my gallery-2

グランドサークルの旅を振り返る-3 グランドキャニオン国立公園 Reviewing the Grand Circle Trip-3 Grand Canyon National Park

f0268294_21474088.jpg






f0268294_21004550.jpg





f0268294_21011305.jpg







f0268294_21014239.jpg








f0268294_21512347.jpg








f0268294_21020122.jpg








f0268294_21024911.jpg







f0268294_21034890.jpg
グランドキャニオン他の自然遺産では危険とみなされるところもフェンスなど設置せず自然のままになっている。事故はあくまでも自己責任で、役所などに責任を問うことはできない。毎年のように落下死者が出ている。





動植物・The Fauna and Flora of the Area

f0268294_21253026.jpg

f0268294_21261732.jpg

f0268294_21265901.jpg

f0268294_21323813.jpg

f0268294_21295747.jpg

f0268294_21312864.jpg



f0268294_21531978.jpg
絶滅寸前まで追い込まれたカリフォルニアコンドルが保護の甲斐あって時折キャニオンの空に舞う姿が見える。If you are lucky enough, you will see a California Condor flying high over the Canyon.





展望台から From the Inside of the Desert View Watchtower

f0268294_22330801.jpg







f0268294_22263191.jpg
 





グランドキャニオン鉄道 Grand Canyon Railway

f0268294_22180644.jpg
グランドキャニオン鉄道がArizonaのWilliamsの町からエルトヴァ・ホテルのすぐ裏側に乗り入れている。Grand Canyon Railway arrives at the station near behind El Tovar Hotel daily.






エルトバ・ホテル El Tovar Hotel
f0268294_22084755.jpg
昼食はエルトバホテルのダイニングルームで。1905年建築家Charles Whittlesseyによって建てられたこのホテルは歴代アメリカ大統領もよく利用するホテルで、いつも予約がいっぱい。Had lunch at El Tovar Hotel designed and built by Caharles Whittlessey in 1905 that quite a few presidents of the US often visited.




f0268294_22132622.jpg
The Entrance of El Tovar Hotel





f0268294_22154517.jpg
The lounge of El Tovar Hotel





f0268294_22162455.jpg


セドナを発って17号線からフラグスタッフで180号線に入りおよそ200km(2時間ほど)の走行でグランドキャニオンヴィレッジ到着。公園の「サウスリム」と呼ばれる地帯のビューポイントを訪れる。一言で「グランドキャニオン」といってもその広大さは400kmも連綿と続く筆舌に尽くしがたい大峡谷。ただただ圧倒されるばかり。

セドナが標高1300m、途中のフラグスタッフで2100~3000m、「サウスリム」で2250m。ただし20億年前の峡谷の底の地層を流れるコロラド川は標高300m~500m。ちなみにフラグスタッフは水泳の北島康介選手が高地トレーニングをしていた町。

Two hours' drive covered 200 km from Sedona to the South Rim of the Grand Canyon via Flagstaff. The Canyon stretches 450km in the State of Arizona. There are several view points of the canyon in the South Rim.






[PR]
by magnifika-2 | 2015-09-25 22:39 | 海外 Trips & Travels | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。