人気ブログランキング |

my gallery-2

岩手県 再び浄土ヶ浜 Johdogahama-2

浄土ヶ浜は三陸ジオパークの一部で、4万年前のマグマ活動とその後の海の浸食の経過を見ることができる。いわゆる「柱状節理」と「流紋岩」が作り出した景観で、そのかけらが波に洗われて独特な浜を形成している。

f0268294_21445740.jpeg


f0268294_21331144.jpeg


f0268294_21430244.jpeg

f0268294_21410048.jpeg


f0268294_21462717.jpeg


f0268294_21414839.jpeg


f0268294_21400784.jpeg

浜の石
f0268294_22210087.jpeg

矢印の先の赤い浮きが浄土ヶ浜の大津波の高さ
f0268294_21441052.jpeg



# by magnifika-2 | 2018-05-03 09:09 | 国内 Domestic Trips | Comments(2)

岩手県 浄土ヶ浜 Johdogahama

f0268294_15272077.jpeg



f0268294_15213734.jpeg



f0268294_15264591.jpeg



f0268294_15272077.jpeg



f0268294_15290664.jpeg



f0268294_15310466.jpeg


f0268294_15311886.jpeg



f0268294_15305292.jpeg



f0268294_16071806.jpeg


f0268294_16530516.jpeg


f0268294_15274836.jpeg


貴重なこの時期の牡蠣、5人前は頂きすぎでしょうか、、、(笑)
f0268294_15355594.jpeg

パートナーと予定が一致したので岩手を歩く。震災後初めての東北である。
今更ながら、大震災、大津波の想像を絶するメガサイズに背筋に震えを覚え
言葉を失った。
東北の被災した方々が、どれだけを耐えねばならなかったのか、、、胸が詰まった。

しかしこの日、浄土ヶ浜は折からのお祭りで、美しい振袖を着せてもらい化粧をほどこされた少女たちが野外に組まれた舞台で民謡を高らかに歌っていた。ほっと救いの手がのべられた気がして目の前が霞んでしまった。
浜にあるレストハウスの2階の上方にマークがあって、津波の高さが示されていた。岩壁面にも20メートルほどの高みにやはりマークを見た。

⛴ 約40分の遊覧船あり。岩石の島々の景観とウミネコ、カモメの群れに会えます。





# by magnifika-2 | 2018-05-02 15:55 | 国内 Domestic Trips | Comments(0)

庭に緑が、、、Green Season Now in My Garden

f0268294_22045378.jpeg



f0268294_21455759.jpeg



f0268294_21442213.jpeg



f0268294_21440109.jpeg



f0268294_21541802.jpeg



f0268294_21513776.jpeg



f0268294_21531657.jpeg



f0268294_21571119.jpeg



f0268294_21465539.jpeg



f0268294_21432543.jpeg



f0268294_21444957.jpeg



f0268294_21483280.jpeg



f0268294_21485709.jpeg



f0268294_21561437.jpeg

空気も清涼で、ようやく庭が居間になる季節の到来。終日、外で過ごす。
厳しい冬にはもう来ないのかもしれない、と危ぶんだ美しい季節。
この光も、空気も、蜂の羽音や、鳥たちの水浴の飛沫も、、、
自分の中に取り込んで愛おしもう!






# by magnifika-2 | 2018-04-22 22:30 | 庭の贈り物・My Garden | Comments(2)

今日の国立新美術館 Today’s National Art Center, Tokyo



二つの展覧会へ

「鳥と女」
f0268294_22200156.jpeg



ビュールレ・コレクション
図録から

f0268294_18192068.jpeg





f0268294_22193720.jpeg



f0268294_22185272.jpeg

f0268294_22191460.jpeg




# by magnifika-2 | 2018-04-13 22:25 | 美術 Art | Comments(0)

文旦 Japanese Pomelo



この時期の楽しみがある。
高知出身の友の贈物「文旦」
まず電話がある、「クルーズに出ていないかしらと思って、、、」
それから2、3日すると宅配の文旦が山と届く。
花粉症の鬱陶しさも忘れる芳香と爽やかな味で日々が幸せて満たされる。
毎年繰り返されるのに新鮮な喜び。

