人気ブログランキング |

my gallery-2

しばらく、お休みします










家族の手術の為しばらく、こちらをお休みします。
お訪ねできないことも多くなり失礼いたしますがお許しください。

残暑とコロナに充分お気をつけの上お健やかにお過ごし下さいませ!


しばらく、お休みします_f0268294_21493012.jpeg




タグ:
# by magnifika-2 | 2020-08-24 21:50 | 日常のあれこれ・Tidbits

理にかなった民族服

暑い!とにかく暑い!

郵便受けまで行くのも、、、厭になる。

そうだ、きょうは!
そしてインドにいた時購入したり、いただいたりした、パンジャビドレスを取り出した。

理にかなった民族服_f0268294_15174651.jpeg


機械刺繍とばかりおもっていたら、ふと裏返すと
そこここに指で拠ったノットがあって手刺繍であることに感動。
理にかなった民族服_f0268294_15183672.jpeg

理にかなった民族服_f0268294_15185758.jpeg

インド、パンジャブ地方がオリジンのインド全土で着用される婦人用パンジャビドレス。膝下までの長めのチュニックには両脇に、腰下までのスリットが入っているものもある。丸首で襟はないのが普通。通常色の合う長めのストールを前首元から後ろに向けて羽織る。早足に歩く女性の後ろになびくストールの両端は風に遊ばれ美しい。暑い日差しの時には頭からかぶり日除けにもなる。

履物はチャップルというぞうりサンダル様のものを使用するが近頃都会ではクリスチャン・ルブタンと合わせている人もいる。
理にかなった民族服_f0268294_17034187.jpeg
理にかなった民族服_f0268294_10222569.jpeg



上下セットになっているパンジャビドレスのボトムはゴムではなく、通した長めの輪にした紐でウエストを締める。裾は細目だが腰回りはゆったりしてストレスがない。

気象がここまで大変化をしている今、Tシャツと短パンもいいけれど、もう少し猛暑に対処できると同時に美しい衣類が街を潤してもいいのではないかと。インドの衣類はサリーも然り、風土に合っていてお手本になる。










# by magnifika-2 | 2020-08-21 15:54 | 日常のあれこれ・Tidbits

懐かしき夏 子供の世界 Those Good Old Summer Days-3





懐かしき夏 子供の世界 Those Good Old Summer Days-3_f0268294_00454077.jpeg




懐かしき夏 子供の世界 Those Good Old Summer Days-3_f0268294_00451471.jpeg






懐かしき夏 子供の世界 Those Good Old Summer Days-3_f0268294_00480886.jpeg




懐かしき夏 子供の世界 Those Good Old Summer Days-3_f0268294_16182934.jpeg




懐かしき夏 子供の世界 Those Good Old Summer Days-3_f0268294_11245312.jpeg



お化け屋敷の前

懐かしき夏 子供の世界 Those Good Old Summer Days-3_f0268294_11261188.jpeg



懐かしき夏 子供の世界 Those Good Old Summer Days-3_f0268294_00404338.jpeg



懐かしき夏 子供の世界 Those Good Old Summer Days-3_f0268294_00461732.jpeg




懐かしき夏 子供の世界 Those Good Old Summer Days-3_f0268294_09493479.jpeg






# by magnifika-2 | 2020-08-17 09:58 | 日常のあれこれ・Tidbits

懐かしき夏 ねぶた祭 Those Good Old Summer Days - 2



ねぶた祭

懐かしき夏 ねぶた祭 Those Good Old Summer Days - 2_f0268294_11221554.jpeg



懐かしき夏 ねぶた祭 Those Good Old Summer Days - 2_f0268294_01045277.jpeg



ねぶた祭り最終日 海上運行の花火
懐かしき夏 ねぶた祭 Those Good Old Summer Days - 2_f0268294_11223478.jpeg



