PR]
by magnifika-2 | 2014-07-05 12:28 | 国内 Domestic Trips | Comments(2)

上高地 明神池トレッキングアルバム 出会い編  An Album of aTreck to Lake Myojin, Kamikochi: Encounter Chapter sanpo

f0268294_21031510.jpg
                 「おいらたちの橋」

f0268294_21052958.jpg

f0268294_21083757.jpg
f0268294_21200034.jpg

f0268294_21084204.jpg

f0268294_00002823.jpg

f0268294_21104542.jpg

f0268294_21102972.jpg

f0268294_21110530.jpg
さまざまな鳥や動物に出会いましたが、クマに出会わなかったのは幸いでした。でも先ほどまでと思うような大きな足跡を川辺に見たときはぞっとしました。/ We saw many birds and animals in the wood, but were lucky we did not run into a bear although we saw its big fresh footprints on the river bank.





[PR]
by magnifika-2 | 2014-07-03 21:15 | 国内 Domestic Trips | Comments(2)

上高地 明神池トレッキングアルバム 木漏れ日編  An Album of aTreck to Lake Myojin, Kamikochi: Lights & Shade Chapter

f0268294_21032459.jpg


f0268294_21041032.jpg

f0268294_21055825.jpg

f0268294_21065392.jpg


f0268294_21071499.jpg
シナノザサ 通称ノムギ 「ああ、野麦峠」の「野麦」は実はこの笹のことと初めて知りました!

f0268294_21043943.jpg







[PR]
by magnifika-2 | 2014-07-02 21:10 | 国内 Domestic Trips | Comments(0)

上高地 明神池トレッキングアルバム 水編  An Album of aTreck to Lake Myojin, Kamikochi: Water Chapter

f0268294_22204420.jpg
f0268294_22202881.jpg
f0268294_22202096.jpg
f0268294_22200373.jpg
f0268294_22195107.jpg
散策時間参考図

[PR]
by magnifika-2 | 2014-07-01 22:22 | 国内 Domestic Trips | Comments(0)

上高地 河童橋 Kappa Bridge, Kamikochi


f0268294_22202871.jpg

f0268294_22203903.jpg

f0268294_22204405.jpg

f0268294_22264601.jpg
河童橋から穂高連峰を望む Hotaka Mountain Range viewed from Kappa Bridge
この辺りの梓川沿いはケショウヤナギの緑が美しい The beauty of green willow trees along the Azusa River is very special about this area.



シーズンの上高地で一番賑やかになる界隈。シーズンには写真を撮っても知らない人が大勢映りこんでくるとか、、、しかしこの日はまだフォトでご覧になる程度。小説が先だったと思う向きもあるが芥川龍之介が上高地を訪れ「河童」を執筆したころにもこの河童橋は存在したとのこと。舞台はまさにこの上高地。

よく私のブログを訪れて下さる方の中にもこの名の素敵な女性がおられる。ネットネームの由来をうかがうこともしなかったが、神出鬼没なチャーミングなかたである。そのかたのお噂などしながら、河童橋をカメラにおさめる。

Kappa Bridge is the most crowded area of Kamikochi in the high season. But it was luckily a little before 1.5 million people rush up here as every summer. They say personal photo-taking here is almost impossible and that we end up taking many strangers with you. During winter the resort facilities are all closed.

Ryunosuke Akutagawa’s last novel was “Kappa”. It is a story of a man who was drawn into the Kappa world at Kamikochi on the way to climb Mt. Hotaka. Kappa Bridge already existed when he wrote it in 1927. Some seem to think the bridge is named after his novel, but it is not.


[PR]
by magnifika-2 | 2014-06-29 22:28 | 国内 Domestic Trips | Comments(2)

上高地 田代池・湿原 Tashiro Lake & Wetland, Kamikochi

f0268294_23153651.jpg
田代池からの穂高連峰の眺め / The view of the Hotaka Mountain Range from Tashiro Wetland


てっぺんが雲に隠れているのが奥穂高岳 (3190 m) The mountain of which top covered with cloud is Okuhotaka-dake


その左の岩が天狗岩 The rock on the left of Okuhotaka-dake is Tengu Rock


その左の小さな3角形の頭が間岳 (2907 m) The small triangle head on the left of Tengu Rock is Aino-dake.


更に左の高みが西穂高岳 (2909 m) The high range on the further left is Nishihotaka-dake.


岳沢は、奥穂高の左山の中央の低みから残雪がまっすぐ下に伸びている谷 Dake-sawa Valley still have a white straight snow line between the two high mountains on the right side of Okuhotaka-dake.


更に右に前穂高岳 井上靖の「氷壁」の舞台になった山 (3090 m) On the further right is the famous Maehotaka-dake. It is the stage of Yasushi Inoue’s novel “Ice Crag” or “The wall of ice” based on a real fall accident due to the cut of nylon climbing rope.


その手前にそびえる3つのこぶのある山は明神岳 (2931 m) The mountain with three humps on the right end is Myojin-dake.

f0268294_23152501.jpg
f0268294_23151828.jpg
田代池のサギスゲ群落(6月~7月にかけて満開) 小花が集まり白一色が風に揺られる風景は旅のかけがえのない贈物。/ A big group of Sagisuge, academic name “Eriophorum gracile” at Tashiro Wetland was moving in the soft wind like a spread chiffon veil. That was beyond my wildest dreams.

f0268294_23150478.jpg
f0268294_23113087.jpg
上高地の生活水すべてをまかなっている六百山の清らかな流 / Incredibly transparent cold water out of Roppyaku-san (Mt. Roppyaku) gives Kamikochi more than sufficient supply.




[PR]
by magnifika-2 | 2014-06-28 23:19 | 国内 Domestic Trips | Comments(0)

上高地のホテル Kamikochi Imperial Hotel sanpo

f0268294_10580687.jpg

屋根の向こうに穂高の山並み / Hotaka Mountain Range aka the Japan Alps up beyond my hotel

f0268294_10584551.jpg
ホテルフロント入り口 / Hotel Main Entrance


f0268294_10590428.jpg

部屋のベランダからの焼岳を望む / Mt. Yake viewed from the room deck of the Hotel


f0268294_11001892.jpg

ベランダからの穂高連峰 / Hotaka from the room deck


f0268294_11010674.jpg

夕刻になると薪が焚かれた大きなマントルピースのラウンジに集い、グラスを傾けながらそれぞれの一日を語らう。 / In the evening they kindle a fire in the huge fireplace. Guests gather around the fire and talk about their respective Kamikochi stories of the day over a cup of coffee or a glass.


f0268294_11013166.jpg

庭のテラス側 / The Garden Terrace side


f0268294_11020243.jpg

ホテル裏の道を田代池へ / Walking through the wood from the backyard of the hotel to Lake Tashiro

f0268294_00252657.jpg
例によってまたパートナーのサービング・プレートがコレクションが増えて・・・/ Again, there came another piece added to my partner's collection of serving plates.


[PR]
by magnifika-2 | 2014-06-28 11:02 | 国内 Domestic Trips | Comments(0)