高知の文旦は最高です‼︎

f0268294_22073336.jpeg


f0268294_22074896.jpeg




# by magnifika-2 | 2018-04-11 22:09 | 日常のあれこれ・Tidbits | Comments(0)

居座る冬 Winter Still Sitting

気温がまた冬に逆戻りのような一日。
私の家にもまだ冬が居座っています。

4月5日撮影
昨年暮 12月12日撮影)リンク
f0268294_13064492.jpeg

f0268294_13070220.jpeg






2015年暮入手のポインセチア2株
木化しつつあるので次の冬室内管理ができるか気がかり
Two poinsettias bought in December 2015 grew so big.
I wonder if I would be able to take care of them if they turn to trees
Next winter.
f0268294_13180050.jpeg
f0268294_13073632.jpeg





2017年暮 頂物
This one is one of the Christmas presents of 2017, still keeping fine.
f0268294_13184395.jpeg




1月、クルーズ中に元気をなくしていた 胡蝶蘭、それでも新葉が徐々に。ほっ!
Phalaenopsis lost its vital power once while we were out on the New Year
cruise. But now new leaves came out to give me a sigh of relief.

f0268294_13205955.jpeg
f0268294_21150466.jpeg

9月、頂いた時にはこんなに賑やかに咲いていたのに。
f0268294_13454982.jpeg




# by magnifika-2 | 2018-04-09 21:22 | 日常のあれこれ・Tidbits | Comments(0)

福山城 Fukuyama Castle

guntuクルーズへのアクセスには往復とも福山駅乗降。

新幹線福山駅を出ると目の前が福山城。いつも車窓から眺めていたが今回初めて立ち寄ってみる。日本中にコンクリートで復元したお城が多いがこちらもそのひとつ。でも帰りの新幹線まで時間があるので、、、