懐かしき夏 ねぶた祭 Those Good Old Summer Days - 2_f0268294_15455876.jpeg




懐かしき夏 ねぶた祭 Those Good Old Summer Days - 2_f0268294_00182877.jpeg



竿燈祭り

懐かしき夏 ねぶた祭 Those Good Old Summer Days - 2_f0268294_11214067.jpeg













# by magnifika-2 | 2020-08-17 00:26 | 日常のあれこれ・Tidbits

懐かしき夏 阿波踊り Those Good Old Summer Days-1






懐かしき夏 阿波踊り Those Good Old Summer Days-1_f0268294_11194570.jpeg








懐かしき夏 阿波踊り Those Good Old Summer Days-1_f0268294_11211384.jpeg



















# by magnifika-2 | 2020-08-16 11:30 | 日常のあれこれ・Tidbits

アラブの砂


未成年の頃からアラブと呼ばれる国々のいくつかを訪れる機会に恵まれた。


まだ平和で繁栄していた美しい街ベイルート(レバノン)、(今回の大爆発には驚愕!)
石油の島国バーレーン、
東日本大震災の折地元企業に巨額発注をしてくれたオアシスと乳香の国オマーン、
クレオバトラのエジプト・アレキサンドリア、などなど、そしてエジブト・カイロ。


友人とカイロ市内のシェパードホテルからギザのピラミッドに行ったのは何十年も前、
ホテルでガード兼ガイドをつけてもらい、女友達と2人でタクシーに乗りギザへ向かった。


ギザもこの頃は人はほとんどおらずこの日も私たちだけ。
砂漠感、アラブ感が色濃かった。


ふと当時を振り返るとそこにはラクダに初めて乗った日の私がいた。


何もない砂の丘を30分ほど進み同じほどの時間をかけて戻った。
このときのラクダ使いが、私がその時所持していた大型本の
表紙の人物その人なので驚いた。
遠くにいた他のラクダ使いたちも集まってきて本を囲み大騒ぎとなった。
当人は、日本の出版物の表紙になったとしてその日、仲間たちの英雄となった。


このうちの一冊がこのエピソードの源となった
アラブの砂_f0268294_21093496.jpeg



当時私が所持していた本の表紙

アラブの砂_f0268294_07203954.jpeg




アラブの砂_f0268294_07225749.jpeg



本の表紙と同一人物のラクダ使いと私
アラブの砂_f0268294_00161401.jpeg

本をくれ、とその人は言った。
ごめんなさい、あげられないの、と私は言った。


今となればあげればよかったと思うのだが、その本の巻末に付帯している便利なアラビア語の表現集がまだ数日どうしても必要であった。ようやく探したアラビア語掲載の本。そう、iphoneもipad も無いアナログの時代の話である。人生にはふと後悔を作ってしまう瞬間がある。この時がそれだった。
その人にあげていれば彼の生涯の宝となる本であったろうに。今でも思い出すたび心がちくりと痛む。


砂漠の帰り道、砂が口の中でジャリジャリとした。そこにいるだけでなんでも砂だらけになる時代だった。翌日発熱。ホテルで3日ほど寝込んでしまった。シェパードホテルで医師を呼んでもらい、スープやポリッジを作ってもらってケアを受けた。友人は予定のフライトで帰国。私はヨーロッパ経由の次の便を待った。少女の頃のことである。


その後も、何度かカイロを訪れた。同僚がナイルクルーズ中の船から落ちて行方不明のまま帰らぬ人になるなど、訪れるたび想像を超える出来事にいくつも遭遇した。ルクソール事件はかろうじて逃れた。いろいろ激しいことがあっても何故か明るい茶色の砂の大地に惹かれてしまう。海同様砂漠も多くを内包しているのにそうと語らず広がっているという魅力がある。


トーマス・ロレンスが本国イギリスとアラブの砂の世界の間で生じたアイデンティティの懊悩が私にも少しわかる気がするのだ。



追記:

最近のギザは、人の波でごった返していた。
今はまたCOVID-19で昔のようにしずまりかえっているのだろうか。

5、6年前まではギザから車で1時間弱のダハシュールには
まだ昔が残っていた。その昔の栄華の名残りのピラミッドだけが
ぽつり、ぽつりと数基あるのみ。陸軍基地が隣接しているため
開発もされていない。広い砂漠が広がり風が砂を巻き上げ、
砂粒がびしびしと皮膚を打った。

