my gallery-2

掃除道具考 On Cleaning Tools



南部箒

f0268294_23091365.jpeg


f0268294_23105763.jpeg



f0268294_14204531.jpeg



玄関タイル等用

f0268294_23132462.jpeg


f0268294_23152371.jpeg




微細なホコリまで絡め取る
優れものの洋服用

f0268294_18390202.jpeg




いつぞやのお気に入りブログで 美しい「中津川箒」を拝見した。
以来日本の箒を気に留めあれこれ見てきた。そして出会ったのが南部箒。

岩手県の高倉工芸の美しい箒がデパートに1週間ほどブースを設けていた折、一目で惹かれた。

素材はホウキモロコシという植物。その植物が乾燥を経て箒になると先端がもやもやしている。このもやもやが埃をキャッチし絡め取る。絨毯掃除、コーナー掃除が驚くほどうまくいく。

ただ価格は予想外に高額で中には100万円(税抜)のものもある。しかしどの箒も数十年使用可能とのこと。




電気/電子掃除機

サイクロン方式の縦型、横型は何機も使用。いずれも排気風が気になった。お掃除ロボット、、、これは初代より6機使用。(結果絨毯の端をボロボロに食べられてしまい絨毯を何枚も買い換えることに) それにコーナーのお掃除がおろそかに。




ブラインド用
南部箒ではないが重宝しているはけ箒

f0268294_00143728.jpeg





セントラルクリーナー

部屋の目立たぬ床や壁にある差し込み口にホースを接続して使用
f0268294_14161743.jpeg


f0268294_14193707.jpeg


f0268294_00040310.jpeg
セントラルクリーナーは、集塵機が戸外に設置されているため埃の心配は一切ない。戸外の集塵ボックス内に取り付けた集塵袋はおよそ半年間交換不要。
それがためさっぱり度、エアクリーン度、後始末簡単度では他に追随を許さない。
唯一の難点は蛇腹のチューブが6メートルあるので
実際には重くないのに重量感が腕に伝わってくる。

(床下に要設置工事のため、新築や改装などの折に一考の価値あり)





充電式タイプ

充電式ハンディタイプは実に便利。ホイっと取り出してこぼした茶葉を吸引したり階段を掃除したり。でも、、、あっという間に電池切れ、その上、集塵容器のキャパシティが小さく本格的清掃には不向き。




結局一長一短のある道具の「長」の部分をコンビネーションで使用して行くことになるのだろう。

お掃除を委ねて頼っていた人が高齢になり人頼みができなくなったりすると俄然良い掃除道具に心惹かれる。道具はそろってもそれを使ってお掃除をしてくれる人を新たに
探すのは、あまり丈夫でない私には掃除以上に大変なことではある。

これから大掃除をなさる方、日本の伝統的な箒に、意外な使い易さを発見なさるかもしれません。

参考サイト: 南部箒 高倉工芸





by magnifika-2 | 2018-12-03 15:02 | 日常のあれこれ・Tidbits | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

※このブログはコメント承認制を適用しています。ブログの持ち主が承認するまでコメントは表示されません。