f0268294_21403735.jpeg



f0268294_21522008.jpeg



f0268294_21473172.jpeg




f0268294_21463153.jpeg



f0268294_21441219.jpeg



f0268294_21433219.jpeg



天守閣からの福山市の眺望
f0268294_21491502.jpeg

この後、駅中のショップで美しい熊野化粧筆をたくさん購入し
「のぞみ」上りの乗客となりました。




# by magnifika-2 | 2018-04-07 22:08 | 国内 Domestic Trips | Comments(0)

思い出になった情景 鞆の浦


旅の写真を眺めていたら、、、
guntuのクルーズからの帰途立ち寄った鞆の浦

f0268294_22104519.jpeg


f0268294_21564460.jpeg

鞆の浦のシンボル1859年建立の燈籠塔
雁木、波止場も当時のまま現存
f0268294_21541607.jpeg


f0268294_21545645.jpeg



鞆町の雰囲気

大通りから一つ入るとこんな風情

f0268294_22365746.jpeg



f0268294_22043239.jpeg

f0268294_22090233.jpeg

f0268294_22060357.jpeg


f0268294_22004490.jpeg


f0268294_22424471.jpeg

やはりお寺様の多い町

f0268294_22403837.jpeg


f0268294_22095283.jpeg


f0268294_22064177.jpeg

f0268294_22070929.jpeg






# by magnifika-2 | 2018-04-05 22:45 | 国内 Domestic Trips | Comments(0)

落花の吹雪 Petal Storm

夢のような桜の日々にも終わりの時が、、、
花びらの吹雪の1日

f0268294_17351503.jpeg


f0268294_16121420.jpeg


f0268294_16043434.jpeg


f0268294_16013024.jpeg


f0268294_16032494.jpeg




# by magnifika-2 | 2018-04-01 16:18 | 庭の贈り物・My Garden | Comments(0)

My Garden, March 2018

f0268294_14241092.jpeg


f0268294_14234036.jpeg

f0268294_21375223.jpeg

f0268294_21365334.jpeg

f0268294_21372512.jpeg


f0268294_21515583.jpeg
f0268294_21513103.jpeg

f0268294_21480610.jpeg

f0268294_21442935.jpeg

f0268294_21450079.jpeg

f0268294_21453315.jpeg

f0268294_21431105.jpeg

f0268294_21490420.jpeg

f0268294_21385860.jpeg

f0268294_12540780.jpeg

f0268294_12555678.jpeg

ハクモクレンはすでに、、、
f0268294_12535299.jpeg


# by magnifika-2 | 2018-03-31 13:00 | 庭の贈り物・My Garden | Comments(0)

日本橋の袂 Near the Hihonbashi Bridge


気温はぐんぐん上がり、人々は上着を腕にして歩き始め、
そのうちシャツの腕をたくし上げ始めた一日。

人々は日比谷ミッドタウンのオープニングの方に足をむけたのか、
それでも日本橋界隈も人々の軽い歩みが花翳を行き交っていた。

春到来の街の一角。

f0268294_20470891.jpeg


f0268294_20475772.jpeg


f0268294_20490877.jpeg



# by magnifika-2 | 2018-03-29 22:38 | 日常のあれこれ・Tidbits | Comments(0)

桜に囲まれて Surrounded with Cherry Blossoms at Home

たった1日の暖かさで、、、ここまで開花するとは、、、
庭の爆発的祭典を楽しむ。

Just one warm day has brought about an explosive bloom
in my garden.

オオシマザクラ
f0268294_23125812.jpeg


ソメイヨシノ
f0268294_23133060.jpeg


ヤマザクラ
f0268294_23135269.jpeg


桜に囲まれて
f0268294_23143470.jpeg


夜は一献かたむけながら、、、🍷
f0268294_23210791.jpeg


f0268294_23191292.jpeg





# by magnifika-2 | 2018-03-27 23:30 | 庭の贈り物・My Garden | Comments(0)

今日のフォトスケッチ Today’s Photo Sketch

f0268294_20425558.jpeg



f0268294_20451874.jpeg


f0268294_20444933.jpeg


f0268294_20434549.jpeg



f0268294_20441077.jpeg





# by magnifika-2 | 2018-03-26 20:48 | 庭の贈り物・My Garden | Comments(0)

私の庭の桜 How’s My Cherry Blossoming

私の庭には3種類の桜がある。オオシマザクラ、ヤマザクラそしてソメイヨシノ。
例年だと上記の順に数日の間隔をおいて開花して行くが、今年はいずれも同じほどの状態で進んでいる。

皆様の花便りでは見事な満開が相次いでいるが、私の庭の満開は一足遅れとなる模様。

3月23日 金曜日
f0268294_22241816.jpeg



f0268294_22261474.jpeg


f0268294_22250950.jpeg


f0268294_22253779.jpeg


今日3月25日 日曜日
ヤマザクラ
f0268294_22320640.jpeg



オオシマザクラ
f0268294_22323042.jpeg





# by magnifika-2 | 2018-03-25 22:39 | 庭の贈り物・My Garden | Comments(0)

小さいけれど美味しい大根 Small but Good!

f0268294_14343074.jpeg

f0268294_14345303.jpeg


お花を付けてしまうといけないので、magガーデンの大根(小根?)を全部収穫。全部と言ってもこれだけ、、、

冬の間大根おろし、煮物、お味噌汁などに重宝。他にも春菊、サンチュ、ルッコラ、赤カブ、白かぶもそこそこに育ち、冬の間の楽しみとなった。野菜価高騰の冬だったようだがあまり実感もなくのほほんと過ごせたのも、小さな菜園の贈り物。

これから甘酢漬けとなる前にカチャリッ!

Before flowers, the radishes of mag’s veg garden have been just harvested.
In Japanese, radish is ‘daikon’, literally ‘big root’. Mine are rather small for
the language. lol

I enjoyed taking one or two each time in need during winter along with
other vegetables of the garden, although Japan experienced a
bitter winter with extraordinarily high vegetable prices from the end of last
year up until a couple of weeks ago. My petit veg garden contributed in that
sense, too.