日本人を含む遺跡発掘隊の現場が遠く蜃気楼のように望める。
この地面の下には繁栄を極めた時代が深く静かに眠っている。


スネフェル王の屈折ピラミッド, ダハシュール


アラブの砂_f0268294_12590308.jpeg



ポケットの隅に収まるほどの小さな石たち
この中にギザもダハシュールも、、、、、

アラブの砂_f0268294_13373226.jpeg







# by magnifika-2 | 2020-08-09 14:17 | 海外 Trips & Travels

アラビアのロレンス



アラビアのロレンス_f0268294_23554585.jpeg
トマス・エドワード・ロレンス     
岩波文庫 中野好夫著「アラビアのロレンス」掲載写真


アラビアのロレンスは映画でその人物を知る人も多い。
映画では、ピーター・オトゥールが実在の人物トマス・エドワード・ロレンスを演じる。ピーター・オトゥールは面差しがロレンス本人によく似ているが身長となると188cmの大男で、ロレンス本人の166cmを優に超える。


少年トマスは遺跡発掘などに興味を持っていたという。その興味は持続しオックスフォード大学では考古学を専攻、学生時代すでにヨーロッパから中東まで旅し、深い地理的、学問的、また恐らく政治的特質の知識を感覚として皮膚の下に取り込んだのであろう。成績は常にトップで卒論も最優秀だったそうだが内省的な青年だったと文献にある。


この蓄積された興味が世界4大文明の地のひとつである中東に向いたのも自然な成り行きだったのであろう。アラブ語に長けて地理にも詳しいことから陸軍省作戦部地図課を皮切りに数々の勲功を挙げ最終的には植民地省中東局アラブ問題顧問としてウィンストン・チャーチルのもとで働いている。


その間、オスマン帝国に対するアラブ反乱支援の人物として名を馳せ、「アラビアのロレンス」と呼ばれ、この闘争を中心に描かれたのが映画「アラビアのロレンス」である。数々の想像を絶するエピソード、例えば炎熱の砂漠で不明になった部下を一人取って返し連れ帰るなど、実際の出来事に基づいている。本人の著書「智慧の七柱」にそれらは記されている。


ロマンが失われた昨今、中野好夫著「アラビアのロレンス」を読み返し再び広大な砂漠のロマンの中に滑り込んでみた。トマス・エドワード・ロレンスは私を魅惑してやまない。



# by magnifika-2 | 2020-07-27 00:06 | 海外 Trips & Travels

久々の陽光のもと


久々に晴れた午後
陽を浴びてパートナーの車で
一走り

オープントップの爽やかな風に吹かれメニエール症状も
遠のいてゆく。太陽と空気、日曜日の素敵な贈り物。

久々の陽光のもと_f0268294_00582415.jpeg




(車好きなパートナーの愛車です)
S65 AMG

久々の陽光のもと_f0268294_01154543.jpeg


=====>


久々の陽光のもと_f0268294_01170805.jpeg


=====>



久々の陽光のもと_f0268294_01000348.jpeg





久々の陽光のもと_f0268294_01210742.jpeg







久々の陽光のもと_f0268294_01214411.jpeg




ライトがつくとスワロフスキーが美しく光ります。
(私の車にはついていない、、、)
久々の陽光のもと_f0268294_01483837.jpeg




白は私の車、今年になってから車庫でほとんど眠っています。
おおらかにどこへ出かけても良い時が来るのを待っています。
久々の陽光のもと_f0268294_01141043.jpeg


これからもしばらく雨模様だそうな。
いつまで続くのでしょう、、、


⭐︎ 豪雨災害に遭われた方々に心よりお見舞い申し上げます。











# by magnifika-2 | 2020-07-13 01:55 | 日常のあれこれ・Tidbits

お抱えシンガー



梅雨時になると、睡眠が遠のく。庭での活動が減るせいかしら。
それに陽光がない日々が続くせいかメニエール氏さんの再来。

眠れない夜は、短くゆったりしたバイオリン曲を弾いたり、
読書したり、、、それでもまだ眠りの入口に辿りつかない日は
我が家のお抱えシンガーとそのバンドを眺めながら
ジャズを聴く。傍らには飲み物のグラス。

このジャズバンド、ブログ登場は2回目ですが
今日はシンガーにスポットライト。
彼女はサラ・ヴォーン似の我が家のお抱えジャズシンガー。
でも今日の曲は エラ・フィッツジェラルドとサッチモのやさしい音楽。