# by magnifika-2 | 2018-03-25 14:36 | 庭の贈り物・My Garden | Comments(0)

小さくて大きな世界




f0268294_17033113.jpeg



# by magnifika-2 | 2018-03-24 17:04 | 日常のあれこれ・Tidbits | Comments(0)

GUNTU 瀬戸内海クルーズ ’18 春




# by magnifika-2 | 2018-03-21 10:00 | クルーズ&船舶 Cruise&Ships | Comments(0)

瀬戸内海クルーズ-18 尾道水道を通って

船はいよいよ尾道水道に入り帰路につく。
尾道の町を左舷に眺めながら、船はゆっくりと進む。
guchini さんのブログ「じゃけん〜」のシリーズで
詳細に紹介してもらってあったので
船上からも町の様子が手に取るように分かる。

ああ、あれが尾道城、、、千光寺が見えてきた、、、なんとたくさんお寺様がある町かしら。「海からじゃけん、、、どちらがどちらのお寺様か、、、」と言ってみたら尾道出身のクルーがはっと顔を向けて「ご出身は?」



尾道城
f0268294_23104178.jpeg


f0268294_23111825.jpeg


尾道駅前
f0268294_23115795.jpeg




千光寺
f0268294_23143209.jpeg


f0268294_23153613.jpeg

尾道市役所脇を通過の折
こんなふうに手を振ってくれる職員さんたち
f0268294_23162954.jpeg


f0268294_23165682.jpeg


f0268294_23200616.jpeg


f0268294_23204184.jpeg


最後に「尾道大橋」をくぐりguntuの母港「ヴェラ・ヴィスタ」の港へ。
f0268294_23224106.jpeg



f0268294_23232376.jpeg

橋をたくさんくぐり、美食、美酒に酔い、少し体が重めになり、あらゆる日常から解き放たれた航海、、、オールインクルーシブなので煩わしさの一切ないクルーズは意外と少ないのです。上質な木の感触と目に見えない工夫が施されたハード面の船には、TVもアナウンスもステージエンターテインメントもなく、いわゆる旅のお土産ショップもない。しかし全ての質問や要望にはかならず最速のレスポンスがあり、スタッフは「ノー」という言葉を陸においてきているようです。
体全体がのびのびとほどけるようなクルーズがここにありました。

guntuクルーズシリーズはこれでおしまいです
お読みくださり有難うございました!







# by magnifika-2 | 2018-03-21 09:06 | クルーズ&船舶 Cruise&Ships | Comments(4)

瀬戸内海クルーズ-17 大山祇神社の御神木 樹齢2600年の楠

大山祇神社の境内
神門の前に枝を広げる樹齢2600年の楠

f0268294_16225333.jpeg



f0268294_16302590.jpeg



f0268294_22360049.jpeg



f0268294_16214579.jpeg




f0268294_16333068.jpeg



f0268294_16511182.jpeg



f0268294_16513973.jpeg

そのほかにも歴史に名を残す人々のお手植木が多くあり、
無名の木たちもここでなければいずれもスターになれる樹木ばかり。

こんもりとした日本最古の楠原始林木に包まれたこの御社の神さま、
どうぞ世界中の海の安全をお護りくださいませ!





# by magnifika-2 | 2018-03-20 16:52 | クルーズ&船舶 Cruise&Ships | Comments(0)

瀬戸内海クルーズ-16 大山祇神社の御神木 三千年木

大三島祇神社境内
3000年を経た楠
カメラを向けるのも忘れ、しばし立ち尽くしてしまうほどの
大オーラとスピリチュアルパワーに包まれた大樹
f0268294_22314211.jpeg



f0268294_19532925.jpeg



f0268294_19522987.jpeg



f0268294_19542070.jpeg




# by magnifika-2 | 2018-03-20 16:07 | クルーズ&船舶 Cruise&Ships | Comments(0)

瀬戸内海クルーズ-15 大山祇神社 (おおやまづみじんじゃ)



海事に従事する人が守護神として参拝する三大神社の一つがこの大山祇神社。
あとの二社が香川県琴平の金毘羅宮、宮島の厳島神社
思えば三社とも皆瀬戸内海沿いにある。
大山祇神社には伊藤博文公、山本五十六元帥の参拝もあったという。
今でも海上保安庁、自衛隊員の参拝も多いと聞く。