もう一つのジャズバンドはこちら



お抱えシンガー_f0268294_23183930.jpeg




お抱えシンガー_f0268294_23242835.jpeg


このピアノ弾き、見るだけでハッピーになりませんか?
お抱えシンガー_f0268294_23250128.jpeg

では、おやすみなさい、、、



# by magnifika-2 | 2020-07-07 23:36 | 音楽 Music

人生はひとかごのさくらんぼ Life Is Just A Bowl Of Cherries


人生はひとかごのさくらんぼ Life Is Just A Bowl Of Cherries_f0268294_10133264.jpeg



人生はひとかごのさくらんぼ Life Is Just A Bowl Of Cherries_f0268294_10140774.jpeg

ブロードウェイミュージカル「フォッシー」


舞台「フォッシー」版 歌: Valarie Pettiford




「CAT」はニューヨークのウィンターガーデン劇場で見たが、
その後「CAT」のロングランを追い抜き
記録を破ったのが「フォッシー」
そしてその後「オペラ座の怪人」が大ヒットする。

2001年、絶頂期のブロードウェイキャストの面々の出演で
日本公演があり、私はオーチャードホールで「フォッシー」を観た。

Life Is Just A Bowl Of Cherries が当時の私にリズムと一緒に
深いメッセージを残した。

演者たちがまだ日本公演を残している最中にNYでテロが起きた。
911テロである。団員のほとんどがNY在住者だったので
直ぐ帰国したかったろう、が、彼等は日本の舞台を勤めてから帰国した。


「フォッシー」のCDを聴くと粋な演者たちの姿と当時の状況が
思い出される。この歌とともに。

歌詞内容「人生はひとかごのさくらんぼ、なんということはない。
楽しんでつまみ、味わい、笑って生きればそれでいい。
皆んな短い休暇でこの世に来ているようなものよ」ってなこと。


🍒 桜桃の季節になりましたね。


Life is Just A Bowl of Cherries 歌詞

People are queer, they’re always crowing
Scrambling and rushing about
Why don't they stop someday
Talk to themselves this way?
Why are we here?
Where are we going?
It's time that we found out
We're not here to stay
We're on a short holiday

Life is just a bowl of cherries
Don't make it serious

It's too mysterious
You work, you save, you worry so
But you can't take your dough when you go, go, go

So keep repeating it's the berries
The strongest oak must fall
The sweet things in life, to you were just loaned
How can you lose what you've never owned?

Life is just a bowl of cherries
So live and laugh at it all





# by magnifika-2 | 2020-07-01 10:34 | 音楽 Music

生活が戻ってきました!



生活が戻ってきました!_f0268294_22282455.jpeg




いつまで続くのかと思っていた不自由な日々が緩和され
日常が8割かた巡り始めました。

しばらく、今までの滞りが解消するまでこちらにも頻繁に
参れませんので失礼することも多くなると思います。

お許しください。

良い夏が待っているといいですね。














タグ:
# by magnifika-2 | 2020-06-28 22:31 | 日常のあれこれ・Tidbits

美術・Art 2008〜2011 インデックス (工事中)



# by magnifika-2 | 2020-06-27 00:01 | 美術 Art

インデックス Index

投稿インデックス/My post index

クルーズ/Cruises

日常のあれこれ/Tidbits

庭の贈物/gift from my garden

蝋燭/Candles

my gallery

美術・美術館/Arts & Museums

香水/Perfume & Fragrance

音楽/Music

国内 Domestic Trips & Travels

富士山/Mt. Fuji

# by magnifika-2 | 2020-06-26 20:01 | 投稿一覧・My Posts

メッセージ Message


新型コロナ時代を生きる子供たちへ

1日1日を無事に生きてください。
この不自由を耐えて、心と頭脳を、遠くへ飛ぶバネに
造り上げて行ってください。

みなさんの未来が晴れやかに広がる日を祈りながら待ちます!