私はクルーズで色々な船にお世話になるので、御本殿で懇ろにお参りをしてきた。

f0268294_19020523.jpeg

f0268294_19004780.jpeg
絵馬庫の絵馬一部
f0268294_19232421.jpeg


総門
f0268294_19121512.jpeg



神門
f0268294_19204027.jpeg

f0268294_19085347.jpeg

本殿
f0268294_19083251.jpeg


北回廊に納められた御神酒や写真
f0268294_19292436.jpeg
神輿庫
f0268294_19101723.jpeg


次投稿は大山祇神社神社の歴史的大木たち



# by magnifika-2 | 2018-03-19 19:43 | クルーズ&船舶 Cruise&Ships | Comments(2)

瀬戸内海クルーズ-14 大三島 大山祇神社へ

この日のguntuの「朝さんぽ」は大三島に上陸して大山祇神社に参拝。
ようやく強風もおさまり静かな海を通船で宮浦港に向く。
大三島は行政区分では愛媛県今治市

宮浦港桟橋に通船で到着
f0268294_16502858.jpeg


早朝でまだ静かな参道を行く
第一鳥居
f0268294_16555635.jpeg

大三島の参拝路の風景
f0268294_17040513.jpeg

交番
f0268294_17031371.jpeg

f0268294_17014209.jpeg

f0268294_17021573.jpeg

f0268294_17044314.jpeg

f0268294_16592931.jpeg
登校する中学生やこの日遠足という小学生に折り目正しい挨拶をもらい
この地に迎え入れられた想いがして近しさが増す。

大山祇神社境内の投稿に続く


# by magnifika-2 | 2018-03-19 17:17 | クルーズ&船舶 Cruise&Ships | Comments(0)

瀬戸内海クルーズ-13 大崎上島 神峰山日没

この日は大三島沖の錨泊。目の前の大崎上島の最高峰神峰山(かんのみねやま)に沈む陽を静かに見送る。

f0268294_21103048.jpeg

f0268294_21105574.jpeg

f0268294_21091244.jpeg



# by magnifika-2 | 2018-03-17 21:11 | クルーズ&船舶 Cruise&Ships | Comments(0)

瀬戸内海クルーズ-12 再び橋 「来島海峡大橋」



来島海峡大橋:
全長 4105m
四国今治と三島間を結ぶ3つの吊り橋からなる。
建設時島々の景観を損なわないよう配慮がなされたという。
いつか良い季節にサイクリストとして渡橋する夢が芽生える。

f0268294_12180246.jpeg

f0268294_12190914.jpeg

f0268294_12184389.jpeg



f0268294_20280870.jpeg


f0268294_20301567.jpeg

f0268294_20340137.jpeg


# by magnifika-2 | 2018-03-17 20:39 | クルーズ&船舶 Cruise&Ships | Comments(0)

瀬戸内海クルーズ-11 多々羅大橋

多々羅大橋:

全長1480m しまなみ海道の一部。
生口島と大三島を結ぶ国内最長の斜張橋の道路橋。
数々の建築の賞を獲っている橋でもある。ル・アーブルとオンフルールを結ぶフランスのノルマンディー橋と同じ建築スタイル。

歩行者、サイクリストは無料で利用できるそうです。その折には是非橋上で「鳴き龍」体験をお勧めします。この型の橋に特徴的な龍の鳴き声に耳を傾けてみてください。

f0268294_19550251.jpeg


f0268294_19592381.jpeg


f0268294_20044557.jpeg


f0268294_19582703.jpeg


f0268294_20095208.jpeg



# by magnifika-2 | 2018-03-14 20:12 | クルーズ&船舶 Cruise&Ships | Comments(0)

瀬戸内海クルーズ-10 guntuの和菓子


guntuのラウンジは船の後方にあって、絨毯敷きの広間に座高の低い椅子とそれに程よい高さのテーブルが配してある。ここからは船の両サイドと後部の海が座っていてもぐるりとながめられる。