メッセージ Message_f0268294_17443052.jpeg




メッセージ Message_f0268294_17451111.jpeg





メッセージ Message_f0268294_17355867.jpeg





メッセージ Message_f0268294_17324440.jpeg





メッセージ Message_f0268294_17380893.jpeg





メッセージ Message_f0268294_17365584.jpeg




メッセージ Message_f0268294_17393311.jpeg


(日本橋高島屋のショウウインドウ ‘20/6/25)






# by magnifika-2 | 2020-06-25 18:03 | 日常のあれこれ・Tidbits

香水 イッセイ・ミヤケ夏の香り



ロードイッセイサマー2008年限定品

イッセイミヤケ夏ヴァージョンはどの年も
日本の梅雨や夏にふさわしい香りを演出する。
この年のアウターパッケージはカスケード。

ゆず、カルダモン、クラリーセージの香る男性用香水
突出しているのは爽やかさ


フレシュの中にもデリケートさを感じさせるファムトワレ。
フレッシュペア、ローズウォーター、ピオニーが爽やかに香る。


香水 イッセイ・ミヤケ夏の香り_f0268294_15211412.jpeg



香水 イッセイ・ミヤケ夏の香り_f0268294_15215433.jpeg



上記のフォトがあまりはっきりしなかったので再度。6/24
香水 イッセイ・ミヤケ夏の香り_f0268294_18191482.jpeg





香水 イッセイ・ミヤケ夏の香り_f0268294_18204531.jpeg








# by magnifika-2 | 2020-06-22 15:51 | 香水 Perfume

6月21日にやってきた夏



向日葵

6月21日にやってきた夏_f0268294_10252417.jpeg




6月21日にやってきた夏_f0268294_10253722.jpeg




6月21日にやってきた夏_f0268294_10255144.jpeg

気持ちまで明るくなります!
ありがとう!







# by magnifika-2 | 2020-06-22 10:28 | 日常のあれこれ・Tidbits

紫陽花 あじさい アジサイ 



いつのまにか20本近くに増えて明るく満開を迎えた紫陽花。
ウキウキと庭にばかり出ている。


紫陽花 あじさい アジサイ _f0268294_18274405.jpeg



紫陽花 あじさい アジサイ _f0268294_18555155.jpeg


紫陽花 あじさい アジサイ _f0268294_18393073.jpeg




紫陽花 あじさい アジサイ _f0268294_18410297.jpeg




紫陽花 あじさい アジサイ _f0268294_18415026.jpeg



家をぐるりと車椅子散歩ができるように設計した庭。
思いがけずCOVID-19による閉塞的生活の間、夕刻になると
速歩で3kmほど植物を見ながらめぐった。

本来は足腰の弱くなったパートナーの亡き父が遊びにきた時
車椅子で庭を楽しめるように意図した遊歩道である。

紫陽花 あじさい アジサイ _f0268294_18352941.jpeg




紫陽花 あじさい アジサイ _f0268294_18345518.jpeg




紫陽花 あじさい アジサイ _f0268294_18364620.jpeg



紫陽花 あじさい アジサイ _f0268294_18572371.jpeg



紫陽花 あじさい アジサイ _f0268294_18541188.jpeg





# by magnifika-2 | 2020-06-20 19:17 | 庭の贈り物・My Garden

香水 ジャン=ポール・ゴルチエ クラシック


見る香水

ジャン=ポール・ゴルチエクラシック

とても蠱惑的なボトルデザイン
この形のボトルがセンセイショナルでゴルチエの香水部門が
成功しているのではないかと言われている。

香りはといえば、一吹きすると、濃いオレンジフラワーの後
濃いラムやバニラムスクの匂いが身にまとわりつく。
お世辞にも日本の風土で使用したいと思わない。

調香師: ジャック キャバリエ



かれこれ10年ほど前、銀座を歩いていて
いつもの香りを購入しに入った店で、
パートナーの目に留まり、気の進まぬまま
購入したのがこの製品。しかし、
今では入手困難な超レアボトルに。
プレミアムまでついてしまった“見る香水”



香水 ジャン=ポール・ゴルチエ クラシック_f0268294_13160924.jpeg




香水 ジャン=ポール・ゴルチエ クラシック_f0268294_13171448.jpeg





香水 ジャン=ポール・ゴルチエ クラシック_f0268294_13152226.jpeg






# by magnifika-2 | 2020-06-19 13:18 | 香水 Perfume

あじさい丼はいかがでしょう?