そして午後には菓子職人の方が目の前で穏やかな説明とともに作成した和菓子を抹茶とともに頂けるのもこのラウンジに於いてである。

f0268294_22361186.jpeg

船名の由来となった「ガンツウ」蟹の抜き型で、
食するのがためらわれるような可憐なお菓子の完成
f0268294_22235934.jpeg

f0268294_22174694.jpeg

f0268294_22392659.jpeg


f0268294_22251018.jpeg



百合根を使って白梅の季節を。


f0268294_22260616.jpeg

f0268294_22313882.jpeg

f0268294_22293485.jpeg


f0268294_22511731.jpeg


紅色も
f0268294_22232044.jpeg






# by magnifika-2 | 2018-03-13 22:58 | クルーズ&船舶 Cruise&Ships | Comments(0)

瀬戸内海クルーズ-9 島々


クルーズ中初めて知るおもしろい島も少なくない。

音戸の瀬戸を南側から通峡する時、音戸大橋の右手に雪山のように真白な島が見える。無人島「三ツ子島」である。

メキシコから輸入された塩の貯蔵に使用されているそうだ。日本の工業塩の75%を占める量だというからその姿も肯ける。


f0268294_23092699.jpeg


f0268294_23100521.jpeg




「ひょうたん島」も無人島である。むかしのTV番組「ひょっこりひょうたん島」のモデルになった島と聞くと、いきなりその島が光を放ちだす。ここが愛媛と広島の県境。
日本全国にいくつか「我が県の島こそモデル」という主張があるそうだが、私は自分の目で見ることのできたこの島を頭においた想像の世界を楽しもうと思う。
f0268294_16081790.jpeg

f0268294_16100569.jpeg

f0268294_23201389.jpeg


# by magnifika-2 | 2018-03-12 16:14 | クルーズ&船舶 Cruise&Ships | Comments(0)

瀬戸内海クルーズ-8 音戸の瀬戸

楽しみにしていた「音戸の瀬戸」通峡。
音戸の瀬戸のguntuを取材するNHKのヘリコプターもやってきた。強風で飛沫となった潮の中で祭り気分でシャッターを切る。

『「音戸の瀬戸」は、広島県呉市にある本州と倉橋島の間に存在する海峡のことである。 この瀬戸とは海峡を意味する。瀬戸内銀座と称される瀬戸内海有数の航路、平清盛が開削したという伝説、風光明媚な観光地として知られている。』ウィキペディア

f0268294_20082651.jpeg

f0268294_20422482.jpeg

f0268294_20451681.jpeg


f0268294_20490167.jpeg


f0268294_20492498.jpeg

f0268294_20431033.jpeg



f0268294_20504662.jpeg
NHKの取材ヘリコプター
f0268294_20465100.jpeg

f0268294_20472385.jpeg


f0268294_21000948.jpeg


小林支配人もヘリに挨拶
f0268294_20540648.jpeg





# by magnifika-2 | 2018-03-10 05:57 | クルーズ&船舶 Cruise&Ships | Comments(0)

瀬戸内海クルーズ-7 guntu ブリッジ見学

操船が比較的多忙でない時に折があったら、、、とブリッジ見学をお願いしておいたら早速お許しが出て見学させてもらう。

海面すれすれのブリッジに降りると島々が山のようにもりあがり船舶の数も距離感も一層増すような緊迫感がある。外洋船と異なり他船舶が其処彼処に走航している海である。

越智船長、ブリッジ勤務の皆様、昼夜お世話になります!

f0268294_14444701.jpeg

f0268294_14455457.jpeg

f0268294_14484780.jpeg





# by magnifika-2 | 2018-03-09 15:01 | クルーズ&船舶 Cruise&Ships | Comments(0)

瀬戸内海クルーズ-6 宮島沖


ガンツウは前夜宮島沖に着いて一夜を錨泊している。「朝散歩」と称して名所に上陸し、ゆったりした散策時間を設けていて、宮島も「朝散歩」予定が組まれていた。
しかしこの日は空は晴れ渡っているものの異常な強風で上陸中止。クルーズではよくあることなのだが、残念。

けれども海からの宮島は格別で、強風がもたらす光る波の向こうに浮いている。
船上で深い礼をして欲張ったお願いをしたりする。叶ったらお礼参りをする神々がこうしてどんどん増えて行く。全30人ほどの乗客なのでこの時までにはすっかっリお顔なじみ。デッキで楽しい語らいが広がる。


この日の払暁
f0268294_11382354.jpeg
f0268294_11390628.jpeg

f0268294_11414694.jpeg

f0268294_11431310.jpeg


f0268294_11473362.jpeg


f0268294_13043792.jpeg



f0268294_17562317.jpeg



f0268294_11503019.jpeg


f0268294_11542055.jpeg


f0268294_11532479.jpeg



f0268294_13012207.jpeg



f0268294_13095080.jpeg


宮島に関する以前の投稿


# by magnifika-2 | 2018-03-08 13:15 | クルーズ&船舶 Cruise&Ships | Comments(0)