雨の前に庭を埋め尽くした紫陽花を
思い切りよく剪っててんこ盛りにして飾ってみる。

あじさい丼はいかがでしょう?_f0268294_13544867.jpeg





あじさい丼はいかがでしょう?_f0268294_13561854.jpeg





あじさい丼はいかがでしょう?_f0268294_13574444.jpeg




“テディベアは見た!”
blackfacesheepさんをパロディってみました。
テディベアちゃんたちは正真正銘の黒顔羊さんの相方様製

あじさい丼はいかがでしょう?_f0268294_13593602.jpeg


あじさい丼はいかがでしょう?_f0268294_13585849.jpeg





ファミリーダイニングには白と栄螺の蝋燭を。
蝋燭は中身を味わった後、慰みに手作りしたもの。


あじさい丼はいかがでしょう?_f0268294_14042891.jpeg




あじさい丼はいかがでしょう?_f0268294_14063697.jpeg




あじさい丼はいかがでしょう?_f0268294_14104449.jpeg





# by magnifika-2 | 2020-06-18 14:31 | 庭の贈り物・My Garden

香水 エスカーダ ムーン・スパークル


エスカーダ ムーンスパークル 100ml
2018年限定香水





香水 エスカーダ ムーン・スパークル_f0268294_15503161.jpeg




香水 エスカーダ ムーン・スパークル_f0268294_15492684.jpeg




香水 エスカーダ ムーン・スパークル_f0268294_15495861.jpeg




エスカーダは折々に美しくて購入抗い難い
ボトルと、アウターパッケージのデザインで、
香り好きな人を誘惑する。

限定の製品は、気に入って
アンコール購入したくてもたいてい入手困難。
「リリー・シック」は今でも欲しいもののひとつ。

このパッケージはイラストレーター田辺ヒロシ氏
による


夏のフルーツをミックスしたような爽やかな香り。

     トップノート; スィートストロベリー、ブラックカラント、シトラス
     ミドルノート: スィートピー、ジャスミン、フリージァ
     ラストノート: サンダルウッド





# by magnifika-2 | 2020-06-17 16:34 | 香水 Perfume

紫陽花


紫陽花

庭の紫陽花の場所だけがまるでスポットライトが
当てられてでもいるかのようにあでやかかになりはじめた庭。

きっと梅雨時を照らすようなので「紫花」としたのだろう。



今年一番に最盛期を迎えたあじさい
紫陽花_f0268294_19414883.jpeg



紫陽花_f0268294_20000215.jpeg




紫陽花_f0268294_20004213.jpeg





紫陽花_f0268294_20013374.jpeg





紫陽花_f0268294_20025345.jpeg



夕どきの 足下照らす あじさいの華     真愚爾風花









# by magnifika-2 | 2020-06-16 20:15 | 庭の贈り物・My Garden

夏椿 = 沙羅双樹


夏椿


夏椿 = 沙羅双樹_f0268294_15144043.jpeg








夏椿 = 沙羅双樹_f0268294_15210432.jpeg










夏椿 = 沙羅双樹_f0268294_15161635.jpeg



夏椿 = 沙羅双樹_f0268294_06553542.jpeg

地に落ちて沙羅はいよいよ白き花    山口草堂







# by magnifika-2 | 2020-06-15 15:17 | 庭の贈り物・My Garden

薔薇 オマージュ ア バルバラ Hommage a’ Barbara ‘20


オマージュ・ア・バルバラ 2020年
(栽培を始めて10回目の開花)

今年は自宅にこもり丁寧なケアができたせいか
花数は数え切れず推定数300花。

2日続きの激しい雨で、最盛期の花は雨の重みでたわみ
今にも枝が折れそうなため30本近く剪定。

もうしばらく楽しませてもらおう。


薔薇 オマージュ ア バルバラ Hommage a’ Barbara ‘20_f0268294_16101461.jpeg





薔薇 オマージュ ア バルバラ Hommage a’ Barbara ‘20_f0268294_16111149.jpeg



薔薇 オマージュ ア バルバラ Hommage a’ Barbara ‘20_f0268294_16150611.jpeg






薔薇 オマージュ ア バルバラ Hommage a’ Barbara ‘20_f0268294_16153882.jpeg





薔薇 オマージュ ア バルバラ Hommage a’ Barbara ‘20_f0268294_17364392.jpeg


少し枝のお行儀は悪いけれど、、、
薔薇 オマージュ ア バルバラ Hommage a’ Barbara ‘20_f0268294_17371781.jpeg

オマージュアバルバラの履歴リンク








2013 (家族の入院でno photo)

2012 (クルーズ中でno photo)

2011 (クルーズ中でno photo)




# by magnifika-2 | 2020-06-14 16:20 | 庭の贈り物・My Garden

香水 C.D. ジャドールアブソリュ


2018年11月発売。

翌月、台湾基隆で大々的キャンんペーン中の美女たちに
囲まれて、出会った香り。

濃厚ながら、気品があり、街中で通りすがりに
ふと気になり思わず振り返りたくなるような、
雰囲気のあるパルファム。

               トップノート; コモロ諸島産イランイランエッセンス
               ミドルノート: ダマスクローズエッセンス
               ラストノート: マツリカジャスミン、グラースジャスミン



厳選エッセンスをブレンドしたのは
クリスチャン・ディオールの調香師フランソワ・デゥマシー








香水 C.D. ジャドールアブソリュ_f0268294_14472157.jpeg







香水 C.D. ジャドールアブソリュ_f0268294_14534231.jpeg



ずいぶん高額だと思ったら、携帯用のヴァポリザターが入っていた。
レフィルできるタイプで重宝している。

纏いすぎると重苦しい香りになるので注意。
マスクの隅に極微量塗布すると一日中背を伸ばして暮らせる。
そんな香りです。






# by magnifika-2 | 2020-06-14 09:20 | 香水 Perfume

香水 S. フェラガモ 「インカント ブルーム」


香水 S. フェラガモ 「インカント ブルーム」_f0268294_00132374.jpeg





香水 S. フェラガモ 「インカント ブルーム」_f0268294_00213249.jpeg






マインドが、日に日に楽しい気分を高めるもの探しに向かってしまう。
香りも然り。今回は嗅覚の楽しいもの探し。

魅惑のお守り、「花開く抗い難い魔力」の意の名を冠された
サルバトーレ・フェラガモのパルファム。
調香師はIFF社のビアトリス ピケ。

トップノートはパッションフルーツ、それから
爽快なハニーサックルへ。

石垣島の新空港に直行便が飛び始める直前、
石垣島からの帰途、那覇空港のショップで出会った香り。
これからの季節に合うイメージ。

後から容量の多いものをアンコール購入した。
大小揃ったが、小さいボトルの方がチャーミング。
大小共なんとリボンのサイズが同じ!
そのせいかしら。
   


 








# by magnifika-2 | 2020-06-13 12:01 | 香水 Perfume

うれしい贈り物





うれしい贈り物_f0268294_11532456.jpeg







うれしい贈り物_f0268294_11570191.jpeg








# by magnifika-2 | 2020-06-09 11:58 | 日常のあれこれ・Tidbits

朝の陽を浴びて



庭を眺めていると、
植物たちは日毎咲き、成長し、朽ちて来年に備え、
その営みはめざましい。

朝の光の中で
庭は今日も昨日から変貌している。


朝の陽を浴びて_f0268294_10422271.jpeg



朝の陽を浴びて_f0268294_10462504.jpeg



朝の陽を浴びて_f0268294_10493942.jpeg


朝の陽を浴びて_f0268294_10491238.jpeg

5種あるうちの3種の紫陽花
朝の陽を浴びて_f0268294_10451229.jpeg
朝の陽を浴びて_f0268294_10455730.jpeg
朝の陽を浴びて_f0268294_10445026.jpeg

 

昨日、最初の一輪が開花
今朝は4輪
朝の陽を浴びて_f0268294_10441312.jpeg



もりもりのカシワバアジサイ
朝の陽を浴びて_f0268294_10473642.jpeg


朝の陽を浴びて_f0268294_10482720.jpeg


朝の陽を浴びて_f0268294_10464552.jpeg

先週、植木屋さんが2日間入り
植物たちは、清々しく刈ってもらった。
私の髪はこの先いったいどうなるのだろう、、、
今までしげく通っていた美容院界隈が近ごろの緩和で
混み始めてしまったのだ。
朝の陽を浴びて_f0268294_10500389.jpeg


ウバメガシの垣根
朝の陽を浴びて_f0268294_10504093.jpeg

3メートルほどのサザンカも真四角で
床屋さんから出てきた角刈りのおにいさんのよう
朝の陽を浴びて_f0268294_10502108.jpeg








# by magnifika-2 | 2020-06-08 11:17 | 庭の贈り物・My Garden

シェードの向こう


訪問者

シェードの向こう_f0268294_12002144.jpeg




シェードの向こう_f0268294_12005549.jpeg

静かな日曜日、、、




# by magnifika-2 | 2020-06-07 12:02 | 日常のあれこれ・Tidbits

紫陽花ドライフラワー



そろそろことしの紫陽花便りが多く聞かれる頃、
それなのにまだ昨年の紫陽花を処分できない
いじましい私がいる。
 

結構手間もかかっているのだし、
古い紫陽花もなかなかいいものだ、と
自分で自分にいってきかせている。

さてどうしたものか、、、


紫陽花ドライフラワー_f0268294_01000111.jpeg






紫陽花ドライフラワー_f0268294_01004352.jpeg






紫陽花ドライフラワー_f0268294_01014124.jpeg






紫陽花ドライフラワー_f0268294_01034870.jpeg

カサコソいう優しげな音は生花の紫陽花にはない。
ほんわりと綿菓子のような感触。








# by magnifika-2 | 2020-06-06 01:19 | 庭の贈り物・My Garden

2020年6月初旬の庭の記録



ディズニーランドローズ
2020年6月初旬の庭の記録_f0268294_18112581.jpeg
はじめは色濃いオレンジで開いてきて
ピークになると少しずつピンク色に変化。
ふわりと優しい香り
秋まで楽しめる。




オマージュ・ア・バルバラ

2020年6月初旬の庭の記録_f0268294_11243713.jpeg


2020年6月初旬の庭の記録_f0268294_12125906.jpeg


2020年6月初旬の庭の記録_f0268294_11352134.jpeg







クレマチス
大輪咲
2020年6月初旬の庭の記録_f0268294_11104499.jpeg
2020年6月初旬の庭の記録_f0268294_11113503.jpeg



 「欲張り棚」4番目の利用プラント: 白いクレマチス
2020年6月初旬の庭の記録_f0268294_11134586.jpeg



2020年6月初旬の庭の記録_f0268294_11133056.jpeg


プリンセス・ダイアナと名付けられた可愛いクレマチス
大きさが同じほどの白いクレマチスと合わせて庭の東西に配置
2020年6月初旬の庭の記録_f0268294_11285750.jpeg

鳩はバードバスの常連、本物の鳩です。
2020年6月初旬の庭の記録_f0268294_11095893.jpeg


2020年6月初旬の庭の記録_f0268294_12155329.jpeg


金魚草は冬口まで。

2020年6月初旬の庭の記録_f0268294_11301539.jpeg



2020年6月初旬の庭の記録_f0268294_11305628.jpeg

シロタエギク
2020年6月初旬の庭の記録_f0268294_11313427.jpeg




2020年6月初旬の庭の記録_f0268294_11324174.jpeg



秋には紫の楚々とした花をつける
ヤブラン
2020年6月初旬の庭の記録_f0268294_11374730.jpeg


2020年6月初旬の庭の記録_f0268294_12184896.jpeg



昨年の茄子がまた花を咲かせる
2020年6月初旬の庭の記録_f0268294_11363305.jpeg


葉まで赤い雪の下
2020年6月初旬の庭の記録_f0268294_11355253.jpeg



ゼラニューム・エクスプロージョン
2020年6月初旬の庭の記録_f0268294_11344381.jpeg


本日、間を空かせるため枝剪定
200本余、差枝用に束ねて、知り合いに差し上げる

家に残った1束
2020年6月初旬の庭の記録_f0268294_12144818.jpeg


2020年6月初旬の庭の記録_f0268294_11334712.jpeg

2020年6月初旬の庭の記録_f0268294_11292560.jpeg


2020年6月初旬の庭の記録_f0268294_11320338.jpeg



2020年6月初旬の庭の記録_f0268294_12140466.jpeg

2020年6月初旬の庭の記録_f0268294_12220802.jpeg


2020年6月初旬の庭の記録_f0268294_12225112.jpeg


2020年6月初旬の庭の記録_f0268294_12351025.jpeg



セージ
2020年6月初旬の庭の記録_f0268294_12181861.jpeg


ブルーサルビア
2020年6月初旬の庭の記録_f0268294_12265357.jpeg
2020年6月初旬の庭の記録_f0268294_12335854.jpeg


サツキ
2020年6月初旬の庭の記録_f0268294_12305026.jpeg






# by magnifika-2 | 2020-06-05 12:38 | 庭の贈り物・My Garden